1. TOP
  2. ミナトBLOG

バッテリーが悪いと言われたが。  その他の可能性もあるかもね。

キューブのエンジンが掛からない
お客様からのお電話がありました。

 

 

電話で状況をお聞きすると
セルモーターの始動音が弱く
初爆しないとの事。

 

 

 

たまたまガソリンスタンドでの給油中になったので
店員の方に見てもらったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

何度か始動作業を繰り返す
エンジンが掛かったので

 

 

ミナト自動車まで入庫して頂きました。
s-RIMG1191.jpg

 

 

ニッサン キューブ Z11

 

 

来店されてから詳しく問診をすると

 

今日一日で
スーパーの駐車場で1回。(ロードサービスに来てもらう)

ガソリンスタンドで1回。 (店員に見てもらう。)

 

 

その日だけで2回、症状が出たようですね。
(以前から少し掛かりが悪かったそうです。)

 

 

 

 

 

どちらも何回か、セルを回すと掛かるそうで
回り方も弱く 『バッテリーがダメだ。
言われたそうです。

 

 

 

 

このキューブは半年前に
弊社でバッテリーを交換済み。  (バッテリーにも日時記載しています。)

 

 

 

 

バッテリー初期不良の可能性もありえますので
早速バッテリー&発電状態をチェックしますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1196.jpg

 

 

ーガス社製 バッテリーアナライザー
でのチェックでは問題なし。

 

 

 

 

バッテリー寿命や始動能力テスト
オルタネーターも充電状態も良好ですね。

 

 

 

 

 

この時点でバッテリーが原因ではない気がします・・・。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1174_201312051525126f1.jpg

 

 

 

 

 
セルの回りが弱いのは
セルモーター自体の故障の可能性もあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

弱く回るセルのだけでの
判断は危険ですね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1169_201312051524406d8.jpg

 

 

 

 

配線の不具合の可能性も
考慮に入れながら
サクッとセルモーターを外してみますね。

 

 

 

 

リフトアップが出来れば
比較的簡単に外れますよ。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1168.jpg

 

 

 

 

セルモーターのギアは
通電すると飛び出してから
ギアが回転します。

 

 

 

 

 

外したセルモターは
もうすでに飛び出していますよね。

 

 

 

 

すこ~し解りずらいですね。この画像だけでは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1167.jpg

 

 

 

ギアを指で押してみました。

 

通常はこの押された位置にギアがあり、
通電すると前にスライドして回ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外したセルモーターは
このスライド機構部が壊れて

セルモーター自体を壊してしまい
エンジンが掛からなかったんですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

あとはリビルトセルモーターに
交換して 、テストし完了。

 

 

 

 

 

 

 

GSの店員さんや
ロードサービスの作業員さんは

プロの整備士ではないので
バッテリー不良と判断されたのでしょう。

 

 

ですがちゃんと調べてみると

バッテリーが原因なのか?
セルモーターが不良なのか?

もしかすると配線の劣化不良も判定できます。

 

 

 

 

 

 

自動車整備で一番難しいのは
部品交換作業ではなく、
故障原因を特定する事だと思いますよ。   (診断作業)

 

 

 

 

ですが一番料金に反映されない地味な作業なんですね。

 

 

脱着交換工賃の10万円はザラにありますが
診断料工賃の10万円はなかなか無いですからね~。

 

 

 

 

 

 

2013年12月4日

profvest.com

best horror movies on amazon prime 2017

retract a gate review

このページのトップへ