1. TOP
  2. ミナトBLOG

14万キロのロードスター   予算に合わせたリフレッシュ。

堺市からお問い合わせ頂きました。
H11 NB8C ロードスター

 

 

走行距離は14万キロ。

 

 

 

 

 

s-RIMG0844.jpg

 

 

 

数ヶ月前に中古購入し、まだまだ乗れるよう
トータル的なリフレッシュをご希望されました。
(通常使用で特に気になる点はないそうです。)

 

 

 

 

 

 

『一体どこが悪いのか?』

『過去の整備状況が分からない』

 

 

 

 

このような悩みを解決する為には
ミナト自動車の24ヶ月点検 と 独自の視点から整備プランを提案し、

予算に合わせてオーナー様と相談しながら作業を進める
提案型車両整備   リフレッシュプランがオススメです。

 

 

 

 

 

 

まずは点検作業から車両診断していきますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0840.jpg

 

 

エンジン診断の基本 『排気ガステスト

 

 

テスターで入庫時の
エンジンコンディションをザックリ把握します。

 

 

 

 

 

 

CO    0.43 %
HC    126 ppm

 

車検には合格しますが
けっして良い状態ではない数値ですね。

 

アイドリング時の排気ガスも、かなり臭いです。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0841.jpg

 

 

 

燃料噴射時間も多いような気がしますね。

エアエレメント、スパークプラグは問題なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0855_20131016120631721.jpg
s-RIMG0857_20131016120632138.jpg
s-RIMG0860_20131016120634af8.jpg

 

 

 

スロットルボディとISCVを清掃。

 

 

 

カーボンの蓄積を除去し、空気の流れや調整をスムーズになりますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

※排気ガスの最終的な診断結果はO2センサーのヒーター部不良と判明しましたが
予算を考慮した結果、今回は保留にしました。
※次回車検時にもう一度チェックしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0846.jpg
s-RIMG0863_201310161206388e2.jpg

 

 

 

 

ラジエターの樹脂製アッパータンクが
長年の熱劣化により変色しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると強度が落ちて、
走行中に破裂しオーバーヒートする

可能性がありますので交換します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0865.jpg

 

 

 

 

折角ラジエターを外したので
夏場のエアコンの冷えが良くなるように

ラジエターとコンデンサーの間を
スポンジスペーサーで埋めますね。

 

 

 

 

少しは冷却効率が上がるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0853_20131016120610be2.jpg
s-RIMG0849_20131016120606dc7.jpg
s-RIMG0850_20131016120608ec7.jpg

 

 

 

 

 

 
10万キロ時にタイミングベルトの交換暦が有るのですが、
カム&クランクシールからのオイル漏れがありました。

 

 

 

 

精神衛生上、あまり良くないのでこちらも交換していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0868.jpg
s-RIMG0870.jpg

 

 

 

 

試運転時の走行音がうるさいのは
ハブベアリングの劣化でした。

 

 

 

ハブが回るようフリーにして
手で回せばゴロゴロ~と音がします。
(正常な場合は無音で回ります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔みたいにタイヤを揺すってのガタ点検は
今の大型圧入ハブベアリングでは分かりづらくて大変です。

 

 

試運転でも他の機械ノイズと共振して、
判定に時間が掛かるんですね~。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1033.jpg

 

 

 

 
Fr右ハブベアリングのみがダメなんですが
単体部品供給が無い為、ASSYでの交換です。

すこし割高になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0851.jpg
s-RIMG0861.jpg

 

 

 

低年式車の不具合箇所 ベスト5 に上げられる     (弊社勝手に調べ)

 

ダストブーツ割れ

 

 

 

 

 

 

 

サスペンションのボールジョイント部は
滑らかな動きが要求されるので
グリスを充填しブーツでカバーをしています。

 

 

年数が経つとゴム製のブーツが割れて、
雨水などが混入し錆びてガタが出てきますよ。

 

 

 

 

 

 

酷くなるとジョイント部が抜けて
走行不能になりますので非常に危険です。

見つけ次第、交換しましょう。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1101.jpg

 

 

スキャンツール (G-SCAN)には
旧車にも対応するメーカー別アダプターがあるんですよ~。

 

このように点検診断して
お見積を制作し、提案させて頂いています。

オーナー様と予算や整備プランを
相談しながら決めていくんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミナト自動車の『提案型点検整備』は
現在の使用状況や過去の交換暦。

 

予算や今後の予定などを考慮して
プランニングしていきますのでご安心ください。

 

 

 

 

 

 

 

特に中古車購入など
過去と現在の整備状況が分からない車両には

非常に効果的な事だと思いますよ~。

 

 

 

 

 

 

2013年10月16日

baden-medservice.ru

www.baden-medservice.ru

baden-medservice.ru

このページのトップへ