1. TOP
  2. ミナトBLOG

マツダ RX-8 SE3P リフレッシュプラン。  12年目の大規模整備。 ラジエター ブレーキをリフレッシュ。 前編。

静岡県からお越しいただいたのは

マツダ RX-8 SE3P 5速MT

H17年式 走行距離13万キロ

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

・12年前にほぼ新車のRX-8を購入し、

現在の走行距離は13万キロ。

これからも長く乗り続けるような整備を希望。

 

・現状の不満点はクラッチの切れが悪くなる。

ブレーキング時にガクガクする。以前に比べ走行安定性が悪い。

 

 

 

 

 

 

http://securityfeed.info/blog/?p=12375

メール相談時には大雑把な感じでも良いので、

不満点や予算・お預かり期間をお伝えいただけると助かります。

 

 

 

s-IMG_7110

 

 

 

 

 

ご予約をいただいて入庫。

まずは問診から始めます。

 

 

普段の使用環境や過去の整備暦、

運転の頻度や酷使度などなど・・・。

 

 

週末使用なのか?通勤使用なのか?

高回転までE/Gを回す運転なのか?

極力燃費重視の走行なのか?

 

 

 

リフレッシュプランのテーマは

(もしこの車両が私の愛車なら予算内でどう整備するか?)

 

知らないといけない事は多いので、

問診時には30分ほどお時間をいただいています。

 

 

s-IMG_5142

 

ユーザーさんには代車をお貸しして、

とりあえずお帰りいただきます。

(2~3週間ぐらい預かりますとお伝えしました。)

 

 

 

そして私は試運転をしてから、

事前ホイールアライメント測定を始めます。

 

 

s-IMG_5146 s-IMG_5150 s-IMG_5143 s-IMG_5144

 

ホイールアライメントを測定すると多少数値の乱れはありますが、思ったほど悪い数値ではないようですね。

 

 

ですが試運転での乗り心地や安定性は数値以上に悪い印象。

 

 

 

(10万キロ以上走行した車両によくある乗り心地)

(可もなく不可もない距離相応な感じ)

 

このRX-8を初めて運転すればこんな感想になるでしょうが、

新車近い状態から把握しているユーザーさんでは、

不満に感じると思います。

 

 

(俺のRX-8はこんな車だったっけ??)と・・・。

 

 

 

s-IMG_5152 s-IMG_5153

 

 

続いてエンジン点検の基本 排気ガス数値をテスターで測定。

 

ロータリーなのでもっと悪い数値が出ると思いきや、

なかなかの良い数値。

 

普段からのメンテナンスが良好なので、

エンジン系の状態は良さそうですね。

 

 

s-IMG_5156 s-IMG_5157 s-IMG_5162 s-IMG_5163 s-IMG_5164 s-IMG_5165 s-IMG_5166s-IMG_5201

 

リフトアップをしてタイヤを外し、

アンダーカバーを分解して車両点検を行います。

 

 

今までの整備状況は問題なく、

基本的な整備は出来ているようです。

 

 

 

今回は普段はあまり手を出さない部分の整備を中心に、

整備プランを制作しました。

 

12年目の大規模整備をプランニングし、

御見積を提示してユーザーさんと協議します。

 

今回は範囲と予算規模が大きかったので7割ぐらいは(お任せ)、

残りは要相談という流れで進行しました。

 

 

 

 

s-IMG_5170 s-IMG_5304 s-IMG_5305

 

まずはラジエター交換から。

 

ラジエターの上下には樹脂製のアッパー・ロアタンクがあります。

 

ロア側は熱の影響は受けにくいですが、

アッパー側は高温のLLCが常時流れているので、

経年劣化で変色しています。

 

 

 

s-IMG_5307 s-IMG_5308

 

 

こうなると樹脂が脆くなり割れやすい。

 

実際に軽く触れるとタンクにある樹脂パイプが、

ポキッと折れましたね。

 

 

それだけ熱劣化でダメージを受けていたのでしょう。

 

s-IMG_5313 s-IMG_5309 s-IMG_5312 s-IMG_5311

s-IMG_5314

 

・ラジエターASSY &ゴムブッシュ

・アッパー/ロアホース

・サーモスタッド

 

予防整備で交換します。

 

 

 

 

s-IMG_5319 s-IMG_5320 s-IMG_5322 s-IMG_5323

 

LLCもラジエターリフレッシャーを接続して、

圧送式で全量交換を15分。

 

E/Gとヒーター側のLLCも同時に交換しました。

 

エア抜き作業と平行してLLC再生強化剤を注入します。

 

 

