1. TOP
  2. ミナトBLOG

ランドクルーザープラド KZJ95W リフレッシュプラン 後半編。 ATF圧送式交換&ホイールアライメント調整などなど。

s-IMG_7197

 

前回ブログから紹介しているプラドのリフレッシュプラン。

 

今回は引き続いて後半編をご紹介しますね。

http://securityfeed.info/blog/?p=21176

 

ランドクルーザープラド KZJ95W

H11年式  走行距離29万キロ

 

 

 

 

リア側のショックアブソーバーを交換します。

 

s-IMG_9808

 

プラドのラダーフレームに装着されている、

ショックアブソーバー上部のナットはチョット回しにくい。

 

 

また場所的に泥が溜まりやすく、錆も発生しやすい。

 

 

今回も上部のナットを緩めると、

ショックのボルトが折れました。

 

 

錆でボルト部が脆くなっていたようです。

 

s-IMG_9810 s-IMG_9811

 

 

 

 

リアのトレーディングアームのブッシュ交換。

 

車体からアームを外して、油圧プレスで打ち抜きますね。

 

 

s-IMG_9812s-IMG_9816s-IMG_9817

 

 

14tほどプレスしても全く動かないので、

少し方法を変更。

 

 

まずは内部のゴムブッシュを打ち抜いて、

外側のカラーに切れ目を入れて(逃げ)を作りました。

 

すると10tぐらいで打ち抜けましたので、

新しいブッシュを圧入しました。

 

s-IMG_9818 s-IMG_9819

 

 

 

リアのパーキングブレーキは調整のみ。

固着しやすい所にグリスアップをしておきますね。

 

 

s-IMG_9778 s-IMG_9779 s-IMG_9780

 

 

 

エンジンのラジエター交換を提案しました。

 

LLC漏れは無いのですが

樹脂製アッパータンクに熱劣化が見えました。

 

 

このまま放置すると割れたり漏れたりしますので、

走行距離的に交換をオススメしました。

 

s-IMG_9753 s-IMG_9755 s-IMG_9756

 

 

黒い樹脂製タンクが茶色く変色していますよね。

 

こうなると脆くなって割れる前兆なので注意が必要です。

 

 

またラジエターキャップの樹脂部も茶色く熱劣化。

ここまで変色させるには6年以上は掛かるでしょう。

 

おそらく長い間交換していなかったのだと思います。

 

s-IMG_9760

 

 

 

サーモスタットやロア&アッパーホースも同時交換。

 

 

組み付け後にLLCを圧送式で全量交換しました。

これでエンジンやヒーターのLLCも交換出来ます。

 

最後にエア抜き作業とLLC強化再生剤を入れて、

冷却系はひとまず完了。

 

 

s-IMG_9752 s-IMG_9789 s-IMG_9791 s-IMG_9796

 

 

 

フューエルエレメントも交換し、

1KZ-TE前期モデルディーゼルの

数少ないセンサー系も予防整備で交換します。

 

 

s-IMG_9787 s-IMG_9788 s-IMG_9798

 

 

 

 

オイルの漏れがあるトランスファー オイルシール。

 

シャフトを外してシール交換をしました。

 

 

 

s-IMG_9554 s-IMG_9804

 

 

 

フロントデフ・リアデフ・トランスファー

3点のギアオイルを交換しますね。

 

 

ガルフ プロガード 75W90 LSD対応

新品ガスケットに交換してトルク締め。

 

 

s-IMG_9871 s-IMG_9875 s-IMG_9876 s-IMG_9877 s-IMG_9880

 

 

 

 

ATFも圧送式で全量交換します。

 

 

記録簿をみると少し前にオイルパンの脱着をしているので、

今回は圧送式交換のみ行います。

 

 

s-IMG_9833 s-IMG_9836 s-IMG_9840 s-IMG_9844 s-IMG_9848 s-IMG_9850 s-IMG_9851

 

 

