1. TOP
  2. ミナトBLOG

マツダ アテンザワゴン DSC&ATF交換依頼。 スカイアクティブ2.2Dのオススメ整備メニュー。

広島県からお越しいただいたのは、

マツダ アテンザワゴン GJ2FW

走行距離55000km

 

 

 

(スカイアクティブ2.2Dの定番整備)

・DSC ドライアイスショットカーボンクリーニング

・ATF圧送式交換 for NUTEC

・カーエアコンリフレッシュα

 

 

1泊2日のお預かりで作業をさせていただきました。

 

sIMG_4538

 

 

スカイアクティブ ディーゼルの

吸気系に蓄積する煤除去作業。

 

DSCドライアイスショットカーボンクリーニングは、

バッチリ商標登録も取得していますよ~。

 

 

DSCはオンリーワンの唯一無二。

 

 

sIMG_4541 sIMG_4542 sIMG_4544

 

インテーク系の部品をサクサク分解していきます。

 

 

今回はエンジン側のインテークポートは、

煤の蓄積は少ないですね。

 

 

sIMG_4546 sIMG_4547 sIMG_4548 sIMG_4552 sIMG_4553

 

 

 

インテークマニホールドの入り口にある

吸気シャッターバルブも確認します。

 

 

 

sIMG_4558 sIMG_4559 sIMG_4560 sIMG_4564

 

 

吸気シャッターバルブには、

大量の煤が蓄積していますね。

 

 

 

 

インテークマニホールドの入り口を確認すると・・・。

 

sIMG_4566

 

 

 

半分以上の吸気経路が塞がっており、

EGR出口の四角い穴もほぼ塞がりそう。

(ここまで酷いと原型が分からないですね。)

 

 

 

このままもう少し放置すれば、

恐らく警告灯が点灯するでしょう。

 

タイミング的には良かったと思います。

 

 

sIMG_4567 sIMG_4569

 

 

インテークマニホールドの出口は

そこそこ蓄積していますが、EGR出口があの状態なので

下流側はこの程度の蓄積なのでしょうね。

 

 

sIMG_4573

 

ここで使用するのがドライアイス洗浄機。

 

ドライアイスのペレットを圧縮空気で高速噴射。

 

(昇華爆発力と熱収縮)

ドライアイスの特性を利用して煤を除去しますね。

 

 

s-kkkk sIMG_4574 sIMG_4576

 

 

軽くワンショットでこれぐらいの煤なら吹き飛びます。

 

 

複数のノズルとアダプターを使い分けて、

(エンジンにノーダメージで短時間に完璧に)

DSCのキャッチフレーズ通りにキレイに除去を続けます。

 

 

sIMG_4580 sIMG_4581 sIMG_4582 sIMG_4584 sIMG_4585 sIMG_4586 sIMG_4587

 

 

目視では見えないポート奥や、

インテークバルブ傘部に付着した煤も完全除去。

 

4気筒8ポート全てキレイにしました。

 

 

sIMG_4588 sIMG_4589 sIMG_4591 sIMG_4592 sIMG_4593 sIMG_4595

 

 

インテークマニホールドや吸気シャッターバルブ、

EGRバルブなども除去完了。

 

 

あきらかに吸気の流れが良くなったと思いませんか?

 

 

ディーゼルなんて空気を吸ってナンボのエンジンですから、

あそこまで塞がると本来の性能は発揮出来ないでしょうね。

 

sIMG_4556 sIMG_4557 sIMG_4598

 

DSCオプション整備のインタークーラー洗浄。

 

インタークーラー内に溜まるブローバイオイルを洗い流します。

 

sIMG_4596

 

 

ガスケットは純正新品で交換します。

元の状態に組み立てました。

 

 

 

 

sIMG_4506

 

次はATF圧送式交換。

試運転後にフルードチェックして作業を始めます。

 

 

 

NUTECさんに依頼して作っていただいたスペシャルフルード

(ニューテック NC-RF仮名)でまずはプレ洗浄を行いますね。

http://securityfeed.info/blog/?p=17434

 

 

sIMG_4509 sIMG_4511 sIMG_4513 sIMG_4517 sIMG_4518 sIMG_4519

 

廃油と比べるとかなりキレイになりましたが、

NC-RF新油と比べるともう少しってとこでしょうか。

 

 

15分間のアイドリングタイム。

 

次は本命ATFのNUTEC NC-65で、

もう一度圧送式で交換します。

 

 

 

sIMG_4520

 

 

スカイアクティブ6速ATに対して、

数えきれないほどATF交換をしてきましたが、

(NC-RF)&(NC-65)の組み合わせがBEST of BEST。

 

 

全化学合成(エステル系)のNC-65の

パフォーマンスを最大限発揮させるために

NC-RF仮名が誕生しました。

 

 

 

sIMG_4522 sIMG_4527 sIMG_4529 sIMG_4531 sIMG_4533 sIMG_4537

 

ほぼ完璧に入れ替わりましたね。

 

 

ここまでキレイになれば、

次回交換推奨距離は約6万キロ。

 

スムースかつローフリクション、

ハイパフォーマンスのシフトフィーリングをお楽しみ下さい。

 

 

ATFクーラーを洗浄してから、

規定温度でフルードレベル調整を行いました。

 

sIMG_4606

 

デンゲン社(エコマックスJr)

全自動冷媒回収再生充填装置

 

 

カーエアコンリフレッシュαで、

AC冷媒ガスをリセットします。

 

 

同時にニューテックNC-200をセットして、

コンプレッサーオイルを強化しますね。

 

 

sIMG_4603 sIMG_4604 sIMG_4605 sIMG_4607

 

 

結果的には約110gほど、

冷媒ガスが少なかったようですね。

 

490gの規定量で正確にリチャージ完了です。

 

 

 

sIMG_4601 sIMG_4602

 

全ての作業を終えてエンジンの学習値初期化と、

燃料噴射量の再学習を行います。

 

エンジンの完全暖機後に冷却ラインの内圧テスト。

 

この時にラジエターアッパーホースが柔らかければ、

間違いなくラジエターキャップの気密漏れ。

 

今回の不良のために新品キャップに交換しました。

 

 

 

ここまで作業をすれば、

本来のスカイアクティブに戻るでしょう。

 

ディーラーさんもまだ知らない、

車種に合わせたメンテナンスを提案させていただいています。

 

 

 

 

連日の猛暑に連日のDSC&ATF交換依頼。

流石にこの時期は体力的に厳しいですね。

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月4日

このページのトップへ