1. TOP
  2. ミナトBLOG

整備記録が無い車両。 リフレッシュプランで診断中。

兵庫県神戸市からお越し頂きました。

H20年式 スバル ステラ RN1 14万キロ

 

 

 

 

1ヶ月前に弊社でCVTフルードの圧送式交換を実施し
その時カーメンテナンスについてご相談がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

年間走行距離が3万キロを超えるそうで
今までの整備暦や今後の整備予定など

を見直す為に点検整備を依頼されました。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1061_2013102419123512f.jpg

 

 

14万キロ走行しているので
相応の整備はしているはずですが
記録簿等の整備履歴が全く無い状態です。

 

 

 

 

問診と試運転、
法令24ヶ月点検と独自の視点で
チェックしていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

点検診断して整備プランを制作し
御見積をしてオーナー様に提案します。

 

予算や今後の走行距離などを考慮して
了承の上、作業が進められて行くんですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0944.jpg

 

 

試運転をして暖機後、
まずは排気ガステストから。

 

 

 

HCの数値がやや出ていますね。

この年式ならばCO・HC共にゼロが理想ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

HCが出るのは燃料が燃え切れていない証拠。  パワーロスになりますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0945.jpg
s-RIMG0949.jpg

 

 

 

 
装着されていた片極イリジウムプラグ
電極が消耗してエグレていますね。

 

 

 

 

デンソー イリジウムタフ(両極イリジウム)に交換し
エアエレメントも交換します。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1227.jpg
s-RIMG1228.jpg

 

 

 

 
ISCV (アイドルスピードコントロールバルブ)
簡単に言うと、アイドル時の空気量を微調整するバルブです。

 

 

 

 

 

カーボンの蓄積で空気の流れに弊害が出ますので
脱着して清掃してあげますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1274.jpg

 

 

 

 

やや悪かった燃焼状態が
Goodな状態になりました~。

 

 

 

 

 

 

これでダメなら次のステップに進み
もっと深く診断していきます。

 

 

 

 

 
今回はそこまでしなくてもよさそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1055_20131024190956265.jpg
s-RIMG1107.jpg
s-RIMG1140.jpg
s-RIMG1131.jpg
s-RIMG1139.jpg

 

 

 

リアブレーキのライニングシュー交換と
ブレーキフルードの交換です。

 

 

 

 

同時にリアブレーキ調整をバッチシしてあげると
本来の制動力が戻ります。

 

 

逆にしないとフロントパッドが
異様に減るので 危険ですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドブレーキの引きしろが大きい場合は
一度リアブレーキの確認をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1116.jpg

 

 

エンジン冷却水のリザーバータンクが空ッポですね。

 

 

 

漏れているのか?
もともと入れる量が少なかったのか?

テスターで圧をかけて漏れチェック。

 

 

 

 

 

 

 

漏れは無いので
ラジエターリフレッシャー
クーラント洗浄&再生交換。
http://securityfeed.info/blog/blog-entry-166.html

 

 

 

 

 

 

 

 

レベルも合わして様子見ですね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1125_201310241910257d1.jpg
s-RIMG1127.jpg
s-RIMG1128.jpg
s-RIMG1130.jpg

 

 

 

走行時の音が異様に大きいので調べてみると
左前と左後ろのハブベアリングがダメでした。

 

 

 

 

 

 

 

フリーな状態で手で回せば
ゴロゴロ~と鈍い音。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0960.jpg
s-RIMG0962.jpg

 

 

 

 

 

 

ベアリング交換時に
ドライブシャフトのスプライン固着で手こずりました。

 

 

 

 

 

 

冬に凍結防止剤を撒く地域だと
いろんな所が錆びてきますよね。

 

 

 

 

 
s-RIMG0954.jpg
s-RIMG0956.jpg
s-RIMG1215_20131024191057eb1.jpg
s-RIMG1216_20131024191059f94.jpg
s-RIMG1220_201310241911230af.jpg

 

 

 

 

このような機械的な損傷や劣化と
デジタル的なスキャンツールでのW診断

両方からのアプローチで点検整備をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間は掛かるのですが
こういうスタイルでしているので

 

若干お預かりしている期間が長めなります。

そこはもうスイマセン どうぞお許しください。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1276_201310241912368a2.jpg

 

 

提案させて頂いた内容の
全てを実施した訳では無いのですが

オーナー様には未実施分のアドバイスもしましたので
次回の整備に役立つと思います。

 

 

 

 

 

 

 

中古車で整備暦が分からない。
過走行だが、まだまだ乗りたい。

そんな時はぜひミナト自動車にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

予算に合わせたリフレッシュプラン
提案できると思いますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年10月24日

baden-medservice.ru

www.baden-medservice.ru

baden-medservice.ru

このページのトップへ