1. TOP
  2. ミナトBLOG

低粘度エンジンオイルにはNUTEC NC-52Eで。

メーカーからの 整備マニュアル (整備書) の他に
整備解説書 (概要書)というのが有ります。

 

 

 

 

 

 

整備書は一般の方が想像する通り
部品の脱着方法や点検方法

良否判定の為の基準値などが記載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整備解説書とは

 

 

今回からこの車両には

こんな感じの機能や制御方法になってますよ~。 』
今までに無いこんな部品が使われているんですよね~。

 

と新しい技術や機能などが書かれているんです。
(賢い人は考える事は違うね~!と思いながら、最新技術を勉強しているんですよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手の空いた時など 、最新車両の解説書を見ていると
『 フリクションロスの軽減 』 という言葉を見る機会が多いですね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0774.jpg

 

 

 

近年の低燃費競争から
既存のエンジンの改良で、どれぐらい燃費を稼げるか?

 

(新型エンジンの開発は、お金と時間が掛かりますので)

 

 

 

 

 

 

画期的な新技術開発と平行して
フリクションロス(摩擦損失) の軽減が

キーワードのようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-RIMG0765.jpg

 

 

 

ホンダ エリシオン 9万キロ走行

以前にNUTEC ZZ51改でのATF交換をさせて頂きました。

 

今回は NUTEC エンジンオイル交換  の依頼での再来店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー指定は0W-20 低粘度オイルが推奨

 

 

 

 

 

 

 

粘度が低く(柔らかく)なればフリクションロスも減り
燃費向上に役立つのですが

 

逆に低粘度がゆえに、高い品質が要求されるんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0767.jpg
s-RIMG0768.jpg

 

 

 

 

ニューテックオイルは
一般的な鉱物油より1/10小さい分子構造。

 

 

 

 

ベアリング効果 と 放熱などは
エステル系ベースオイルの実力ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0773_20130821184754b57.jpg
s-RIMG0772.jpg

 

 

 

ホンダ社は他社に比べて
高回転で力を発揮するエンジンが多いですね。

 

 

 

 

 

 

高回転、高負荷、高温時でも安定した性能で
エンジン本来の性能を引き出すには、NUTECオイルはオススメですよ~。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0770.jpg
s-RIMG0771.jpg

 

 

 

NUTEC NC-52E エステルレーシング 0W20

 

サーキット走行にも使える商品ですが 、当然一般使用でも問題なく使用できます。

 

 

 

 

 

 

むしろサーキット走行ほどの負荷が掛からない分
高いレベルのオイル性能が劣化せず、長~く持続しますので

交換サイクルは長めでもOKですよ~。

 

 

 

 

NC-50シリーズは
0W2010W50まで対応していますので
ぜひお試しくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年8月20日

lgbt netflix movies

合宿免許 関東

online-kontakte.info

このページのトップへ