1. TOP
  2. ミナトBLOG

エンジン回転数制御。  車両診断機を使うことで・・・。

 

UCF31 セルシオ 22万キロ

 

 

 

停車時に足元からの振動があると言うことで
入庫して頂きました。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6358.jpg

 

 

ハンドルの据え切りなど負荷を掛けると
エンジン回転数が落ち込まないように

 

スグにアイドルアップし回転数を制御します。

 

 

 

 

 

 
ですが落ち込んだままでエンジンが振動しているみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6372.jpg
s-RIMG6369.jpg
s-RIMG6404.jpg

 

 

イアグエラーコードも無く
排気ガステストも良好。

 

 

 

スパークプラグ、エアエレメントは
少し前に交換済み

 

 

 

 

 

 

スロットルボディ清掃WAKO’S RECS を施工し
様子を見てもらう事になりました。

(この年式からのトヨタ車は燃費向上の為、Dレンジ停車時の回転数をかなり下げてるようにしています。)

(機関良好で微振動が有るなら、エンジンマウントが劣化しているのでしょうね。)

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6359.jpg

 

 

 

エンジン回転数をスキャンツール(G-SCAN
モニタリングしている時に数値がおかしい部分を発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

セルシオにはV8なので左右バンクに
O2センサーが4つ付いています。

 

 

 

 

それのバンク2 フロント側のO2センサーが壊れているようです。

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6423.jpg

 

 

 

 

G-SCANのデータモニターを
グラフ表示にして見てみると

 

 

 

O2センサー(B2S1)がリーンから動きません。
O2センサーの故障でしょうかね?

 

 

 

 

 

 



s-RIMG6424.jpg
s-RIMG6425.jpg

 

 

 

赤い矢印の時にアクセルを踏み込み

排気温度を上げてみると
動き出しましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6427.jpg
s-RIMG6428.jpg

 

 

 
アクセルオフし排気温度が下がると
黄色矢印のように(B2S1)の動きが止まり

 

 

 

またまたリーンになりました。

 

 

 

 

 

B2なので右バンク?フロント側の
O2センサーヒーター部が壊れていますね。

O2センサーは温度が低いと活性しないので、補助用ヒーターが付いています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝に再度確認すると

両方とも問題なく動いていましたので
時々ヒーター部が故障するのでしょう。

 

 

 

 

 

 

故障する頻度が増えれば恐らく近いうちに
エラーコードが出ると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
s-RIMG6364.jpg

 

 

 

排気ガスの数値も問題なく
年式、走行距離から乗り換える可能性もあるので

O2センサーの交換は保留となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン回転数低下での振動が
今回の依頼内容でした。

 

 

 

スキャンツールを使用しての診断時に
もし他の不具合が発見される事もあります。

 

 

 

 

ミナト自動車が車検整備時にもスキャンツールを使用しているのは
こういうケースを想定しているからなんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月3日

baden-medservice.com/biznes-jemigracija-v-germaniju/

www.baden-medservice.com

https://baden-medservice.com

このページのトップへ