1. TOP
  2. ミナトBLOG

リフレッシュプラン    レガシィ BG9   その2 ブレーキ編

前回ブログの続きです。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-293.html

 

 

スバル レガシィツーリングワゴン BG9
H10 19万キロ走行。

 

 

 

 
全輪ブレーキキャリパー   オーバーホールです。

 

 

 

 

 
s-RIMG0417.jpg

 

 

 

点検の結果、オイル漏れは無く
機能的には問題ないのですが

 

19万キロ走行している事と
今後の走行距離も考慮して

 

オーバーホールする事になりました。

 

 

 

 

壊れる前にオーバーホール。
予防整備も必要なんですよね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0416.jpg

 

 

 

 
Frブレーキキャリパーは2ポッドタイプ

比較的作業しやすいキャリパーでしたよ~。

 

 

 

 
s-RIMG0420.jpg

 

 

 

 
ピストン等がていると
抜く時に手間取るのですが
固着も無くて状態も良好。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0422.jpg

 

 

 
新しいインナーキットを組む前に
ダストや錆を落とします。

 

 

 

 
この時に隅々までキレイにしてあげると
組み付け作業で手が汚れなくなるんですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0499.jpg
s-RIMG0502.jpg

 

 

 

 
リア側はシングルの1ポッド。

 

 

 

 
ピストンが汚れているように見えますが
これはグリスが汚れているだけなんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0505_20131116100526197.jpg

 

 

 

 
ピストン表面に固着した硬く汚れたグリスは
コンパウンドで磨き落としますね。

 

 

 

 
ブレーキフルードの管理が悪い
ブーツが破れたまま放置

 

 

 

 

 

 

 
このような状態が続くと
ピストンに付いた錆が腐食し
ピストン表面がガタガタになるんですよ。

 

 

 

 

 
今回は良い状態なので
ピカピカして組み付ければ
引っ掛かりも無くスムーズにスライドしますよね。

 

 

 

 
ピストンのリングシールとブーツ。
スライドピンのブーツ。

 

 

 

 

 

新しいグリスで組み上げれば
ほぼ完了ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0415_201311161004548ff.jpg
s-RIMG0509_20131116100527947.jpg

 

 

 

最後に古い劣化した ブレーキフルードも排出し
新しいフルードでエア抜き作業。

 

 

 
フルードタンク内がキレイになったのが
良くわかりますね。

 

 

 

 

 

 

 
試運転とオイル漏れを確認すれば
完成ですね。

 

 
次回のブログで完結です。

 

 
残りの作業内容を紹介しますね~。

 

 
つづく

 

 

 

 

 

 

 

2013年11月18日

www.profvest.com

www.profvest.com/

www.profvest.com

このページのトップへ