NUTEC リンシングフルード(NC-RF)でプレ洗浄しました。

 

 

やや濁りはありますがビーカーの廃油に比べると、

少しはキレイになりましたね。

 

 

そこから15分ほどアイドリング状態でリンシングタイム。

 

 

 

今度はNUTEC ニューテック全化学合成ATF

(ZZ51改)でもう一度全量交換しますね。

 

 

s-IMG_9854 s-IMG_9855 s-IMG_9857 s-IMG_9861 s-IMG_9864 s-IMG_9866 s-IMG_9868 s-IMG_9870

 

ここまでキレイになれば次回交換推奨距離の

5万キロは十分使用できると思いますよ~。

 

 

 

s-IMG_9884

 

カーエアコンリフレッシュα で、

エアコン冷媒ガスをチェック。

 

デンゲン社エコマックスJrで

冷媒ガスを全量回収再生し再充填。

 

 

 

内蔵の重量計で測定しながら、

規定充填量で正確に作業します。

 

コンプレッサー保護強化に

NUTEC NC-200も同時注入しました。

 

 

 

エアコン冷媒ガスは多くても少なくてもNGで、

潤滑性と気密性を向上させるNC-200は、

一定の年数でメンテ注入を推奨します。

 

s-IMG_9885 s-IMG_9886 s-IMG_9887 s-IMG_9888

 

 

 

 

 

 

 

アライメントリフトでサスペンション系の

各ブッシュを1G締め付けします。

 

 

 

整備リフトで足が伸びた状態でアームブッシュを組み付けると、

タイヤが接地した状態では過大な捻れがブッシュに掛かります。

 

 

捻れて無駄なテンションか掛かっているブッシュは、

ブッシュの早期劣化の原因になりますので、

着地した状態で一度開放し再マシ締めしていきますね。

 

 

 

 

 

s-IMG_9909 s-IMG_7178 s-IMG_7179 s-IMG_7185

 

 

そこから軽く試運転をして、

サスペンションの各部品を馴染ませますね。

 

 

そしてホイールアライメントを調整します。

 

 

s-IMG_9832 s-IMG_9824 s-IMG_9830

 

 

ハンター社 ホークアイWA470

最新鋭の4センサーカメラ搭載 アライメントテスター

 

 

イヤサカ ビシャモン マルチアライメントリフト

水平精度を長期に維持する国産リフト。

 

 

最終的にはこんな感じで調整しました。

 

s-IMG_9822

 

数値合わせだけのホイールアライメントではなく、

ブッシュやショックまでリフレッシュ整備して、

本来の性能に戻した後のホイールアライメント調整。

 

 

 

弊社はサスペンション整備に必要な付随作業として、

ホイールアライメント調整を位置づけています。

 

 

 

 

最後に試運転を重ねて、最終チェックを繰り返し、

無事納車となりました。

 

 

 

s-IMG_7200

 

 

リフレッシュプランは

よくある車検整備のような保守整備でもなく、

よく見るノボリに書いてある無料点検作業でもありません。

 

 

 

10年10万キロ以上走行した車両を、

もう一度予算を掛けて整備するリフレッシュメニューです。

 

 

今回のプラドオーナーさんからも

(ディーラーでは見ない箇所の整備を中心に)と

希望整備と合わせてオーダーされました。

 

 

 

世界トップクラスの耐久性があるプラドですから、

適材適所な整備をして長く使用するのもアリだと思いますよ~。

 

 

s-IMG_7187

 

2部構成で紹介しました

ランドクルーザー プラドのリフレッシュプラン。

 

 

 

今回作業した箇所以外にも

何点か気になる整備箇所がありましたので、

(こうなればココを整備してくださいね。)と

アドバイスをさせて頂きました。

 

 

 

 

リフレッシュプランのご依頼は

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしています。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

2019年2月24日

стероиды

at home massage los angeles

IT Business Company обзор

このページのトップへ