1. TOP
  2. ミナトBLOG

アベンシス ZRT272 CVTF完全圧送式交換 for ニューテック。   予防整備と過剰整備は紙一重。

s-IMG_0983

 

滋賀県からお越しいただいたのは

トヨタ アベンシスワゴン ZRT272

H27年式 走行距離23800km

 

 

 

CVTF交換のご依頼です。

 

 

まだ23000kmしか走行していないので、

CVTFの劣化による交換依頼ではありません。

 

 

ハイパフォーマンスCVTFのNUTEC ニューテック(NC-65)

への完全圧送式交換を希望され予約入庫しました。

 

 

s-IMG_0964 s-IMG_0965 s-IMG_0966

 

問診をして試運転を実施し、

フルードチェックをして作業を始めます。

 

 

なるべく効率良くフルードを入れ替える為に、

まずはオイルパンを外してCVT内部のフルードを排出します。

 

さらにストレーナーも外して、

バルブボディ内部の残留フルードも排出させました。

 

 

 

s-IMG_0972

 

 

トヨタCVTには基本的にCVTFストレーナーの

メーカー部品供給はありません。

 

 

 

部品の供給設定がそもそも無いので、

ストレーナーを交換したくても、

正規ルートでは部品が手に入らないのです。

 

(ATやHV用CVTの場合はメーカー部品供給はあります。)

 

 

 

s-IMG_0968

 

そこで海外某ルートを通じて秘密裏に入手しました。

 

もちろんトヨタ/レクサスの純正品(平行)ですよ~。

 

 

s-IMG_0973

 

 

外したオイルパンを洗浄して、

磁石の鉄粉を除去します。

 

ガスケットは部品供給がありますので、

こちらは正規純正品で交換しました。

 

s-IMG_0974 s-IMG_0976 s-IMG_0975

 

 

 

組み付け後に排出された分のCVTFフルードを補充。

 

使用するCVTFはNUTEC NC-RF リンシングフルード。

 

 

s-IMG_0916 s-IMG_1024

 

 

ほぼ無色に近いニューテック謹製プレ洗浄専用の

スペシャルリンシングフルードです。

 

 

高品質なベースオイルを使用しているので

CVT、AT、DCTにも対応しています。

(ただし高負荷走行は出来ないのでプレ洗浄時のみ)

 

 

 

 

1年半ほど前に弊社がニューテックさんに企画を提案して、

特別に製造していただきました。

 http://securityfeed.info/blog/?p=17434

 

s-IMG_0984

 

CVTFチェンジャーに接続して、

まずはNC-RFでプレ洗浄しますね。

 

 

交換効率の高い圧送式でイッキに全量交換します。

 

s-IMG_0989 s-IMG_0990 s-IMG_0992 s-IMG_0994 s-IMG_0995 s-IMG_0997

 

走行距離が23000kmなので、

この時点で結構きれいになりました。

 

 

 

このまま15分間ほどアイドリング状態にして、

リンシングタイムとしています。

 

 

 

s-IMG_0999

 

 

今回使用する本命CVTFはNUTEC 『NC-65』

100%化学合成フルード (エステル系)

 

 

極薄で強靭な油膜性能は市販フルードでは最強でしょう。

 

s-IMG_1000

 

ローフリクション・ハイパフォーマンスを

高い次元で実現する。

 

 

 

万人にオススメする商品ではなく、

愛車の出来るだけ良い状態で使用したい人向けの

マニアックな商品だと思いますよ~。

 

 

 

想像以上に高額なフルードですが、

弊社でのフルード指名率はダントツで、

数年後にリピート再交換される方が非常に多いです。

 

 

みんカラなどのSNSでも評判は上々ですよね。

 

 

 

年間何百リットルのNC-65を使用しているので、

そろそろNC-65を200Lドラム売りにして欲しいなと。

 

 

s-IMG_1001

 

 

 

NC-RFからNC-65にペール缶ごと入れ替えて、

もう一度圧送式で全量交換しますね。

 

 

 

s-IMG_1003 s-IMG_1006 s-IMG_1007 s-IMG_1009 s-IMG_1011 s-IMG_1013 s-IMG_1015

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

この後に調整用にもう少しNC-65を注入してから、

油温を冷やしてからレベル調整を行います。

 

 

油温検出モードに入れて確実のフルード量を調整しました。

次回交換推奨距離は約6万キロとお伝えしています。

 

s-IMG_0978

 

CVTF交換のオプション整備

・電子制御スロットルボディ 清掃初期化

・カーエアコンリフレッシュα for NUTEC NC-200

 

 

 

 

s-IMG_0980 s-IMG_0981 s-IMG_0982

 

スロットルに少しずつ蓄積するカーボンを除去して、

再学習を行いアイドリングの安定化。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_1019 s-IMG_1020 s-IMG_1021 s-IMG_1022

 

年々減少するAC冷媒ガスをリセット&リチャージ。

多くても少なくてもACの効率が落ちますので、

数年に1回は冷媒ガスを点検しましょう。

 

 

 

s-IMG_1024

 

まだ5年目の車両なのでそこまで冷媒ガスが減少していませんが、

NC-200のコンプレッサーオイル同時注入で、

さらに効率よくエアコンを使用し機械負荷も下がるでしょう。

 

 

 

 

 

s-IMG_1023

 

 

まだ23000kmのアベンシスにここまで整備するのは、

過剰整備でしょうか?予防整備でしょうか?

 

 

もしユーザーさんが望まないのなら過剰整備。

 

自ら愛車のコンディションを向上&維持を考えているなら、

予防整備になると思いますよ~。

 

 

このアベンシスは今後5万キロ以上走行するまで、

CVT・スロットル・エアコンのメンテは不要でしょう。

 

長~く良い状態で使用出来るとお伝えしました。

 

 

 

s-無題

 

 

(純正同等フルード)と(NUTECのフルード)の圧送式交換

作業内容は同じで使用するフルードが違うだけ。

 

 

安価な純正同等品を使用しても、

今回のアベンシスと同様の作業をすれば、

それなりに費用は掛かるでしょう。

 

 

 

NC-65で補充やプレ洗浄までに使用すれば、

とんでもない差額になりますが、

最後の圧送式交換時のみに使用するので、

そこまでの価格差にはならないのです。

 

 

 

 

エンジンオイルに高額なオイルを使用すると、

なかなかの年間ランニングコストが掛かりますが、

ATFやCVTFはそんなに頻繁に交換するフルードではありません。

 

 

 

安価なフルードをマメに交換するのも良いですが、

高性能フルードを長く使用するのもアリだとお伝えしています。

 

 

 

そしてもっと重要なのは、

なるべくミッション内部のキレイな状態にし

汚い劣化したフルードを長く使用しない事だと思っています。

 

 

 

 

 

CVTF交換・ATF交換の御見積ご予約は、

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。

 

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

2019年3月17日

Тестабол Пропионат

mobile massage near me

https://eoliaseeds.com.ua

このページのトップへ