1. TOP
  2. ミナトBLOG

ワゴンR MC系 ATF交換      スズキ車全般にこのタイプ。

神戸市からお越しの
ワゴンR MC21S  93000km
ATF交換の依頼です。
s-RIMG3377.jpg 
実はスズキ の
ワゴンR アルト Kei などに
搭載されているATミッションは
なぜか圧送式交換が出来ない構造ですよね。
ATF圧送式交換  → (ATFチェンジャー トルコン太郎を使う交換効率の高い方法)
しかもオイルドレンも無いし~。
そこで交換効率が落ちる循環式での
ATF交換効率を 少しでも上げる為に
オイルパン脱着洗浄してからの 
交換作業でしています。
s-RIMG3289.jpg
s-RIMG3287.jpg 
磁石に鉄粉がタップリ付いていますが
オイルパン内は比較的キレイな部類。
金属メッシュストレーナーも洗浄して
抜けた分のATFを補充し
いよいよATFを交換しますね。
s-RIMG3293.jpg
s-RIMG3294.jpg
s-RIMG3295.jpg
s-RIMG3305.jpg
s-RIMG3307.jpg
右手前の廃油モニター
徐々にキレイになってきましたね。
左横のビーカーは取り出したATFです。
奥に見える新油モニターの色と
比べると少し濁っていますが
最初は真っ黒のATFでしたので
良しとしましょう。          予算もありますからこのくらいで。
圧送式が出来ればキレイになるのになぁ~。
ついでにラジエターリフレッシャー
WAKO’S RECSも施行しました。
s-RIMG3308.jpg
s-RIMG3309.jpg
s-RIMG3313.jpg
冷却ラインの洗浄 とLLC強化再生
RECS(レックス)では
エンジン吸気系統の洗浄。
minato-motors.com/blog/blog-entry-191.html
主にインテークバルブや燃焼室の
カーボン除去が目的ですね。
s-RIMG3321.jpg
s-RIMG3315_20130129171531.jpg
s-RIMG3325.jpg
仕上げにアクセルをレーシンング。
工場内に白煙が充満しますので
専用装置で白煙を吸い取っているんですよ~。
日帰り修理でしたので
少しバタバタしましたが
何とか夕方には完了できました。

2013年1月26日

liveinternet.ru

3level.org.ua

nomer-org.life

このページのトップへ