1. TOP
  2. ミナトBLOG

調色って知ってます?   塗装作業のその前に。

涼しい日が増えてきて
作業がしやすくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも一番助かるのが塗装作業

 

 

 

真夏日の日中はブース内が40度以上になるので
朝夜のみに作業が限定されます。

(塗装空間が高温だと仕上がりが悪くなりますが、
その前に作業者が倒れてしまいますよね~。          俗にいう熱中症です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間の制約は、変なプレッシャーが掛るので
これからは少しやり易くなりますね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0469.jpg

 

 

車両塗装をする前に必要な作業   『 塗料の調色 』

メーカーから 『調色済みの塗料』 を購入するわけではなく
1台ずつ複数色を組み合わせて色を作っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

全ての車両には『カラーナンバー』が有るのですが
同じ車両の同じカラーナンバーでも

 

 

 

生産時期  や  納入塗料メーカー
その後の保管状態で 色自体が変化していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのズレを現車と比較して微調整するのが
塗装の調色作業なんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0213.jpg

 

 

スズキ MRワゴンのカラーナンバー 『ZKT

薄緑水色なパステルカラーですね。

 

 

 

今回この車両の『ZKT』は
標準配合の色見本以外にも3種類のカラーデータがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準サンプル配合は無料配布されますが、
残りのカラーデータは年間契約の有料版

 

 

 

 

 

塗料メーカー側は  有料版も含めて、一番実車と近い奴で合わせてね~。 』 となるので

 

 

結局は手作業での色合わせになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0211.jpg

 

 

上記の画像は4種類のZKTのカラーチップを
斜め左45度から見た様子です。

 

 

 

水色のソリッドカラーに二つのメタリックが入っているので
スカシて見るとキラキラ感が変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真では一番下のカラーチップが、実車に近く見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は反対側から見てみましょうか。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0215.jpg

 

 

 

 

右斜め45度からの画像ですが
一番下のカラーチップはやや白く見え

 

 

 

 

 

 

 

 

斜めの角度を増やし、85度ぐらいで見ると
もっと白く見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0220_2013092915573564f.jpg

 

 

こんな感じで一番近い色を探して
それを参考に調色します。

 

 

 

 

 

 

今回は太陽光に限りなく近い光を出す
高精度調色用ライト『人工太陽灯 プロブライトV
で夜間での調色作業をしているんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

明るさが目的ではなく、正午の太陽と極めて近い光
再現する人工太陽灯 最高峰のライト。

 

 

 

 

 

 

 

普通の作業灯の数十倍の価格で、調色以外では使い道は無いんです。 (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0470.jpg

 

 

 

 

肉眼で見て近そうな
一番下 と 下から2番目 を比較して

選んだのは下から2番目(右側)のカラーデータ
実際に塗料を合わせ、ガンで試し塗き

 

 

 

 

 

 

 

 

両方の調色配合を見れば
微妙に量が違い、

微妙に塗料の種類も違いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この結果が微妙な違う色になるんですよ~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0468.jpg

 

 

採用した調色データを配合通りに入れて
仮塗りしても滅多に ドンピシャOK にはならないので

明度照度色足などを微調整。

 

 

 

 

 

 

 

たとえば
白味が足りないから、白色を足すのは簡単ですが
白味を減らすのは大変です。

 

 

混ぜた色から抜く事は出来ないので
それ以外の色を足して白を減らす。

 

 

 

 

 

 

 

メモ書きの数値増減は、そんな作業の証なのです。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0471_20130929165624480.jpg

 
10g や 0.1g・・・・・  実車に合わせて少しずつの色追加。
何度も仮塗りをし、色が合うまで調色の繰り返し。

 

 

 

 

 

 

一般の方は知らないと思いますが

ドアやボンネット
車種によってはバンパーも
新品のパネル部品は、色が無い状態で納入されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

それらを取り付ける車両に合わせて
調色し、塗装して直していくんですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモ書きした塗料の増減数値は保管しておき、
次の事故入庫の時に使えば
少し時間の短縮になる様にしています。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0472.jpg

 

 

 

 
車両塗装作業は複数作業の集合体で
下地作りから本塗装。

 

 

地味なところでマスキングやバフ磨きなどなど・・・。

 

 

 

 

 

 

今回はあまり見る機会の無い
塗装調色作業の様子を
レポートしてみました~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年9月28日

заказать продвижение сайтов

baden-medservice.com

baden-medservice.com/urologija-v-germanii/

このページのトップへ