1. TOP
  2. ミナトBLOG

デリカ D-5 CVT    NUTEC ZZ51改で圧送式交換。

先月中旬から小破中破の板金塗装が
4連続して入庫中。

 

 

 

 

作業は順調に進むのですが
それに比例して私の肩凝り&腰痛が限界

 

 

 

 

 

 

利き手の右手中心で作業するので
負担が偏るんでしょうね。

 

 

 

いつもお世話になる整体院に、電話予約しなければ体壊しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6680.jpg

 

 

 

デリカ D-5 CV5W   38000km

メールでのお問い合わせから予約して頂きました。

 

 

 

 

CVTフルード交換 (CVTF)
WAKO’S RECS
ヘッドライトクリーニング  の3点を依頼されました。     ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

まずはCVTF圧送式交換からいきますね。

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6611.jpg

 

 

酷使されるCVTFを冷却する大型CVTフルードクーラー

 

 

 

 

 

構造上、汚れが蓄積しやすいので専用液で洗浄しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6618.jpg

 

 

 

 

 

 

数回洗浄を繰り返しキレイになるまで行います。

 

 

 

最後にエアブローで完璧ですね。

 

 

 

 

 
s-RIMG6622.jpg

 

 

 

 

 

NUTEC ZZ51改  100%化学合成油(エステル系)

ハイパフォーマンスCVTフルード (AT、CVT、MTに使用できます。)

 

 

 

 

 

 

 

 
無題

 

 

 

重たいデリカはCVTFに負担が掛かりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

それを大型オイルクーラーで軽減しているのですが
フルード自体の性能を上げてみるのも、さらに効果的ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高負荷、高温、高回転に耐えれるZZ51改 は
CVTフルードにもオススメですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6652.jpg

 

 

 

 

38000kmの走行距離なら
約9Lで圧送式交換でキレイになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6630.jpg
s-RIMG6631.jpg
s-RIMG6635.jpg
s-RIMG6636.jpg
s-RIMG6639.jpg
s-RIMG6644.jpg
s-RIMG6645.jpg
s-RIMG6646.jpg
s-RIMG6649.jpg
s-RIMG6651.jpg

 

 

 

 

 

黒く劣化したCVTFが
段々キレイに変化するのが分かりますね。

(最終画像のビーカーに入っているのが、最初に抜き取ったフルード)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較して頂けると一目瞭然。  これがトルコン太郎の圧送式交換ですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6684.jpg

 

 

 

 

試運転を行った後、最後に診断機を使用して
フルードレベル調整 と 劣化度数の初期化

 

 

 

 

 

AT車よりCVT車の方がフルードの負担が大きいので
ぜひ定期的な交換をオススメします。

 

 

 

 

 

次回ブログでは引き続き
デリカのWAKO’S RECS
ヘッドライトコーティングをアップしますね~。

 

 

 

2013年7月15日

купить семена марихуану киев

масло aral 5w40

motul

このページのトップへ