1. TOP
  2. ミナトBLOG

年末恒例のATF圧送式交換がゾクゾクと入庫。  年内予約は満員御礼ソールドアウト~。

ここ数年の傾向ではなぜか年末になるとATF交換の依頼が急増しますね。

 

今年の年末もご予約を多くいただきましたので、

一部の車両になりますがご紹介します。

 

 

 

 

 

 

岡山県からお越しいただいたのは、

レクサス IS-F USE20 走行距離84660km

 

・ATF完全圧送式交換 for NUTEC

 

s-IMG_9264

 

問診と試運転をしてからATF交換作業を始めます。

 

 

 

ATFの状態をチェックし、オイルパンを外しました。

 

s-IMG_9269 s-IMG_9270

 

 

ATFの劣化度はそこまで酷くないのですが、予想以上にオイルパン内の磁石に鉄粉が付着していました。

8速ATでこの走行距離なら多い方かな。

 

鉄粉が多いと言う事は走行条件に対して、油膜強度が追いついていないのでしょう。

 

IS-Fでガンガン走行すれば、

純正ATFでは耐えれないと思いますよ~。

 

 

s-IMG_9271

 

鉄粉を除去してオイルパンを洗浄。

ATFストレーナーも同時に交換します。

 

 

フルードクーラーもこの時に洗浄しています。

 

 

s-IMG_9276 s-IMG_9277 s-IMG_9274

 

 

 

ATFを補充してエンジン暖機。

 

ATFチェンジャーを接続してから、

まずはプレ洗浄を行いますね。

 

s-IMG_0916

 

使用するプレ洗浄専用フルードは、

(NUTEC ニューテック リンシングフルード)

通称(NC-RF仮名)と弊社では呼んでいます。

 

 

弊社からNUTECさんに提案して実現したNC-RFは、正式なリリースはされていないのでNUTECのHPにも未掲載商品。

現在弊社のみの取り扱いとなっています。

http://securityfeed.info/blog/?p=17434

 

 

IMG_1024

 

 

過度なフラッシング効果を求めずに、ATへの攻撃性も皆無。

 

ほぼ無色透明のリンシングフルードはこの後に使用するハイパフォーマンスATFの性能を最大限に引き出すように調整されています。

 

 

 

よって名称も(フラッシング)ではなく、(リンシング)になっているのですよ~。

 

 

s-IMG_9292

 

 

エンジンもATFも暖機が終われば、

NC-RFで全量イッキに圧送式で交換しますね。

 

 

 

s-IMG_9294 s-IMG_9295 s-IMG_9297 s-IMG_9299 s-IMG_9302 s-IMG_9306 s-IMG_9308

 

 

プレ洗浄が終われば15分間のアイドルタイム。

 

 

排出し切れなかった汚れをNC-RFに移します。

 

 

s-IMG_9309

 

 

本命に使用するATFは(NUTEC NC-65)

 

 

もともとは大排気量・多段AT&DCT用に開発されたニューテック最高峰のハイパフォーマンスATF。

 

 

極薄で強靭な油膜性能はローフリクション・ハイパフォーマンス。

 

非常に耐熱性の高いエステル系基油を贅沢に使用しているので、ストリート走行レベルの負荷ではそんな簡単には劣化しないでしょう。

 

 

 

おそらく市販品ATFでは最強レベルの油膜性能は、みんカラ等のレビューでも絶賛されていますね。

 

 

s-IMG_9311

 

 

 

NC-RFからNC-65に入れ替えて、

もう一度全量圧送式で交換します。

 

 

 

 

 

s-IMG_9313 s-IMG_9314 s-IMG_9315 s-IMG_9318 s-IMG_9323 s-IMG_9324

 

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

ここまでキレイになれば、

次回交換推奨距離は6万キロとお伝えしています。

 

 

 

最後にフルードレベル調整をし、試運転をしてから納車となります。

 

 

 

s-IMG_9326

 

 

 

 

 

静岡県からお越しいただいたのは、

マツダ CX-5 KF2P ディーゼル

H30年式 走行距離6500km

 

 

こちらもNC-RFでプレ洗浄後にNC-65で圧送式交換を行いました。

 

 

 

s-IMG_7108 s-IMG_7112 s-IMG_7136 s-IMG_7155

 

 

 

 

IS-F同様に岡山県からお越しいただいたのは、

トヨタ マークX GRX130

走行距離47000km

 

 

NUTEC NC-RFとNC-65で完全圧送式交換を依頼されました。

 

 

s-IMG_7351 s-IMG_7359 s-IMG_7361 s-IMG_7367 s-IMG_7372

 

 

最終的にはここまでキレイになりました。

s-IMG_7430

 

 

 

 

こんな風にブログにアップすると(ミナト自動車は高額なNUTECでのATF圧送式交換しか、やらないのでは??)と思われるかもしれませんね。

 

全然そんな事はないんですよ~。

 

純正同等品のアイシン製ATF(AFW+)での交換依頼も、まぁまぁ多いですからね~。

 

 

 

 

大阪市からお越しいただいたのは

ハイエースRZH101 走行距離20万キロ

 

 

アイシン製AFW+での交換を依頼されました。

 

s-IMG_7460 s-IMG_7447 s-IMG_7448 s-IMG_7450 s-IMG_7459 s-IMG_7502

 

 

 

ATへの唯一のメンテナンス方法はATF交換のみ。

 

それ以外は高額な修理しか残っていないのが現状で、安価で定期的なメンテナンスであるATF交換は必ず実施しましょうとお伝えしています。

 

 

(ATF交換をすると壊れる??不具合になる??)という、間違った認識が広がっている自動車整備業界ですが、そんな事は御構い無しに年間百台以上はATF交換のご依頼を弊社では受付けています。

 

 

正しいATF交換作業を正確に実施すれば、壊れる事もなくATは良い状態になるんですけどね~。

 

 

 

s-RIMG3911

 

 

年内のATF交換予約は、おかげさまで満員御礼・ソールドアウト。

 

 

年始は1月7日から営業開始をする予定ですが、

早くも予約が埋まってきています。

 

 

 

HP(お問い合わせフォーム)から御見積とご予約をご相談いただけましたら、メールにてご案内をさせていただいています。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

2018年12月25日

swiss-apo.net

www.swiss-apo.net

www.swiss-apo.net

このページのトップへ