1. TOP
  2. ミナトBLOG

トヨタ マークX GRX130 ATF交換・DSCなどなど定番整備の5点セット。  ミナト自動車は大阪府堺市にありますよ~

神奈川県からお越しいただいたのは

トヨタ マークX GRX130

走行距離45000km

 

 

・ATF完全圧送式交換

・DSC ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング

・デフオイル交換

・LLC圧送式交換

・カーエアコンリフレッシュα

 

弊社ではトヨタ・レクサスFR車の定番整備になっている

5点セットを依頼されました。

 

 

 

 

 

予約来店から問診と作業説明。

 

試運転をしてコンディションをチェックしてから、

実作業が始まります。

 

 

s-IMG_8878

 

まずはDSCからしましょうか。

 

 

ガソリン直噴エンジンのインテーク系に

蓄積する大量のカーボンを完全除去。

 

 

直噴は構造上でインテークバルブ周辺に煤蓄積し,

燃焼の弊害になるのはご存知だと思います。

 

s-スワール

 

簡単に言えばガソリンと空気との攪拌が

煤蓄積によりバルブ形状が大幅に変わる。

E/G設計時とは異なり不完全な混合気で点火燃焼。

 

 

完全気化していないガソリンは煤となり、

パワーに変換出来ず無駄になる。

 

 

s-IMG_8883

 

論より証拠。

 

エンジン吸気系の部品群を分解して、

状態を確認してみますね。

 

 

s-IMG_8887 s-IMG_8889

 

 

 

樹脂製サージタンクを外し、

スワールCバルブも外しました。

 

 

6気筒12ポートのインテークポートと

インテークバルブを確認しますね。

 

s-IMG_8906 s-IMG_8907 s-IMG_8908 s-IMG_8909 s-IMG_8910

 

 

バルブシャフト部にカマキリの卵状の煤塊と、

バルブ傘部にはガチガチのカーボン蓄積。

 

 

スムーズに抵抗無く流れるはずの吸気が乱れ、

理想的だったE/G設計時の吸気渦が作れない。

 

 

ほんの少しのガソリンの無駄も、

チリが積もれば山となるのでは?

 

 

 

s-kkkk

 

弊社オリジナル整備(DSC)

ドライアイスの3mmペレットを圧縮空気で高速噴射。

 

 

 

強固に固着したカーボン(煤)をエンジンにノーダメージで、

短時間で完璧に除去します。

 

 

 

s-IMG_8912

 

 

マスキングをしてボディをガードし、

DSC特殊ノズルをセットして軽くショットしますよ~。

 

 

s-IMG_8915 s-IMG_8918

 

ドライアイスペレットが直撃した部分だけ、

キレイになりました。

 

アルミ素地がハッキリ見えますね。

 

 

 

 

数種類あるDSCのアダプターとノズルを組み合わせて、

本格的に除去すればココまでキレイになりました~。

 

 

s-IMG_8985 s-IMG_8986 s-IMG_8987 s-IMG_8989 s-IMG_8990

 

 

 

 

奥深いポートも奥から手前まで全て洗浄しています。

 

s-IMG_8991

 

 

 

 

スワール・コントロールバルブや

サージタンクもDSCで洗浄しました。

 

s-IMG_8929 s-IMG_8933 s-IMG_8943 s-IMG_8940 s-IMG_8945 s-IMG_8954

 

 

ガスケットを交換して組み付けし、

スロットルも清掃してからエンジン始動。

 

暖気後に初期化作業を行いました。

 

 

 

 

 

次はATF圧送式交換に移ります。

 

s-IMG_0224 s-IMG_0225 s-IMG_0228

 

 

ATFの状態を確認してから、

ATオイルパンを外しました。

 

 

磁石に付着した鉄粉を除去して、

オイルパンを洗浄します。

 

 

s-IMG_0230 s-IMG_0231 s-IMG_0232 s-IMG_0233

 

ストレーナーとオイルパンガスケットは交換し、

磁石は洗浄して再利用します。

 

 

s-IMG_0234

 

 

オイルパン洗浄で4Lほど排出したATFを補充にも、

この後に行うプレ洗浄にもNUTECニューテック(NC-RF)

リンシングフルードを使用します。

 

 

完全暖機後に圧送式アダプターを装着して、

まずはプレ洗浄を行いますね。

 

 

s-IMG_0916

 

ニューテックNC-RF(仮名)

http://securityfeed.info/blog/?p=17434

 

弊社がNUTECさんにお願いして開発していただいた、

スペシャルリンシングフルード。

 

 

ATFチェンジャーに接続して、

イッキに圧送式で全量交換を行いますよ~。

 

 

 

s-IMG_0237 s-IMG_0239 s-IMG_0241 s-IMG_0243 s-IMG_0248

 

 

走行距離が5万キロ未満なので結構キレイになりましたね。

このままアイドリング状態で15分間のリンシングタイム。

 

 

 

 

ここからやっと本命ATFで再交換します。

 

 

s-IMG_0251

 

NUTEC史上最高峰のハイパフォマンスATF

『NC-65』  全化学合成油(エステル系)

 

 

 

極薄で強靭な油膜性能はおそらく市販ATFでは最強でしょう。

 

(ローフリクション・ハイパフォーマンス)

6速以上の多段ATにはオススメしています。

 

