1. TOP
  2. ミナトBLOG

ATFにフィルターを。   マグネファインの清浄機能。

s-RIMG0354.jpg

 

 

 

和歌山県からお越し頂きました。

 

 

 

 

 

H18 アルファード ANH10

走行距離は3万キロ走行。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し前に中古車での購入したそうです。

 

 

 

 

 

今回の整備依頼は

マグネファイン
取付  ATF交換です

 

 

 

 

 
khiytfd.jpg

 

 

 

トヨタやニッサンなど
ほとんどの車のATには

 

ATストレーナー は付いていますが

 

ATFフィルター はありません。  (一部の車種を除く)
(オイルパン内に茶コシの様な金属メッシュストレーナーのみが多いですね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると
ストレーナーとフィルターは良く似た言葉ですが

役割が少し違いました。

 

 

 

 

 

 

ストレーナー  機器の保護目的ために機器の手前に設置する。(AT内部の破損を防ぐ為)

 

フィルター    流体そのものを清浄性を高める為を目的とする。(ATFの清浄化の為)

 

 

となっております。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG5754.jpg

 

 

スバル車のATのその辺は優秀で

 

 

オイルパンにストレーナーが一つ

外部にもカートリッジ型フィルターが一つ

(過去に数台、10万キロ走行したレガシィの
オイルパン脱着しましたがキレイな状態でしたよ~。)

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレーナーでミッション機構を守り
フィルターでATFの不純物を除去

スバルATの考え方なのでしょう。   (私もこの方が正しいと思います。  むしろ必要だと。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなぜ他メーカーは最初から付けていないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

想像ですが、ATの理解が無い者が変に触ると壊れるのを警戒してでしょう。

(この辺は ATF無交換論 レベルゲージ廃止 と通ずる所がありますね。)

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0355.jpg

 

 

 

 

アルファードのオーナー様も
フィルターの必要性を感じていたようで

トルコン太郎のATF圧送式交換で
AT内部をキレイにした後

 

 

 

マグネファインを装着する事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは
アイシン AFWプラス 12L

一気に圧送式交換をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6728.jpg
s-RIMG6729.jpg
s-RIMG6730.jpg
s-RIMG6731.jpg
s-RIMG6732.jpg
s-RIMG6738.jpg

 

 

 

走行距離が浅いので
規定量少し多めの12L 1回

ここまでキレイになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0349.jpg

 

 

取付には外部ホースを利用するのですが
イン、アウトの方向性があるのでお間違えなく。

 

 

 

 

 

 

 

イン側から入ったATFはまず磁石で鉄金属微粒子をキャッチし、
そのあと3ミクロンのフィルターでクラッチ粉やアルミ粉等を除去します。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG0359.jpg

 

 

フォード、クライスラー等に純正採用されているマグネファイン。

 

交換サイクルは5万キロ毎でOK。

 

 

 

 

 

もし目詰まりを起こしてもリリーフ弁
内蔵されていますので安心ですね。

 

 

 

 

 

ATF交換と同時に取付がベスト。

 

 

 

 

 

 

 

常時在庫していますので
ぜひご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月26日

http://baden-medservice.com

amazon prime movies list

horror movies on amazon prime

このページのトップへ