1. TOP
  2. ミナトBLOG

スバル レガシィー ランカスター6 リフレッシュプラン。  スバルのリフレッシュプランも解禁しました~。(条件付きで!!)

全国各地から依頼を受けている弊社のリフレッシュプラン。

 

(もしこの愛車が私のクルマなら、

限られた予算でどのように整備をするか?)

 

そんなテーマでお客様の愛車の

リフレッシュ整備を提案しています。

http://securityfeed.info/blog/?cat=12

 

 

 

 

ここ数年のリフレッシュプラン事例を見れば、

すでにお気付きかもしれませんが、

実はあるメーカーの車はリフレッシュプランを

お断りしていました。

 

 

それはスバル(富士重工)の車両。

 

関連画像

 

弊社は小人数での営業しており、

整備リフトや保管スペースも限りがあります。

 

 

毎週決められたスケジュールで続々と入出庫する

リフレッシュプラン依頼車両。

 

決められた作業スケジュール進行で一番困るのが、

部品の欠品や入荷待ち時間などの作業中断。

 

 

 

近年はスバル純正部品の供給体制が他社より悪く、

正直なかなか部品が届きません。(それに休みも多い)

 

 

メーカー在庫アリの追加発注した部品が手元に届くまでに、

タイミングが悪いと5日ほど掛かる時もあります。

 

 

 

トヨタなら翌日もしくは翌々日、スバルなら5日掛かる。

この差は大きく困っていました。(スケジュールが組めない)

 

 

 

それでもスバル車のリフレッシュプラン依頼は増え続け、

何とかならないかなぁ??と思っていました。

(イイ車が多いし、リフレッシュしたいのになぁ~と)

 

 

 

 

 

そこである条件であれば受け入れを解禁してみました。

・整備予算は多めにある。(ガッツリ整備したい人向け)

・サスペンション、ハブ、Dシャフト等は全整備希望する方。

 

サスペンション等の下回り/足回り系の部品は、

部品点数が多いのである程度一式で部品発注します。

 

 

あらかじめ交換する部品をワンセットで事前発注し、

それらを交換している間に追加部品が届く。

 

 

 

部品待ちの無駄な時間を少しでも減らせば、

部品供給の悪いスバル車でも

なんとか対応出来そうだと判断しました。

 

 

 

sIMG_5043 sIMG_5046

 

三重県からお越しいただいた横浜ナンバーの

スバル レガシィー ランカスター6

BHE 6気筒EZ30 走行距離33万キロ

 

 

 

メールからご相談いただいて事情を説明し、

予約入庫していただきました。

 

 

車両の不満点/改善点

・E/Gの振動が大きい

・高速走行でのカーブが不安定。

・ACが効かない事が数回あり。

・ブレーキの効きが甘い。

 

まだまだ長く使用する予定で、

予算を掛けてリフレッシュ整備を希望されました。

 

 

sIMG_4781 sIMG_4783

sIMG_4769 sIMG_4777

 

試運転をして排気ガステスト。

 

エンジン系は既に整備済みが多いので、

燃焼状態は良好でした。

(オイル漏れも無く、点火系・センサー系も交換済み)

 

 

 

そこから事前ホイールアライメントを測定します。

 

 

sIMG_4778 sIMG_4780

 

フロントキャンバーとスラスト角が乱れていますね。

 

 

 

一見そこまで酷い数値ではないですが、

乗り心地はあまり良くないのがファーストインプレッション。

 

 

 

sIMG_4803 sIMG_4804 sIMG_4807 sIMG_4808 sIMG_4809

 

 

リフトアップしてタイヤを外し、

エンジンや冷却ライン、下回り・足回りなどを、

点検していきます。

 

 

 

点検結果から予算に合わせた整備プランの提案。

 

オーナーさんと協議しOKがいただけたので、

順番に作業を紹介しますね。

 

 

 

まずは予定していたサスペンションや下回り系を分解します。

 

sIMG_4817 sIMG_4818 sIMG_4819 sIMG_4820

 

 

 

事前ホイールアライメント測定では、

そこまで酷い数値ではありませんでしたが、

分解してみるとFrロアアームのリアブッシュが

完全に破断していました。

 

 

いくらホイールアライメントを調整しても、

肝心のブッシュが破損していれば無意味ですよね。

 

新品ブッシュに全交換します。

 

sIMG_4824 sIMG_4825 sIMG_4822 sIMG_4821

 

 

ロアアームフロントブッシュは位置決めをして、

油圧プレスで圧入交換。

 

sIMG_4826 sIMG_4827 sIMG_4828

 

 

 

フロントハブナックルもリフレッシュ。

 