 

s-IMG_5315

 

電子制御スロットルも清掃し、

アイドリングを安定化させました。

 

結構汚れていましたね。

 

s-IMG_5317

 

 

エンジンのメンテナンスは普段から実施されているので、

冷却系と吸気系のみの軽い整備で大丈夫でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンマウントも左右交換しますね。

 

s-IMG_5444 s-IMG_5445

 

 

 

 

 

 

次はサスペンションやブレーキ系の整備します。

 

s-IMG_5211

 

サスペンションの整備は部品点数が非常に多い。

そして1点でも欠品があると作業が進行しない。

 

 

リフレッシュプランでサスペンション系の整備を希望の場合は、

前金をいただいて部品を事前に入荷しています。

 

 

 

モノによってはバックオーダーで1ヶ月ほど時間が掛かるので、

入庫してからの発注ではほぼほぼ間に合いません。

 

 

逆にメーカー在庫の回転が早いE/Gやブレーキなどの消耗品は、

あまり欠品は発生しづらいので、

入庫してからの発注で十分間に合うと思います。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5172 s-IMG_5173 s-IMG_5229 s-IMG_5231 s-IMG_5233

s-IMG_5206

 

 

 

フロント/リア共に足回りをごっそり外しました。

 

そこからさらに分解し整備します。

 

 

 

s-IMG_5234 s-IMG_5238 s-IMG_5241 s-IMG_5239 s-IMG_5242

 

 

経年劣化でキャリパーダストブーツの

機密性が低下したのでしょう。

 

少し錆が発生していますね。

 

 

錆粉とグリスが混ざるとピストン表面で固着します。

この固着がピストンシールに引っ掛かり、

ピストンの動きを阻害します。

 

 

最悪ピストンがロックして固着すると、

異音発生・制動不足・片効き偏磨耗。

 

 

10年に一度ぐらいはO/Hをしてリフレッシュしましょう。

 

 

 

s-IMG_5243 s-IMG_5244 s-IMG_5246 s-IMG_5247

 

組み付け初期はスムーズじゃない固体もありますから、

シールとブーツを装着後にピストンを出し入れの繰り返し。

 

 

シールとピストンの収まりが良くなるよう、

馴染ませてあげます。

 

 

 

 

 

 

ダストシールを装着する部分の錆は

ブラスターで除去しキレイにしました。

 

 

それ以外のキャリパー表面はブラスト処理はせずに、

完全洗浄のみで収めます。

(表面の錆は機能に関係がないので。)

 

 

 

 

s-IMG_5250 s-IMG_5251 s-IMG_5254

 

ブレーキキャリパーのホルダー部にあるスライドピン穴も

古いグリスを掻きだして清掃します。

 

 

 

ピンホール1箇所に錆が発生していたので、

ホーニングブラシでクリーニング。

 

 

新しいグリスと注入して、ダストブーツを装着します。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5447

 

 

フロントブレーキパッドを交換し、

リアのパッドは研磨で再生。

 

バックシム洗浄後にWAKO’S BPR、

高性能パッドグリスを塗りこみます。

 

 

s-IMG_5295 s-IMG_5297

 

 

 

 

 

 

ブレーキング時のガクガクは、

ディスクローターの振れが原因でした。(左前のジャダー)

 

ディスクローター研磨機で前後4枚再生します。

 

 

s-IMG_5272 s-IMG_5275 s-IMG_5281

 

1回目の軽く研磨した状態です。

 

・シルバーになった部分がバイトで削った箇所。

・黒い部分はバイトが当っていない箇所。

 

ハッキリとディスクの振れが目視できました。

 

 

研磨というとガッツリ削っているように見えますが、

実際は薄~く少ししか削っていませんよ~。

 

 

s-IMG_5282 s-IMG_5284 s-IMG_5293

 

ディスクの限度厚を半分以上残した状態で、

無事再生できました。

 

耐熱塗装(シルバー)で軽く化粧直しの再塗装。

 

 

s-IMG_5267

 

 

フロントディスクローターの左外側の面だけ、

レコード盤状の傷は深く大きかった。

 

おそらくキャリパー スライドピンの動きが悪く、

パッドを引き摺っていたのだと思います。

(そしてジャダーになり振動が)

 

 

 

 

パッドの長持ちさせるためにも、

定期的なキャリパーメンテナンスは必要ですね。

 

 

 

ブログが長くなってきたのでとりあえず前編は終了。

次回ブログでは後編をご紹介しますね~。

 

 

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年8月24日

baden-medservice.com

http://baden-medservice.com

http://baden-medservice.com

このページのトップへ