1. TOP
  2. ミナトBLOG

マツダ MPV LY3P リフレッシュプラン。 DSC以外の作業をご紹介!! サスペンションやブレーキも!!

前回ブログではMPVの直噴ガソリンエンジンの

インテークバルブに蓄積するカーボンを

ドライアイス洗浄でキレイに完全除去しました。

 http://securityfeed.info/blog/?p=18979

 

 

 

s-IMG_4449 s-IMG_4464

 

 

 

 

マツダ MPV LY3P

走行距離65000km

 

今回のブログはDSC以外の

リフレッシュプラン整備を紹介しますね。

 

 

 

 

排気ガスの数値もDSCで改善し、

サスペンションやブレーキ系の整備へ進めていきます。

 

s-IMG_4391

 

試運転をしてから事前アライメントを測定します。

 

 

これから足回りをバラバラに分解整備をするので、

その前の測定は一見無駄、無意味にみえると思います。

 

 

 

 

ですが入庫時のホイールアライメントがどうなっているか?

また整備後どのように変化(改善)したか?と知っておくのは、

私は無駄な事だとは思えないのです。

 

 

 

 

 

s-IMG_4394 s-IMG_4395 s-IMG_4396

 

フロントは大幅なトゥアウトに、

SAIの左右差が大きいですね。

 

 

ショックの劣化も合わせると走行安定性は悪かったと思います。

 

 

 

s-IMG_4402 s-IMG_4403 s-IMG_4410

 

 

バッテリーの充電状態や

ブレーキ・サスペンション等も点検しました。

 

 

 

点検結果からのオススメ整備とユーザーさんが希望する整備を、

予算にあわせてプランニング。

 

 

まずは事前に入荷しておいたサスペンションから整備しますね。

今回はショックアブソーバー等はオール純正品で交換しました。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_4420 s-IMG_4421

 

リアショックアブソーバーは上下ブッシュも同時交換です。

 

 

 

外したショックアブソーバーはガス圧が低下し、

なかなか伸びてきませんね。

6万キロも走行すればもう寿命でしょう。

 

s-IMG_4424

 

 

 

 

 

フロントショックアブソーバーも交換します。

 

 

再利用はスプリングのみで、

バンプやマウント等は同時交換。

 

 

s-IMG_4469 s-IMG_9953 s-IMG_9954 s-IMG_9957 s-IMG_4485

 

 

 

 

 

 

このMPVのショック・アッパーマウントは、

左右とも同じ品番です。

 

ですが切り欠きと緑印が左右の組み付けでは違います。

 

・アッパーロックナット横にある緑の印。

・アッパーマウントの切り欠き。

・スプリングアッパーシートの切り欠き

 

左右の違いがわかりますか?

 

知らない人が整備書を見ずに作業すると、

確実に間違うでしょうね~。

 

 

s-IMG_4490

s-IMG_4490

 

 

 

 

 

入庫前からユーザーさんが気にしていた

ロアアームのボールジョイントブーツ亀裂。

(ディーラーさんにて指摘されたようです。)

 

 

 

 

 

走行距離がまだ6万キロであれば、

ブーツのみの交換で大丈夫 です。

純正では部品供給がないので社外品ブーツで対応します。

 

 

 

 

古いグリスを除去しWAKO’Sグリスを注入して、

新しいブーツを装着しました。

 

 

s-IMG_4480 s-IMG_4484 s-IMG_4483

 

 

 

 

 

 

エンジンからの微振動を軽減するために、

エンジンマウント・インシュレーターを交換します。

 

全数交換は保留にし負担の大きい右側のみ交換しました。

 

s-IMG_4499 s-IMG_4500

 

 

 

 

 

液体封入式マウントは重いエンジンを支えているので

裏面からみると隙間が大きくなっていますね。

 

 

s-IMG_4501 s-IMG_4502

 

 

 

 

 

LLCは圧送式で交換します。

 

ラジエターリフレッシャーを接続し、

エンジン・ラジエター・ヒーターのLLCを全量交換します。

 

毎分7LのLLCを冷却ラインに注入し、

回収したLLCを高密度フィルターでろ過再生。

エンジンを掛けてながら15分間ほど行います。

 

