1. TOP
  2. ミナトBLOG

スバル レガシィツーリングワゴン BP5 リフレッシュプラン。  サスペンション系をリフレッシュしました~。

何度か弊社をご利用いただいているお客様からの依頼でした。

 

スバル レガシィ ツーリングワゴン BP5

走行距離13万キロ

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

 

 

 

スバル車のリフレッシュプランを解禁してから、

相談や依頼数が増えてきましたね。

http://securityfeed.info/blog/?p=22901

 

 

sIMG_5048

 

前回入庫時にはエンジン タイミングベルトW/P等や、

ブレーキ関係をリフレッシュ整備をしました。

 

 

そこから数年が過ぎて今回はサスペンション系を中心に

作業依頼をいただきました。

 

 

 

sIMG_5050 sIMG_5051

 

 

まずは試運転をしてからエンジン燃焼状態をチェック。

 

 

CO、HCともにほぼゼロ。

(アイドリング時では良好でしょう。)

 

 

 

事前ホイールアライメントも測定します。

 

 

sIMG_5053 sIMG_5058 sIMG_5059 sIMG_5060

 

数値的には大きな乱れはありませんが、

試運転での乗り心地はあまり良くない印象。

 

距離相応のヘタリは感じられましたね。

 

 

 

sIMG_5065 sIMG_5064 sIMG_5066

 

 

リフトアップしてタイヤを外し、

下回りを点検します。

 

またエンジン類なども点検して、

スキャンツールを接続してライブデータの数値確認。

 

予算に合わせた整備プランを提案させていただきました。

 

 

 

sIMG_5061sIMG_5063

 

 

フロント・ロアアームのリアブッシュはお決まりの破断状態。

 

この状態でいくらホイールアライメントを調整しても、

あまり意味はないですよね。

 

 

それではアームやショックアブソーバー等を分解します。

 

 

sIMG_5069 sIMG_5070

 

 

リア側はマルチリンク式。

 

アームブッシュを打替えし、

ゴムブッシュをリフレッシュします。

 

 

sIMG_5072 sIMG_5073 sIMG_5074

 

 

油圧プレスと治具でアームからブッシュを外して、

新しいブッシュを慎重に圧入しました。

 

 

 

sIMG_5075 sIMG_5077 sIMG_5078 sIMG_5079

 

 

 

他社のようにアームASSYでしか部品が出ないと、

点数が多いと部品価格が非常に掛かるのです。

 

 

スバルはブッシュのみを部品供給してくれるので、

ユーザーにとっては助かりますよね。

 

 

 

 

sIMG_5086 sIMG_5088 sIMG_5089 sIMG_5090

 

フロント側はロアアームのブッシュ2個と

ロアボールジョイントを全交換しました。

 

 

 

 

 

前後のスタビライザー インナーブッシュ交換をして、

エンジンマウント&ATマウントを全交換します。

 

 

sIMG_5091 sIMG_5092 sIMG_5095 sIMG_5096 sIMG_5104

sIMG_5117 sIMG_5118 sIMG_5119

 

 

 

ボクサーエンジンってエンジンマウントを全交換すると、

振動がほぼ無くなりますよね。

 

 

 

sIMG_5080 sIMG_5081 sIMG_5083 sIMG_5084

 

フロント ドライブシャフトのブーツ交換。

 

古い劣化したグリスを取り除いて、

新しいグリスとブーツでリフレッシュしました。

 

 

 

リア ドライブシャフトは走行距離的にまだ大丈夫でしょう。

 

sIMG_5067 sIMG_5068 sIMG_7114

 

今回ショックアブソーバーはカヤバ製でリフレッシュしますね。

 

マウントやダストブーツなども同時に交換しました。

 

 

 

sIMG_7115 sIMG_7118

 

 

リア側も同じくリフレッシュ交換。

再利用はスプリングぐらいですね。

 

 

sIMG_7119 sIMG_7120 sIMG_7122

 

 

ブレーキ/クラッチフルードを交換して、

ギアオイルも交換しました。

 

sIMG_5097 sIMG_5098 sIMG_5099

sIMG_5093

 

 

 

 

カーエアコンリフレッシュαで、

AC冷媒ガスをリフレッシュ。

 

sIMG_5105 sIMG_5106 sIMG_5107 sIMG_5108 sIMG_5109

 

 

結果的には規定充填量より約150gほど、

冷媒ガスが少なかったようですね。

 

NUTEC NC-200コンプブースト同時注入で、

ACコンプレッサーの潤滑性・気密性を強化しました。

 

 

 

sIMG_5120 sIMG_5121

 

昔のレガシィに比べて

BP系のエアフロメーターは安くなりましたね。

 

 

デカい筒状の旧タイプはなかなかのお値段でしたが、

BP系からはデンソー製のこのタイプを採用されました。

 

このタイプから非常に安価になりましたので、

10万キロ以上走行したお車はぜひ交換してください。

 

 

アクセルレスポンス低下や燃費悪化などにも影響し、

エンジン吸気流入量をセンシングしている重要なセンサーです。

 

予防整備にどうぞ!!

 

 

 

sIMG_5110

 

 

アライメントリフトに移動して各アームブッシュを1G締付。

 

 

整備リフトで持ち上げるとサスペンションアームが下がります。

 

ショックが伸びた状態でブッシュを締め付けると、

着地時に無駄なテンションがブッシュに掛かります。

 

 

 

4輪が着地し車重を掛けた状態で、

ブッシュのボルトナットを緩めてもう一度締付け。

1G締付をしないと早期にブッシュが痛みますよ~。

 

 

1G締付後に軽く試運転をして、

ホイールアライメントを調整しますね。

 

sIMG_5111

 

 

 

ホイールアライメント測定直後の状態はこんな感じ。

バラバラな数値になっていますね。

 

 

sIMG_5112 sIMG_5113

 

 

車体下に潜りこみカムボルト等で微調整。

 

またサブフレームを動かしてクレイドル調整し、

SAIや包括角度を整えました。

 

ステアリングもバッチリとセンターに合わせます。

 

sIMG_5115

 

 

長めの試運転をして、

各箇所を再チェックし納車となりました。

 

 

スバル車の場合は同年代なら、

ほぼほぼプラットホームが同じ。

 

スバル車のリフレッシュプランは

これがスタンダードなプランになるでしょうね。

 

 

 

 

これらの作業にATF交換やクラッチO/Hが追加されるか、

ブレーキ系のO/Hやハブベアリングなどの交換が多いでしょう。

 

 

エンジンならタイミングベルトやスパークプラグ等の交換に、

ラジエターなどの冷却系も要注意ですね。

 

 

 

sIMG_5049

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越しいただきありがとうございます。

 

 

 

リフレッシュプランの予約時には、

3つの質問をさせていただいています。

http://securityfeed.info/blog/?p=21674

 

 

 

 

サスペンション整備を依頼される方が多いですが、

その場合はサスペンション部品は事前に取り寄せしています。

(入庫1か月前に前金をいただいて部品発注をします。)

 

 

逆にエンジンやブレーキ系の消耗部品は

あまりメーカー欠品が少ないですね。

(点検後の発注でも間に合いますので。)

 

 

 

リフレッシュプランで一番困るのは、

実は部品待ちの時間なんですよね~。

 

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

 

2019年10月7日

このページのトップへ