1. TOP
  2. ミナトBLOG

2JZのタイミングベルト。     樹脂製部品は割れますよ~。

メール からの整備相談を頂きました。
アリスト  JZS160 

 

 

 

タイミングベルト交換の依頼です。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1339.jpg

 

 

15万キロ走行してあり
2回目のTベルト交換なんですが

 

 

 

ご来店して頂き 現車を確認しますと
ラジエターアッパータンクの熱劣化が酷そうですね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1340_20130911151647f1c.jpg

 

 

古い樹脂製のアッパータンクは
劣化してくると強度を失い

走行中に破裂しますので注意が必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はタイミングベルト一式に加え
ラジエター&ウォーターポンプの水周り関係

オイル漏れがあるカム、クランクシールの交換を提案しました。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1341.jpg
s-RIMG1342.jpg
s-RIMG1348_20130911151733c54.jpg

 

 

 

 

オイル漏れの箇所を確認しながら
外していきますね。

 

 

 

 

 

 

アリストに搭載される2JZエンジン
作業性も良く、部品点数も少ないので難易度は低いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも少し手こずる箇所のVVTiカムプーリー

 

 

取り外し厳禁の5本ボルトは無視をして
真ん中にあるセンター6角ボルトを外しますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1351_20130911151735b20.jpg
インテーク側のヘッドカバーを開けて
シャフトのサービス6角部を利用し固定。
何とかボルトが緩みました。
s-RIMG1349_201309111517347a7.jpg

 

 

 

他社での1回目の交換時には
クランクシールは交換していたようですが
カムシールの方は未交換でしょう。
(クランク側は柔らかく、カム側はカチカチに硬化していました)

 

 

 

 

 

 

 

 

前回交換時にVVTiプーリー脱着が難点なので
見送ったような気がしますね。

 

 

 

 

 

 

 

結果的にはEX側カムシールからの漏れが多めでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1343_2013091115165212b.jpg
s-RIMG1345.jpg

 

 

 

ヘッドカバーガスケットのゴムが劣化
プラグホールまでオイルで浸かっています。

 

 

 

 

出来るだけキレイに洗浄し、ガスケット交換していきますよ。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1352.jpg
s-RIMG1353_20130911151821226.jpg
s-RIMG1356_20130911151823e7d.jpg

 

 

 

新しいラジエターを装着し
ラジエターリフレッシャーで冷却水のラインを洗浄中

 

 

 

パルスエアで汚れを浮かせ
5ミクロン・25ミクロンのダブルフィルターでキャッチ。

 

最後にLLC再生剤を注入し、劣化した添加剤を補強します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低年式の車両整備で気を使うのが
プラスチック部品脱着の割れでしょうか。

 

クリップやカプラーなどが脆く割れやすくなっているので
外す作業が慎重になってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

他の整備士の皆さんはどうなのか分かりませんが
高年式の新しい車両に触るより

 

10年選手の古い車両を直していく作業の方が
私的には楽しいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

2013年9月13日

profvest.com

http://misterroof.net

bodybuilding on steroids

このページのトップへ