 

s-IMG_7790

 

 

 

また耐熱性が非常に高いベース基油を贅沢に配合しているので、

熱劣化に強くロングライフ化にも有効です。

 

 

ハイパフォーマンスを求めてもOKですし、

ストリート走行でロングライフ可もアリでしょう。

 

ただしフルード単価が結構高額。

(でも弊社では指名&リピート率は高いですね。)

 

 

 

s-IMG_0252

 

 

ATFチェンジャーにセットして、

もう一度圧送式で全量交換しますね。

 

s-IMG_0254 s-IMG_0258 s-IMG_0260 s-IMG_0263 s-IMG_0266 s-IMG_0267 s-IMG_0269

 

 

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

ここまでキレイになれば次回推奨交換距離は6万キロ。

 

高回転・高負荷を掛けるほど真価を発揮し、

切れのあるシフトフィーリングをお楽しみください。

 

 

一度冷却してからフルードレベルの調整は、

油量検出モードにしてから規定温度でバッチリ調整しました。

 

s-IMG_9015

 

デフオイルのニューテックギアオイル。

 

こちらもNC-65と同様に全化学合成のNC-70 75W90。

 

s-IMG_9010 s-IMG_9013 s-IMG_9020

 

 

ドレンボルトの鉄粉を除去して、

手押しポンプで注入します。

 

純正中空ガスケットを交換してトルク締めしました。

 

 

 

 

 

s-IMG_9032

 

(DSC&ATF交換のオプション整備)

・LLC圧送式交換

・カーエアコンリフレッシュα

 

 

 

LLCも圧送式で全量交換しますよ~。

 

ラジエターリフレッシャーを接続してエンジン始動、

LLCを脈動圧送し冷却ラインに送り込みます。

 

グルッと回って排出されたLLCは

高密度Wフィルターでろ過します。

 

 

 

 

 

5ミクロン/25ミクロンのフィルターを通過したLLCは、

エンジン/ラジエター/ヒーターコアに再び送られて、

冷却ラインを何回も循環していくのです。

 

 

トヨタGR系エンジンの場合は30分以上は圧送し続けて、

サーモスタットが完全に開くまで続けます。

 

 

 

 

計算上は毎分7L x 30分 =210Lぐらいは、

冷却ラインを循環しているでしょう。

 

 

s-IMG_9038

 

最後にLLC再生強化剤で防錆/消泡性能を補強し、

エア抜き作業でライン内の空気を排出させました。

 

 

LLCリザーバータンクのレベル調整も行いますよ~。

 

 

 

s-IMG_9022 s-IMG_9024

 

カーエアコンリフレッシュα で、

年々減少するAC冷媒ガスをチェック。

 

同時にNUTEC NC-200を注入して、

コンプレッサーオイルも補強します。

 

 

NC-200のオイルも最高品質の

全化学合成エステル系ベースオイルを使用。

 

 

s-IMG_9027

 

さすがに平成22年式で5万キロ未満なので、

冷媒ガスの減少は少ないですが予防整備には有効ですね。

 

 

 

 

 

s-IMG_9110

 

 

 

全国各地から高速道路をぶっ飛ばし、

高額な高速道路代を負担して、

朝10時に弊社に入庫していただいています。

 

 

 

とても感謝をしていますが、

そのお気持ちには正確な作業でお返ししようと。

 

 

 

 

 

 

今回紹介した全く同じ内容の5点セットを、

一泊二日で出来る整備工場は日本でおそらく弊社だけでしょう。

 

もし出来る整備工場がお近くに有ったとしても、

(ぜひ大阪のミナト自動車で作業して欲しい!!)と

思われるような整備を心掛けています。

 

 

 

s-IMG_9107

 

 

弊社の場所は大阪府堺市の世界遺産を目指している

世界最大規模の古墳群(仁徳陵古墳)のスグ横。

 

 

 

弊社から大阪中心地キタ・ミナミまでは、

目の前のJR阪和線もず駅から電車で30分以内。

 

USJも電車で40分で代車なら30分で到着するでしょう。

 

 

宿泊するホテルもキタ・ミナミ以外であれば、

結構リーズナブルだと思いますよ~。

 

 

 

まぁ~折角大阪に来られたのですから、

どうぞどうぞ大阪観光でもお楽しみいただいて、

その間に依頼された整備は完了しています。

 

 

 

s-IMG_0007

 

ATF交換・DSCのご予約/御見積は、

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。

 

 

出来るだけその日のうちに返信するようにしていますが、

少し遅れても3日以内にはメール返信をさせて頂いています。

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に、

お越しいただきありがとうございました。

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

後日オーナーさんからレビューをいただきましたので、

原文をそのまま添付します。

 

昨日は、マークXの整備ありがとうございました。帰り道、約480kmを走って、リッターあたり約2.5kmくらい燃費が向上しました。体感的には、変速がスムーズになって、全ての回転域で、トルクフルになっていました。特に時速100kmあたりからの加速は、非常に良くなりました。伸びがいいと言うのか、ストレスなく加速していく感じがします。メーターを見て、思わずアクセルを緩める感じでした。今回、DSCとATF交換、清掃が主の整備でしたが、復活したと十分に実感できた整備でした。ありがとうございました。以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月3日

Тестостерон Депот купить

www.profvest.com

купить семена марихуаны

このページのトップへ