1. TOP
  2. ミナトBLOG

リフレッシュプラン    レガシィ BG9   その1 エンジン吸気系編

好評頂いているリフレッシュプラン

 

 

車検制度や従来型の点検整備にとらわれず
ミナト自動車独自の視点から車両をチェック

 

整備計画と予算に合わせてプランニング
提案型車両整備の事なんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

今回の依頼車両は
レガシィツーリングワゴン  BG9

H10年式 19万キロ走行です。

 

 

 

 

 

 

 

s-RIMG0378_20131115175945a28.jpg

 

 

 

 

新車から15年経過したレガシィですが
まだまだ軽快に走れるようにと
今回リフレッシュプランを依頼されました。

 

 

 

車両全体の点検整備と
時々発生するエンスト探求。
こちらを中心に見ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的な流れはこんな感じ

 

試運転⇒点検⇒プランニング&見積
説明&了承が得れば作業開始となるんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0344.jpg

 

 

 

 

入庫時の問診では
エンスト頻度は1週間の走行で 3度ぐらい
比較的良く発生するそうです。

 

 

 

ですが入庫してから30分X3セット
試運転でも発症しませんでした。

 

 

 

 

 

 
エンストの原因も頭に入れながら
リフレッシュプランを練っていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0345.jpg

 

 

 

エンジン点検の基本
排気ガステストから。

 

 

 

 

 
CO、HCの数値が多いです。  (理想はゼロ。)

 

 

 
これだけでエンジンの燃焼状態が悪いのが分かりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0350.jpg

 

 

 

 
スパークプラグとエアエレメントは問題なし。

 

 

 
では次にスロットルボディ と ISC
の分解清掃していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0354_20131115175754e99.jpg
s-RIMG0356.jpg

 

 

 
スロットルボディ バルブ周辺の
蓄積したカーボンを洗浄剤で除去します。

 

 

 

 
ほんの僅かな蓄積が
空気の流れを 邪魔するんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0365_201311151758144f9.jpg

 

 

 

アイドリング時、または急減速時の
空気流入量を調節するISCバルブ。

 
(アイドル・スピード・コントロール   通称 ISCV )
BG9レガシィは シャッター式 のISCのようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0366.jpg
s-RIMG0367_2013111517581977e.jpg

 

 

 

赤矢印の時はシャッターが開いていますが
方向に軸に回転すれば
青矢印のようにシャターバルブが閉まります。

 

 

 

 

 
このような動きで開閉し
空気の量 を 調整しているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
カーボンの蓄積でシャッターバルブの
軸を回せば軽い引っ掛かりが有りました。

 

 

 

 

スムーズリニアな動きが出来なくなり
アイドル回転は乱れ、時にはエンストする事も。
洗浄剤とメン棒でキレイにしていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0336_201311151849041ef.jpg
s-RIMG0370_20131115175820d32.jpg

 

 
ISC初期の基準値  30%前後ほど。

 

 

 
41,6% から 31%に。

 

 
スロットルボディとISCの清掃で
空気の流れが良くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 
清掃前より10%ほど
ISCデューティ
ECUが少なく自動補正しましたね。

 

 

 
それだけカーボンが蓄積していたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0379_20131115175851031.jpg
s-RIMG0328.jpg
s-RIMG0325.jpg

 

 

 

 

エンジンや車体制御の頭脳 ECU

の記憶されたエラーコードを探します。

 

 

 

 

 

 

 
6つのエラーコードは過去の履歴コード
一度消去して後で再確認しますね。

 

 

 
おそらくエンスト時の一気に入力されたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0369.jpg

 

 

 

点検時にはスキャンツールを接続し
エラーコード以外にデータモニタもチェックします。

 

 

 

 
データモニタとは現在のECUの動きを
ライブで見れる機能。

 

 

 

 

 
パッと見た感じは細かい数値
いっぱい並んでいるだけにも見えますが
実はエラーコードに出てこない不具合を
数値や動きで 見つける事も可能なんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0343_2013111519062360f.jpg

 

 

 

気になった数値はO2センサー動き。 (グラフ表示)
排気温度が上がれば

 
活性化するセンサーなんですが
アイドリング時や冷間時には動きが鈍いのが特徴です。

 

 

 

 

 
(なので通常はヒーターが付いています)
この車両のセンサーは
ヒーター機能とセンサー自体の劣化
動きが鈍く、緩やかな波形になっていますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0382_2013111517585344d.jpg
s-RIMG0381_201311151758523ec.jpg

 

 

念のためにアメリカから直輸入した
GTC社 ST05 
オキシゲンセンサー テスター&シミュレーター
でテストします。

 

 

 

 
『FL ファール』 が出たので、やっぱりOUTですね。

 

 

 

 

 
s-RIMG0515.jpg
s-RIMG0519_201311151759470d1.jpg

 

 

 

 

新品のO2センサーに交換すれば
敏感な動きに変わり

 

この信号をECUが演算して
ISCのバルブを動かしているのですね。

 

 

 

 

 

 

 
入力信号が早く正確に。(O2センサーなど)
出力信号に素早く反応。 (ISCなど)

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0373_201311151758501fb.jpg

 

 

 

 
CO   作業前  0,11%  ⇒ 作業後 0,06%
HC   作業前  123ppm    作業後   
 0ppm

 

 

 

 

不完全燃焼ガス と 未燃焼ガス。

 

 
ともに無くなり完全な燃焼が出来るようになりましたね。

 

 

 

 

 

 
もう少し試運転をすればECUが学習し
もっと安定するでしょうね~。

 

 

 

 
次回ブログは
ブレーキリフレッシュに移りますね。
つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年11月17日

www.baden-medservice.com

profvest.com

www.misterroof.net

このページのトップへ