1. TOP
  2. ミナトBLOG

デミオ・CX-3 スカイアクティブ1.5D 煤除去作業。  こうみると2.2Dと1.5D どちらも煤は溜まるのかな。

新潟県からお越しいただいたのは

マツダ デミオ DJ5FS

H27年式 走行距離 10万キロ

 

 

 

スカイアクティブ1.5Dの吸気系に蓄積する煤除去作業。

 

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

を一泊二日で依頼されました。

 

 

 

s-IMG_0383

 

軽く問診をして試運転。

 

エンジンを少し冷やしてから、

インテーク&EGR系の部品を分解します。

 

 

 

 

s-IMG_0382

 

デミオ/CX-3 SKY-1.5DのDSC作業は

ここ数ヶ月で多く依頼され作業しました。

 

 

2.2Dと比べて予想以上にエンジルームが狭い。

(E/Gルームが狭い=整備作業がしずらい。)

http://securityfeed.info/blog/?tag=cx-5

 

 

 

非常に作業がやりにくく目視もしずらいのですが、

何とか手探りでナット・ボルトを緩めていきます。

 

 

 

CX-3になると少しエンジンルームに余裕があるので、

少しだけマシですかね~。

 

 

 

s-IMG_0385 s-IMG_0388

 

 

外した樹脂製インテークマニホールドには、

水冷インタークーラーが内蔵されています。

 

こちらも後に分解洗浄をしますね。

 

 

 

s-IMG_0390

 

 

エンジンのインテークポートの状態を確認します。

 

どれだけ煤が蓄積しているのでしょうか?

 

 

 

 

 

s-IMG_0393 s-IMG_0395 s-IMG_0397 s-IMG_0398 s-IMG_0399 s-IMG_0404

 

 

2.2Dよりも一回りほど小さいインテークポートの内径。

 

約8mmほど煤が蓄積し、

吸気の経路が狭くなっていますね。

 

 

内部に光が届かないので、

カメラのピントが合わず撮影がやりにくいな~。

 

 

 

s-IMG_0410 s-IMG_0412 s-IMG_0415

 

インテークマニホールド側にもタップリの煤蓄積。

 

内壁にビッシリとコビリ付いていますね。

 

 

s-IMG_0416 s-IMG_0418 s-IMG_0421

 

 

EGR導入口の近くにある水冷インタークーラー。

 

 

導入口の吸気上流にあるので基本的には汚れないはずですが、

吸気の脈動と乱気流の影響でしょうか?結構汚れていますね。

 

 

ブローバイのオイルと煤でベトベトですね。

 

 

s-IMG_0424 s-IMG_0425

 

 

マニホールド内部を軽くホジホジしてあげると、

こんな感じで大量の煤が出てきました。

 

この車両はサラサラ系の煤でした。

 

 

ポロッと剥がれた煤塊はなかなかの大きさですね。

 

 

 

s-IMG_0408 s-IMG_0409

 

 

マスキングをして完全防備。

 

ドライアイスペレットを圧縮空気で高速噴射。

 

(昇華爆発力と熱収縮)

ドライアイス特性を利用した洗浄方法。

 http://securityfeed.info/dsc/

 

 

s-kkkk

 

 

 

それでは軽くショットしてみますね~。

 

 

 

s-IMG_0422 s-IMG_0423

 

 

ドライアイスペレットが直撃した部分だけキレイになりました。

 

 

複雑な形状のインテークポートと、

その最深部にあるインテークバルブ。

 

特殊ノズルを使い分けて完全除去していきますね。

 

 

s-IMG_0454 s-IMG_0455 s-IMG_0456 s-IMG_0458 s-IMG_0459 s-IMG_0460 s-IMG_0461

 

 

バルブ傘部に強固に固着した煤も、

バルブシャフト裏にコビリ付いた煤も、

全てキレイに除去できました。

 

 

 

傘部の煤は燃焼熱に近いので、

カッチカチに固まっていましたよ~。

 

 

もちろん圧縮上死点にセットして燃焼室には、

煤やペレットは混入しませんのでご安心ください。

 

 

DSCはエンジンに(ノーダメージで短時間に完璧に)が、

ウリですから。

 

 

s-IMG_0452

 

 

 

インテークマニホールドやEGRバルブ、

吸気シャッターバルブなども除去完了。

 

 

 

 

s-IMG_0435 s-IMG_0437 s-IMG_0443

s-IMG_0429 s-IMG_0430 s-IMG_0431

 

 

 

内蔵インタークーラーもキレイになりました~。

 

 

s-IMG_0433 s-IMG_0432 s-IMG_0428

 

 

再利用出来ないのはガスケットのみ。

 

全て純正品で交換しています。

 

 

s-IMG_0445 s-IMG_0448 s-IMG_0450

 

 

 

元の状態に組み立てて、エンジンを始動。

 

完全暖機後に各学習値や、

燃料噴射量補正を再学習させました。

 

 

 

 

s-IMG_0467

 

 

ラジエターキャップの気密性が悪く、

冷却ラインに内圧が掛からない。

 

これでは夏場にはオーバーヒートになりますよ~。

 

 

 

 

キャップのゴムパッキンの劣化ですね。

常時在庫しているので新品と交換。

 

 

これでアッパーホースがカチカチに固くなるほど、

内圧が確保出来ました。

 

 

 

 

 

s-IMG_0468 s-IMG_0469

 

 

試運転をしてから翌日に冷却水のレベルを調整して、

無事納車となりました~。

 

 

 

s-IMG_0473

 

 

 

空気を吸ってナンボのディーゼルエンジンで、

吸気抵抗が増えて流入量が減れば、

新車時の性能は発揮出来ないでしょう。

 

 

 

(10万キロ走行しているから、

新車時からの性能が劣化するのは仕方がない。)

 

そう思うのは少しモッタイナイと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

今の国産車は適材適所の整備を行えば、

まだまだ快調に走ってくれるでしょう。

 

 

 

 

 

(メーカーやディーラーが推奨する整備だけが全てではない)

大阪府堺市の小さな整備工場から、日本全国のユーザーに向けて

小さな声でアナウンスしています~。

 

 

 

 

 

 

http://securityfeed.info/blog/?p=21403

 

今年のGW10連休は限定予約作業のみ受付中。

 

DCSなどは一泊お預かりになるので、

GW期間の宿泊施設の予約も考慮すると、

お早めのご相談をお待ちしています。

 

 

 

DSC等のご予約・御見積は、

HP(お問い合わせフォーム)から宜しくお願い致します。

 

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

2019年3月11日

семена почтой украины

семена конабиса

ecostyle.kz

このページのトップへ