 

 

最後にLLC再生強化剤を投入して、

エア抜き作業も同時にしました。

 

ラジエターキャップも交換しますね。

 

s-IMG_4508 s-IMG_4506 s-IMG_4509 s-IMG_4510 s-IMG_4511 s-IMG_4512s-IMG_4517s-IMG_4519

 

 

 

 

ブレーキパッドとディスクローターをリフレッシュ。

 

ブレーキキャリパーはオーバーホールし、

ピストンシール・ダストブーツを交換しました。

 

ディスクローターは研磨機で再生させます。

 

s-IMG_9929 s-IMG_9995 s-IMG_9935 s-IMG_9936 s-IMG_9937 s-IMG_9938 s-IMG_0016 s-IMG_9941 s-IMG_9948 s-IMG_9951 s-IMG_9981 s-IMG_9987 s-IMG_4491 s-IMG_4665

 

 

 

 

ブレーキフルードを交換しながら、

エア抜き作業も行いました。

 

s-IMG_4667 s-IMG_4668

 

 

 

 

スタビライザーリンクロッドのブーツ破損。

 

このまま放置するとB/Jに雨水が浸入し錆びます。

そしてカタカタと音が鳴り出して車検もNGですね。

 

 

s-IMG_4669 s-IMG_4670 s-IMG_4671

 

 

 

 

 

タイヤを装着してアライメントリフトに移動し、

1G締付をしました。

 

ロアアーム等のブッシュを一度開放してもう一度締付ると、

ブッシュに掛かる無駄なテンションがなくなります。

 

 

 

 

 

 

そしてATF圧送式交換を行いました。

 

・アイシンAFW+

・NUTEC ZZ51改

・NUTEC NC-65

 

3種類在庫しているATFから

特徴/価格/メリットなどを考慮して選んでいただきます。

 

 

 

 

 

ATFチェンジャーを接続し、まずはプレ洗浄。

NUTEC NC-RFで全量交換します。

 

 

s-IMG_4709 s-IMG_4712 s-IMG_4716 s-IMG_4718 s-IMG_4720 s-IMG_4722 s-IMG_4723

 

 

 

 

 

15分後に本命ATFのNC-65をチェンジャーにセットし、

もう一度圧送式で全量交換します。

 

 

s-IMG_4727 s-IMG_4730 s-IMG_4736 s-IMG_4738 s-IMG_4739 s-IMG_4740 s-IMG_4741 s-IMG_4743

 

キレイに入れ替わればフルードレベルを調整します。

 

 

 

 

 

カーエアコンリフレッシュαで、

ACガスをメンテナンス。

 

NUTEC NC-200コンプブーストも同時注入。

 

 

規定充填量から約160gほど減少していました。

 

s-IMG_4701 s-IMG_4703 s-IMG_4704 s-IMG_4705 s-IMG_4707

 

 

 

 

試運転を軽くして、

ホイールアライメントを調整しますね。

 

 

s-IMG_4684 s-IMG_4686 s-IMG_4689 s-IMG_4687

 

 

サスペンションを分解しているので、

そのままだとバラバラな数値。

 

 

 

ここからキレイに調整しました。

MPVは調整箇所が多いので調整しやすいですね。

 

左右差が少なくなるように調整しました。

 

s-IMG_4700

 

最後に試運転をして納車となります。

 

 

 

マツダ部品はもともと供給スピードが速くないのですが、

ある程度は事前に部品を取寄せていたので早く仕上がりました。

 

 

 

作業自体は1週間で十分終わるのですが、

チェック時間や予備日などを考慮して

平均約2週間のお預かりが多いです。

 

 

 

 

 

 

リフレッシュプランのご相談・ご予約は、

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

追記 18/8/11

納車1500km走行後のレビューをいただきました。

・前回ブログでお伝えしたように

燃費は10km/Lから13km/Lに改善。

 

・サスペンションリフレッシュで高速道路のカーブで安定感がかなり改善されたようです。

 

この2点はハッキリ違いが出たのでユーザーさんは運転が楽しくなったとお知らせくださいました。

違いに気が付いてくれて私もほっと一安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年8月9日

このページのトップへ