ベアリングやボールジョイント&シール等も交換しますね。

 

sIMG_4832 sIMG_4833 sIMG_4834

 

ショックアブソーバーは純正品が高額なので、

少し安価のカヤバ製で対応しました。

 

マウントやベアリング、バンプ等も、

もちろん新品にて交換です。

 

また走行距離も多いのでスプリングも一緒に交換しました。

 

sIMG_4829 sIMG_4830

 

 

エンジンマウントもサブフレームを外して交換します。

 

ATマウントやストッパーロッドも同時交換、

ちなみにATマウントは完全にブッシュが破断していました。

 

これではエンジンなどの振動が吸収出来ないですよね。

 

sIMG_4898 sIMG_4904 sIMG_4905

sIMG_4976 sIMG_4934 sIMG_4935

 

 

 

リアのサスペンションアームブッシュも全交換しますね。

 

ナックル、アーム類、ドライブシャフトなどを、

車体から外していきます。

 

 

sIMG_4917 sIMG_4918 sIMG_4919 sIMG_4920 sIMG_4921

 

リア側はマルチリンク式なので、

ブッシュの数も多いですね。

 

 

幸いスバルはブッシュのみの部品設定が多いので、

個別にブッシュを打替えし全数交換しますね。

 

 

こちらもブッシュの位置決めがあるので、

印を付けてから交換しますよ~。

 

sIMG_4923 sIMG_4925 sIMG_4928 sIMG_4929 sIMG_4931

 

 

 

 

セルフレベリング機能付のリアショックアブソーバーも

カヤバ製でリフレッシュ交換。

 

フロント同様にスプリングやマウントも同時交換しました。

 

IMG_4948

 

前後のドライブシャフトをリフレッシュ。

 

硬化したブーツや劣化したグリスを入れ替えますね。

 

 

sIMG_6744 sIMG_6745 sIMG_6747 sIMG_6748 sIMG_6749 sIMG_6750 sIMG_6751 sIMG_6754 sIMG_6755

 

 

リア側はフロントに比べて劣化度は低いのですが、

年式と走行距離を考慮してリフレッシュを提案しました。

 

 

sIMG_6759 sIMG_6760 sIMG_6761 sIMG_6762

 

スタビライザーのブッシュやリンクロッドも、

新品に交換しました。

 

sIMG_5016 sIMG_4936 sIMG_4949

 

 

リアハブベアリングも圧入交換します。

 

油圧プレスと治具でハブを分解し、

インナーレースをさらに外します。

 

新品ベアリングをプレスで圧入しました。

 

sIMG_4969 sIMG_4971

 

 

ブレーキ関係もリフレッシュ。

 

ディスクローターは研磨機で再生しますね。

 

sIMG_4950 sIMG_4953 sIMG_4957 sIMG_4958 sIMG_4959

 

 

リア側は少し歪みがありましたが、

問題なく再生可能でした。

 

あまりにも歪みが酷い場合は、

再生を諦めて新品に交換しますよ。

 

最後に耐熱塗装でつや消しブラックに化粧直し。

 

 

sIMG_4962 sIMG_4970

 

 

ブレーキキャリパーのオーバーホール。

 

完全洗浄してからシール・ブーツを組み付けますね。

ピストンは磨いて装着しました。

 

sIMG_4893 sIMG_4894 sIMG_4937 sIMG_4938 sIMG_4939

 

 

キャリパーのホルダー側もリフレッシュ。

ブレーキホースも全数交換します。

 

またマスターシリンダもO/Hしました。

 

 

ブレーキパッドは制動力アップと低ダストタイプの、

DIXCEL Mタイプに交換します。

 

sIMG_4942 sIMG_4968 sIMG_4975sIMG_4972

 

 

 

 

前後のデフオイルはガルフ プロガード75W90で交換します。

部分化学合成ギアオイル(LSD対応)

 

sIMG_4981 sIMG_4982 sIMG_4983

 

 

 

エンジンのメンテナンスは良好。

 

今回はアイドリングを安定化するために、

ISCV(ロータリーシャッター式)を分解清掃しました。

 

 

経年劣化でホースもガスケットもカチカチに硬化。

カーボンも大量に詰まっていましたね。

 

 

sIMG_5037 sIMG_5040 sIMG_5041 sIMG_5042

 

 

ATFも完全圧送式で交換しますね。

 

オイルパンを外して洗浄し、磁石の鉄粉を除去。

外部ATFフィルターも交換します。

 

sIMG_4977 sIMG_4978 sIMG_4979 sIMG_4980 sIMG_4984

 

オイルパンを液体ガスケットで装着し、

しばし養生します。

 

ATFを補充して完全暖機。

 

ATFチェンジャーを接続してから、

アイシンAFW+でプレ洗浄しますね。

 

sIMG_4986 sIMG_4989 sIMG_4991 sIMG_4995 sIMG_4997 sIMG_4998 sIMG_4999

 

この時点でやや汚れている程度でしょうか?

