1. TOP
  2. ミナトBLOG

リフレッシュプラン レガシィ BG9 その3 完結編

前回、前々回ブログの続きです。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-293.html
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-294.html

 

スバル レガシィツーリングワゴン BG9

H10 19万キロ走行。

 

 

 

 

 

冷却ラインの点検ですね。

 

 

ラジエターなどは以前に整備されているようなので
それ以外の部分を見てみます。

 

 

 

 
s-RIMG0649_20131119114727dcb.jpg

 

 

 

 

ヒーターホースが劣化していますね。

 

 

 

 

ホースを指で摘むと
パリパリっとホースから音が聞こえます。

 

 

 

 

ゴムが硬化し割れる時の音で
年式も考慮し交換する事に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0652_2013111911473029b.jpg
s-RIMG0653_2013111911473210f.jpg

 

 

ヒーターホース以外にも
細かいホースを数本交換し
ラジエターリフレッシャー でLLC冷却水交換。

 

 

 

 

 

内部にある古いLLCを回収し
高密度Wフィルターでろ過します。

 

 

 

 

再生ろ過されたLLCを圧送し
内部で循環させるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

同時にパルスエアも送り込み
汚れを浮かせてまた回収。

 

 

 

 

 

エンジンを掛けながら
20分ぐらいの作業時間。

 

 

 

この循環型冷却ライン洗浄システム
ドランアウト式の交換とは全く違う交換方法なんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0669.jpg

 

 

 

 

LLC再生剤を投入し
失われた消泡剤防錆剤を補強します。

 

 

 

 

 
冷却ラインに残された空気
すべて排出するエア抜き作業。
(車種によっては非常に抜けにくいタイプもありますね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0658_201311191213394a9.jpg

 

 

 

 

ラジエターリフレッシャーは
循環式洗浄工程の中にエア作業も
兼ねているので便利です。
青矢印の回収ホースに空気が無くなるまで行いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0671.jpg
s-RIMG0673.jpg

 

 

 

 
エンジン吸気系の洗浄作業
WAKO’S RECS レックス

 

 

 

 

主に吸気バルブ周辺と
燃焼室のカーボン除去が目的です。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-237.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 
溶剤を点滴のようにエンジンに吸わせて
施工するんですよ~。

 

 

 

 
金額も安価なので定期的な施工をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0528_20131119114725dc1.jpg

 

 

燃料フィルターも交換と
ホイールアライメントも調整し
試運転をしてリフレッシュプラン完了ですね。

 

 

 

 

 

 

 
過去の整備記録と
これからの使用状況などを考えながら
整備プランを立ててみました。

 

 

 

 

 
まだまだ乗りたいが走行距離が多い車両。

中古車購入で整備履歴が分からない車両。

 

 
そのような場面でミナト自動車の
リフレッシュプランはオススメですよ~。

 
ご相談はホームページ お問い合わせフォームを
ぜひご利用くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年11月19日

Туринабол

インターネットFAX

рено логан купить

このページのトップへ