1. TOP
  2. ミナトBLOG

レガシィ  エアコン点検。   重量計でハカリましょうね。 

前回ブログの続きです。

 

 

 

 

 

 

レガシィ ステーションワゴン BP5
エアコン点検をしますね。

 

 

 
s-RIMG0707.jpg

 

 

 

 

 

まずは問診から。

 

 

 

 

 

 

停車時や走行中のエアコンの冷え具合は
特に気になる程ではないそうですが

 

8年目、9万キロ走行しているので
一度冷却システムをチェックする事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0709.jpg

 

 

 

日陰  ドアガラス全開  内気循環  COOLマックス

上記の条件でエアコン吹き出し口に
温度計をセット。

 

 

 

 

 

アイドリング時      18℃

E/G 2千回転時     11℃

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと物足りない数値ですが
窓を閉めて走行すれば、もう少しは冷えるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0713_20130812191339b62.jpg
s-RIMG0714_2013081216090094a.jpg

 

 

 

冷媒ガス(フロンガス)を回収機で抜き取りますね。

 

 

 

 

 

 

その時重要なのが、  何グラム回収出来たか?

 

 

 

 

 

回収用ボンベを重量計に載せて、正確に測定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0718.jpg
s-RIMG0716_201308121609027eb.jpg

 

 

 

回収できた冷媒ガスは 330g

 

レガシィの基準充填量は 400g ±30g

 

つまり基準上限より、100グラム少ない状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0719_20130812160908251.jpg

 

 

 

少し長めの 真空引き作業

 

 

 

 

 

 

 

配管内の湿気を除去する為に、真空状態にして蒸発させます。

 

 

 

 

 

(エアコンシステムには、水分は必要の無い不純物。)

(真空状態を維持すると、水は蒸発するそうですよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0721.jpg

 

 

 

 

 

NUTEC ニューテック NC-200 コンプブースト   AC添加剤

 

耐熱、耐久性、油膜保持力 が良好の100%エステル系化学合成油に
特殊添加剤を配合したACコンプレッサー用オイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプレッサー保護に1本注入。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0723.jpg

 

 

 

 

 

 

今度は補充用ボンベを重量計に載せて
400g 充填しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
先ほどのAC添加剤の冷媒ガス(30g)と合わせると
上限の430gになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0724.jpg

 

 

 

 

工場内の日陰  (気温40度)

 

 

 

 

最初と同じ条件で 『 日陰  ドアガラス全開  内気循環  COOLマックス 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温度を測ってみますね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0726.jpg
s-RIMG0728.jpg
s-RIMG0727.jpg

 

 

 

 
アイドリング時 作業前  18℃ >>>  作業後 17℃

 
2000回転時 作業前  11℃ >>>   作業後 9℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0732.jpg
s-RIMG0734.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 
一般的にエアコンを使用する時は
窓を閉めて内気循環にするはずですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

その条件で測定すると

 

 

 

アイドリング時 作業前  18℃ >>>  作業後 17℃ >>>  全閉後 13℃

2000回転時 作業前  11℃ >>>   作業後 9℃ >>>  全閉後  7℃

になりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0730.jpg

 

 

 

各部冷媒ガスの漏れチェック
エアコン点検とリフレッシュは完了。

 

 

 

 

 

エアコン冷却テストは必ず日陰で窓ガラス全開でお願いします。

 

特に窓ガラスを締めた状態では、正確なテストが出来ませんのでご注意を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良く耳にする
冷えが悪いので、エアコンガス 1本入れました
的な作業はダメですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしこのレガシィに安易な1本分(200g)ガスチャージすると
基準充填量を大幅にオーバーする事になりますよね。

 

入れすぎは逆に、冷えが悪くなりますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0703.jpg
s-RIMG0704.jpg
s-RIMG0705.jpg

 

 

 

 

最後にスロットルボディを清掃して完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2回に分けてブログに アップしましたが

 

 

 

 

 

 

これらの作業を40度の気温でするのは少しツライ。
少し猛暑もほどほどにしてもらえませんかね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年8月12日

https://steroid-pharm.com

https://steroid-pharm.com

https://baden-medservice.com

このページのトップへ