1. TOP
  2. ミナトBLOG

スカイアクティブ2.2DにDSCで煤除去作業。 2回目のリピート依頼ありがとうございます~。

先週も遠方からたくさんの整備作業依頼を

いただきました。

 

誠にありがとうございます。

 

 

sIMG_2982sIMG_2979 sIMG_2983

 

 

その週のとある1日の入庫状態です。

 

レクサス GS450h GWL10

日帰り作業でのCVTF完全交換。

 

トヨタ ヴェルファイア ANH20

2週間お預かり中のリフレッシュプラン。

 

 

 

 

 

そして名古屋市からはマツダ CX-5

KE2FW 走行距離12万キロ

 

DSC(ドライアイスショットカーボンクリーニング)

のご依頼です。

 

sIMG_2988

 

このCX-5は今回で2回目のリピートDSC作業。

(その他の作業を含めると3回目の入庫)

http://securityfeed.info/blog/?p=11014

 

 

 

前回DSCから3年が経過し走行距離も12万キロになり、

もう一度インテーク系に蓄積する煤除去作業を

実施する事になりました。

 

 

 

sIMG_3053 sIMG_3054

 

インテーク系の部品を分解して、

インテークマニホールドを外します。

 

 

sIMG_3056

 

 

 

まずはインテークマニホールドからチェックしますね。

 

sIMG_3057 sIMG_3058

 

吸気シャッターバルブをパカッと外して、

確認します。

 

sIMG_3059 sIMG_3061

 

 

インテークマニホールドの入り口と、

出口もチェックしましょうか・・・。

 

sIMG_3062

sIMG_3064 sIMG_3065 sIMG_3067

 

 

前回同様に蓄積していますね。

 

 

エンジンのインテークポート側も見てみますね。

 

sIMG_3071 sIMG_3076 sIMG_3077 sIMG_3078 sIMG_3079 sIMG_3080 sIMG_3081

 

 

ポート奥に見えるのがインテークバルブのシャフト部。

 

煤がシャフトに蓄積し、

倍ほど太くなっていますね。

 

 

その奥にあるバルブ傘部は目視できませんが、

ピックで触れるとカチカチの煤がコビリついています。

 

 

sIMG_3082 sIMG_3083

 

 

(マツダ SKY-DにはDSCで煤除去作業)

ネットではSKY-Dユーザーに広く拡散されているので、

ご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

唯一無二のDSCはミナト自動車のオリジナル整備です。

 

(DSCドライアイスショットカーボンクリーニング)は

すでに商標登録済み。

 

 

 

 

作業の詳細はブログでは非公開にしており、

やり方を間違えるとエンジンを壊す可能性があります。

(ブログ内での画像や説明はお見せ出来る範囲まで。)

(非公開部分が多くて申し訳ないです。)

 

 

 

 

 

 

 

DSCはガソリン・ディーゼル問わず数百台の作業実績があり、

お客様にはご好評をいただいています。

 

 

 

s-kkkk

sIMG_3084sIMG_3070

 

 

マスキングをしてDSCを始めますね~。

 

 

圧縮空気でドライアイスペレットを高速噴射。

 

(昇華爆発力)(熱収縮)

強固に固着した煤塊を素地から剥離させます。

 

sIMG_3085 sIMG_3087 sIMG_3088 sIMG_3089

 

 

 

圧縮上死点にセットして軽くワンショット。

(チラッとシャフト部が見ましたね。)

 

 

 

 

ポート内が全てキレイになるように、

数種類ある専用ノズルとアダプターで完全除去しますね。

 

sIMG_3097 sIMG_3098 sIMG_3099 sIMG_3100 sIMG_3101 sIMG_3102

 

 

 

4気筒8ポートを全て除去完了しました。

 

sIMG_3095 sIMG_3096

 

 

・インテークマニホールド

・吸気シャッターバルブ

・EGRバルブ&パイプ

 

こちらの完全除去でキレイになりましたね。

sIMG_3109 sIMG_3110 sIMG_3111 sIMG_3112 sIMG_3113

 

 

 

蓄積が酷かったインテークマニホールドの入り口も、

スッキリサッパリしましたね。

 

あきらかに吸気の抵抗が無くなったのが分かりやすい。

 

sIMG_3114

 

 

ガスケット類は新品に交換して、

元の状態に組み立てますね。

 

sIMG_3115 sIMG_3116

 

 

 

オプション整備のインタークーラー洗浄。

 

サラサラの煤にブローバイオイルが混ざり、

エンジンからの熱で固着していきます。

 

 

インタークーラーを外してDSC作業中は立てておきます。

(自重でブローバイオイルが出てきました。)

 

 

最後に洗浄剤でキレイに洗い流して、

もう一度組み立てます。

 

sIMG_3055 sIMG_3118 sIMG_3119

 

 

LLCを再注入して完全暖機をして、

冷却ラインの機密テスト。

sIMG_3284

お決まりのラジエターキャップの不良で、

純正新品に交換しました。

(その後ライン内の内圧が確保されました。)

 

 

 

 

sIMG_3151

 

おそらく誰かが作業した時に、

EGRバルブのカプラー爪を割ったのでしょう。

(入庫時には割れた状態で装着されていました。)

 

 

 

このようなトラブルにも即対応できるように、

トヨタ・レクサスのGR系エンジンや

マツダSKY-D系の主要カプラーは常時在庫してバックアップ。

 

 

イイ仕事を行う為に、

いかに準備を入念にするのは

どこの業種でも同じだと思っています。

 

sIMG_3152

 

 

学習値を初期化して燃料噴射量を再学習を実行。

 

LLCのエア抜き作業やレベル調整等も実施して、

試運転をして納車となります。

 

 

作業時間は1泊2日が基本ですが、

お急ぎの方には緊急日帰り作業も対応可能です。

 

 

吸気経路をキレイにして理想的な燃焼をキープ。

 

正しいメンテナンスをすれば走行距離20万キロも余裕なので、

定期的なDSCをお勧めしています。

 

 

 

s-スワール

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越しいただきありがとうございます。

 

 

少人数で営業しています弊社は、

全ての作業依頼は完全予約制となっております。

 

 

お手数だと思いますがHP(お問い合わせフォーム)から

必要事項を記入していただけると助かります。

 

 

通常は当日に遅くても3日以内には返信をしていますので、

もし弊社からの返信がない場合は

どこかでエラーになっている可能性があります。

 

 

メーラーの迷惑フォルダーを確認後に、

お連絡をいただくようお願い申し上げます。

 

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

2019年6月10日

kamagra 100mg oral jelly sildenafil

dapoxetine prix

what is turinabol

このページのトップへ