1. TOP
  2. ミナトBLOG

ムーブ L175S  エアコン修理で猛暑待ち その一

エアコンの効きが急に悪くなる

ダイハツ ムーブ L175S

 

 

 

 

 

 

 

エアコン修理の依頼です。

 

 

 

 

 

 

 

問診をさせて頂くと
走行して最初のうちは冷たい冷気が出るのですが

ある程度走ると効きがイマイチになるそうです。

 

 

 

 
s-RIMG0838.jpg
s-RIMG0842.jpg

 

 

 

気温38度   内気循環 窓全開

吹き出し口の温度は20℃   (アイドリング時)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン回転数を1800回転まで上げると15℃程度。

 

良く冷えるとは言い難いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0847.jpg
s-RIMG0849.jpg

 

 
高圧側   2.0  Mpa

低圧側   0.35 Mpa

 

 

低高圧とも大幅に高めで
エンジン回転数を上げていくと

2.5Mpaを超えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に考えられる原因は
コンデンサーの冷却不良 or  配管内に水分、エアの混入など。

(両方の可能性もあり。)

 

 

 

 

 

 

 

もちろんACオンでファンは、勢い良く回転しています。
(ムーブのコンデンサー冷却用ファンはラジエターと併用で1個のみ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試しにフロントバンパーのダクトから
を掛けてコンデンサーを冷やしてあげると

低高ガス圧が良好な数値になりました。

 

 

 

 

 

 

 
s-257422_201308261851548dd.jpg

 

 

 

次にスキャンツール(車両診断機)を接続しながら試運転。   (吹き出し口に温度計を差し込みながら)

 

 

 

 

エアコンの効きが悪くなる時のエンジン水温計は102℃

(ディーラーの方に聞いてみると 高いけれどもコレぐらい との事でした。)

 

 

 

 

 

 

ラジエターが高温だと近くにあるコンデンサーにも影響があるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはこれらを冷やすのが先決みたいですね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1001.jpg

 

 

 

 

 

調べてみるとラジエターファンの保証期間延長が出ていますね~。

 

 

 

無償供給でファンを交換し
サーモスタッドも新品交換。

 

 

 

 

 

 

 

ついでにラジエター&コンデンサーも水洗いしましたよ~。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG1000_20130826182407769.jpg
s-RIMG0853_201308261822447f9.jpg

 

 

 

いざテストと思っていたら
台風と秋雨前線の影響で堺市は雨模様

 

 

 

 

 

 

 

外気温は猛暑から大幅に下がり28度。 猛暑日の再現テストが出来ません。

 

(あんなに暑かったのに~)

 

 

 

 

 

そんなわけで次回ブログにつづく・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年8月26日

стероиды купить киев

Тестабол Энантат купить

Метан

このページのトップへ