 

 

最初に排出した真っ黒のATFに比べると、

かなりキレイになりましたね。

 

 

15分間のアイドリングタイム。

 

もう一度AFW+で全量圧送式交換をします。

 

 

sIMG_5007 sIMG_5009 sIMG_5011 sIMG_5014 sIMG_5015

 

ほぼ完璧に入れ替わりました。

 

アイシンAFW+なら次回交換推奨距離は、

約4万キロとお伝えしています。

 

 

 

sIMG_5031

 

カーエアコンリフレッシュαで、

AC冷媒ガスをリフレッシュ。

 

重量管理で冷媒ガスを回収再生再充填。

 

 

 

NUTEC NC-200も同時注入して、

コンプレッサーの潤滑を強化します。

 

結果的には半分ぐらいしか、

冷媒ガスが無かったようですね。

 

sIMG_5033 sIMG_5034 sIMG_5035 sIMG_5036

 

 

 

アライメントリフトに移動して、

アームブッシュの取り付けボルトナットを1G締付。

 

リアは締付個所が多いので、

結構手間が掛かる作業だと思います。

 

 

でも1G締付をしないと不要なブッシュテンションが掛かり、

折角交換したブッシュが早期に劣化します。

 

 

地味な作業ですが確実に行いましょう。

 

 

黄色いテープは締付未実施の印。

1G締付後には赤ペンでマーキングしています。

 

 

sIMG_5017 sIMG_5018

 

 

そこから軽く試運転をして、

ブッシュやショックを馴染ませますね。

 

 

そしてホイールアライメントを調整します。

 

sIMG_5019 sIMG_5027 sIMG_5028

 

 

ハンター社 ホークアイWA470

最新鋭4カメラ搭載ホイールアライメントテスター

 

 

イヤサカ ビシャモン マルチアライメントリフト。

 

 

測定をしてみるとまだ組付けただけなので、

バラバラな数値が表示されましたね。

 

 

sIMG_5021 sIMG_5022

 

ショックアブソーバーを交換してブッシュを新調しても、

ホイールアライメントを調整をしなければ無意味になります。

 

 

キャンバー・キャスター・トゥはもちろんですが、

クレイドル調整でSAIと包括角度を整えて、

スラスト角とステアリングセンターをバッチリ調整しました。

 

sIMG_5026

 

 

最後に長めの試運転。

 

最終チェックを入念にして、無事納車となりました。

 

sIMG_5047

 

 

このランカスター6の整備歴を確認すると、

エンジン関係は十分過ぎるほど整備をされていました。

 

半面にシャシ系のサスペンションやマウントゴム・ハブなどは、

未整備のままで大きく劣化していたようです。

 

 

エンジン関係は常に日頃から地元で整備し、

10年10万キロを機会にリフレッシュプランで

その他の重整備を弊社では推奨しています。

 

 

 

ちなみに今回の整備で使用した部品代は約40万円。

 

入庫1か月前に前金で30万円をお振込みいただいて、

予定していた部品を事前発注。

点検して御見積後に10万円の部品を追加発注しました。

 

 

スバルの場合は同年式ぐらいなら車種は違えど、

プラットホームはほぼ共通していますので、

ある程度は一式で発注しています。

 

s-IMG_0007

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に、

お越しいただきありがとうございます。

 

 

弊社は少人数で営業している小さな整備工場です。

 

整備を受け入れるメーカー・車種も、

月間入庫台数も制限させていただいています。

 

 

折角メール相談いただいても

(すいません その車種は対応していないのです。)

(申し訳ありませんが他社にてご相談ください。)

とお答えする場合も多々あるのが現状です。

 

 

 

弊社1社で(全てのメーカー車種に対応するのは無理よね)と

基本的には思っているのでこればかりは仕方がないかな~と。

 

 

もしろ出来ないのに(出来ます!!)とアナウンスするのは、

不誠実な気もします。

 

どうぞご理解の程宜しくお願いします。

 

 

 

リフレッシュプランのご依頼ご相談は、

HPお問い合わせフォームからお待ちしています。

 

令和元年9月現在では

かなりの台数のリフレッシュプラン予約を受けているので、

もしかすると受付を一時中断するかもしれません。

 

ATF交換とDSCの年内の予約はまだ大丈夫です。

空きはまだありますよ~。

 

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月16日

このページのトップへ