1. TOP
  2. ミナトBLOG

ACM21 イプサム トルコン太郎 ATF圧送式交換とマグネファイン。

2年ほど前に弊社で
ATF交換をして頂いた ACM21 イプサム

 

 

 

あれから4万キロ走行したので
ATF定期交換の依頼です。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1081.jpg

 

 

前回同様に
アイシン AFWプラス 8L

トルコン太郎の圧送式交換で
入れ替えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0901.jpg
s-RIMG0902.jpg
s-RIMG0905_20131015093934c41.jpg
s-RIMG0906.jpg
s-RIMG0912.jpg
s-RIMG0913.jpg
s-RIMG0916_2013101509395710f.jpg
s-RIMG0918_201310150939582e2.jpg

 
サクッと入れ替わり
キレイな状態なりましたね。

 

 

ATFは消耗部品ですよ!
定期的に交換をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1084.jpg
s-khiytfd.jpg

 

 

今回のもう一つの依頼は
マグネファインの取付

 

 

アメリカ本国でフォード、クライスラーに純正採用されている
マグネット内蔵型高性能フィルターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は国産車のATにはストレーナーは付いていますが
フィルターが付いている車両は少ないですよ~。

 

 

ストレーナー (機器に異物混入を防止するためのもの)(AT破損防止

フィルター  (流体自体を清浄化するためのもの)  (ATF清浄化

 

 

オイルパン内にあるのは、ほとんどストレーナーになると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良く似ていますが
役割は少し違うようですね。
s-RIMG1093.jpg

s-RIMG1088.jpg

 

 

AT内部のストレーナーでは除去出来ない金属粉スラッジ
ガッチリキャッチし逃しませんよ~。

リリーフ機構もあり、詰まる事もありません。  ご安心ください。)

 

 

 

 

 

 

 

私的には国産車のATミッションには
フィルターが純正装着されれば

AT保護には良いと思います。

 

 

 

なのに採用されないのはどうしてでしょう?

必要が無いからでしょうか?

それとも民間市場での(誤取付、異物混入)の危険性を考慮してなのか?

 

 

まあ、いろいろ原因はあるんでしょうね。
s-RIMG1003_20131015094000184.jpg

 

 

 

 

10万キロ以上ATF無交換車両
他社で過走行のために交換拒否の車両

 

そのような車でも弊社独自のATFチェックで
問題なければ交換は可能です。

 

 

 

 

 

ぜひミナト自動車までご相談くださいね~。

 

 

 

 

 

 

2013年10月15日

продвижение сайтов цены

ecostyle.kz

Андрей Курганов Анатольевич донецк

このページのトップへ