1. TOP
  2. ミナトBLOG

レクサス IS-F  ATF完全圧送式交換  NUTEC NC-65

s-RIMG0608.jpg

 

 
名古屋からお越し頂きました。

 

レクサス IS-F USE20
走行距離は12万キロ。

ATF交換の依頼です。

 

 

 

 

 

 

 

今回使用するATFは
NUTEC 最高峰ATF 『NC-65』

 

 
7速以上の多段AT車やDCTなど
極低粘度で極圧性耐久性が高いハイスペック仕様。

サーキット走行もされるので
耐熱性の極めて高いNC-65を選択されました。

 

 

 

 

 

 
無題

 

 

 

 

 

ニューテック NUTECのATFは
エステル系100%化学合成油がベースで出来ています。

 

 

 

中でもNC-65は
ハイパフォーマンスATFの NUTEC ZZ51改より
全ての性能が大幅にボトムアップされているんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

サーキット走行では常時高回転走行。

ATFの油温も純正空冷式ATFクーラー装着でも
130度を超える状況にはぜひオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

IS-Fのオーナー様もATF油温が上がりすぎるので
クーラーの容量アップしたそうですよ。

 

 

そもそも
マークXやクラウンとIS-Fが
同じATFというのもヘンですよね~。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0622_20131010142647b41.jpg

 

 

2UR-GSE V8エンジン 5000cc

ハイパワーエンジンの高トルクを効率良くタイヤに伝達する為に
ATFを交換するのはとても有効だと思います。

 

 

 

 

 

 

故障予防整備にもなりますのでオススメですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0554_20131010142504239.jpg

 

 

 

非常に高価なNC-65を入れる前に
まずはAT内部をプレ洗浄しますね。
(純正ATFの3倍ぐらいの価格です。)

 

 

 

 

 

 

 

交換効率の高い『圧送式交換

高性能ATFチェンジャー『トルコン太郎

それに純正同等油のアイシン AFWプラス 11L

 

 

 

 

だんだん綺麗になっていくのが良く分かると思いますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0559_2013101014250625b.jpg
s-RIMG0560_20131010142507d0f.jpg
s-RIMG0565_20131010142509ef7.jpg
s-RIMG0566.jpg
s-RIMG0568.jpg
s-RIMG0570.jpg
s-RIMG0571_20131010142531584.jpg
s-RIMG0574_201310101425334b4.jpg

 

 

過去にディーラーでの交換暦も有り
一度のプレ洗浄でキレイになりました。

 

 

 

 

 

ATFは劣化しているが、スラッジの蓄積は少なめと
言ったところでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0575.jpg

 

 

今度は本命のNC-65と入れ替えて
再度圧送式交換を行います。

 

 

 

 

 
赤いATFが薄緑のNC-65と入れ替わるので
やや赤いが残るのはご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0579_20131010142602365.jpg
s-RIMG0580_20131010142603995.jpg
s-RIMG0583_2013101014260428d.jpg
s-RIMG0587.jpg
s-RIMG0591_20131010142607987.jpg
s-RIMG0599_20131010142627ea7.jpg
s-RIMG0601_201310101426296ed.jpg

 

この後はアイドリング状態で
温度管理によるATFレベル調整を行います。

 

 

 

手際良く作業をしないと
ATF油温がグングン上昇しますので
慣れが必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0614_20131010142631581.jpg
s-RIMG0616_201310101426462fb.jpg

 

 

基本的にATFは 消耗品 です。

 

 

 

 

10万キロオーバーの車でも
適切な油種で正確な作業スキルがあれば
交換は可能です。

交換しなくても前を向いて走りはしますが
本来の性能は発揮できず、燃費も当然落ちるでしょう。

無交換のままだと
ATの故障リスクも高まりますので
ぜひ交換をオススメしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか無交換で良いとアナウンスされていますが

 

『10万キロ使えるから交換しなくてもいいですよ。』

『10万キロ過ぎて交換すると壊れるので出来ません。』

 

 

 

 

 

 

 

車検証入れにある保証書の
『5年又は10万キロのメーカー特別保証』 などを考えると

結局はユーザー自身の判断で交換を実施するのが
良いと思います。

 

 

 

 

 

気になる方はミナト自動車のホームページ
お問い合わせフォームからご相談くださいね~。

 

 

 

 

 

 

 

2013年10月9日

ua-flowers.com

www.ua-flowers.com

body piercing toronto

このページのトップへ