Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
マークX Zio CVTフルード  圧送式交換   トルコン太郎 | 日々是好日 byミナト自動車- securityfeed.info

  1. TOP
  2. ミナトBLOG

マークX Zio CVTフルード  圧送式交換   トルコン太郎

今年最後の予約来店です。
お電話を頂いてから
なかなか作業時間が取れず
お待たせしてしまいました。
スイマセン。
s-RIMG2791.jpg 
マークXジオ  ANA10 2400cc CVT

CVTF(CVTフルード)の交換です。
64000km走行で
CVTF交換過去暦は不明
ディーラーでは交換しなくても
OKと言われたそうです。
ちなみに
この車両に搭載されているCVTは
オイルレベルゲージがなく 、
オイル状態のチェックは出来ません。 
(実際は出来なくは無いですが、それもいろいろ問題が・・・。)
s-RIMG2741.jpg 
そこでオイルパンを外して
内部の状態を確認しますね。
s-RIMG2742.jpg 
スラッジの蓄積は少なめですが
磁石にはコレぐらい金属粉がありました。
このお車は丁寧に乗られていたのでしょうね。 
比較的キレイだと思いますよ。
今回オイルパン脱着は清掃も目的の一つですが
ストレーナーの確認も含まれているんですよ。
なぜならこのタイプのCVTは
ストレーナーの部品供給が無いんです。
s-RIMG2743.jpg
荒い乗り方をしていると
スラッジや鉄粉がより多く発生。
ストレーナーが詰まり気味になり
オイルポンプに負荷が掛かります。
壊れることは無いと思いますが
その分は燃費には影響するでしょうね。
そうなる前に一度
内部にあるスラッジや鉄粉を
リセットするのが本当の目的なんですね。
s-RIMG2749.jpg 
今回使用するCVTFは
アイシン CFB 
国内最大の変速機製造メーカー アイシン AISIN
から発売されているCVTFです。
もちろんこの車両にも適合しています。
s-RIMG2751.jpg 
このCVTの規定容量は8.7L

オイルパン脱着時に排出された
5L をまず注入し暖気しますね。
s-RIMG2763.jpg
先ほどの5L
残されたオイル3.7L
 
混ざった状態がクリーナーモニターにあります。
(左奥が新油のCFBです。)
透明度は無く

赤黒い状態ですね。
そこに薄緑のCFB

交換効率
が高い
トルコン太郎の圧送式交換 を
していきますね。
ノズルで上抜き交換する循環式ではないですよ~。)
s-RIMG2765.jpg
s-RIMG2767.jpg
s-RIMG2768.jpg
s-RIMG2769.jpg
s-RIMG2771.jpg
s-RIMG2774.jpg
s-RIMG2777.jpg
s-RIMG2782.jpg
完全に薄緑色になっていませんが
気にしなくても大丈夫です。
重要なのはではなく
中身ですから。
CVTF自体は
ほとんどは入れ替わり
ここまで来れば
は性能に関係ないんですよ~。
s-RIMG2753.jpg
CVTオイルクーラーも洗浄し
規定温度でレベル調整。
(この作業は車両診断器がないと 、出来ませんので注意が必要です。)
ATF交換やCVTF交換
エンジンオイル交換やLLC交換
これらはすべて予防整備になります。
交換したからパワーアップする物ではなく
あくまでも故障しない為の作業なんですよ~。
愛車のATF交換暦が不明の方

他所でATF交換拒否された方
一度ミナト自動車まで ご相談ください。
次回ブログは 引き続きマークXジオの
WAKO’S RECSの様子をアップしたいと
思います。

2012年12月28日

steroid-pharm.com/nandrolone-d.html

https://steroid-pharm.com

steroid-pharm.com

このページのトップへ