1. TOP
  2. ミナトBLOG

スバル リニアトロニックCVTF 圧送式交換。 レクサス2車種も温度管理でフルード調整。 90℃から30℃まで下げますよ~。

愛知県からお越しいただいたのは

スバル フォレスター SJ5 H25年式

走行距離25000km

 

リニアトロニックCVTのフルード交換依頼です。

 

s-IMG_0114

 

 

試運転をしてCVTFの状態をチェックし、

チェンジャーとのホースを接続して圧送式交換。

 

交換効率の高い圧送式交換で全量をイッキに入れ替えます。

 

 

NUTEC ニューテックリンシングフルード

『NC-RF 仮名』でまずはプレ洗浄を行います。

 

 

 

s-IMG_0115 s-IMG_0120 s-IMG_0122 s-IMG_0126 s-IMG_0129 s-IMG_0134 s-IMG_0137

 

全量交換をしてここまでキレイになりました。

 

ここから15分ほどアイドリングし、

本命フルードで再交換しますね。

 

 

s-IMG_0140

 

ニューテックNUTEC 『NC-65』

 

100%化学合成ベース基油(エステル系)を贅沢に使用した、

おそらく市販品最強のフルードでしょう。

 

 

もともと高トルク大排気量を搭載車のミッション用フルードとして開発され、極圧性の高いDCTや多段ATをターゲットにしています。

高回転・高負荷を掛けるほどその真価が発揮されます。

 

 

実際にNC-65の開発に携わった方の話では、

(やれるだけの事はやったよ!!)と言わしめるほどの出来栄え。

 

 

 

極薄で強靭な油膜性能はもちろんスバル リニアトロニックCVTでも使用可能。(一部不適合もあり)

 

 

チェンジャーのペール缶を入れ替えて、

もう一度全量圧送式交換を行います。

 

 

 

s-IMG_0141 s-IMG_0144 s-IMG_0146 s-IMG_0150 s-IMG_0154 s-IMG_0157 s-IMG_0161

 

 

キレイに入れ替わりましたね。

最後に規定温度でレベル調整をしました。

 

 

オールNUTECフルード (NC-RF仮名)&(NC-65)を使用した、フルード圧送式交換が出来るのは全国でも弊社のみになります。(今のところは・・・。)

 

 

 

 

NC-RFについてはこちらのブログで紹介しています~。

http://securityfeed.info/blog/?p=17434

 

 

NUTECリンシングフルードとドラム缶に印字されていますが、

ブログを書く都合上文字数は少なくor略称がよいので、

私が勝手に名付けて(NC-RF仮名)としています。

 

 

 

s-IMG_0165

 

 

 

 

 

 

次に入庫したのは

レクサス LS600h ハイブリッド UVF45

走行距離42300km

 

s-IMG_4581

s-IMG_4608

 

 

 

こちらはハイブリッドCVTのフルード交換等を依頼されました。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_4524 s-IMG_4526 s-IMG_4528 s-IMG_4537 s-IMG_4532

 

 

 

 

このHV用CVTはオイルパンを洗浄してからの

希釈式交換でキレイにします。

 

 

また機械式・電動式フルードポンプを強制作動させ、

圧送式交換に劣らない交換効率を実現しています。

 

 

 

 

s-IMG_4591

s-IMG_4589

 

 

交換するたびにフルードが

キレイになっていくのが分かりますね。

 

 

定期的に交換すれば少ないフルード量でキレイになりますし、

予防整備にも有効です。

 

 

 

 

s-IMG_4550

 

リア デフオイル&トランスファオイルも交換します。

 

NUTEC NC-70 全化学合成ギアオイル 75W90

 

 

 

s-IMG_4555s-IMG_4546s-IMG_4552

 

 

エンジンオイル以外のオイル類も定期的交換しましょう。

 

 

 

 

s-IMG_4610 s-IMG_4584

 

 

 

 

 

愛知県からお越しいただいたのは

レクサス IS-F USE20

走行距離 101400km

 

s-IMG_0106

 

 

オイルパンを脱着洗浄してから

ATF圧送式交換を行います。

 

使用するATFはプレ洗浄のNC-RF、

本命ATFにNC-65。

 

 

s-IMG_0058 s-IMG_0062 s-IMG_0063

s-IMG_0087 s-IMG_0101

 

 

 

ここまでキレイになれば

次回交換推奨時期は約6万キロになります。

 

 

 

s-IMG_0108 s-IMG_0109

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越しいただきありがとうございます。

 

 

今回登場した車両のフルードレベル調整は

温度管理式になります。

 

 

フルード油温をモニタリングしながら

車種指定の規定油温範囲内でフルードの量を調整します。

(フルード量は多すぎ、少なすぎもNGです。)

(膨張率も大きいので10℃違うと量も変わります。)

 

 

 

この作業自体は年間百台以上の交換作業をしている弊社では、

あまり難しいものではありません。

 

 

問題は規定温度まで素早く冷却し、

確実に日帰りで納車出来るかに掛かっています。

(もちろん実作業はノーミスで手際よく。)

 

 

 

 

 

LS600hの規定フルード油温は30℃から40℃。

 

外気温40℃近い工場内室温で90℃以上あるフルード油温を、

上記範囲の温度まで冷やすのは結構大変!!

 

 

毎年この時期はいかに早く冷却するかがポイントなのですが、

これも何年も前から実績を重ねていますので

まったく問題なく行えるようになっています。

 

 

 

指定時間に入庫してもらい、納車時間をお知らせしています。

その間は代車&電車で大阪観光が出来るので

近畿圏外からの来店率が多いのはそんな理由もあるのでしょうか。

 

 

 

弊社目の前の阪和線JRもず駅から約30分で

大阪中心部のキタ・ミナミ・天王寺に到着しますよ~。

 

大阪観光のついでにどうぞお越しいただけると幸いです。

 

 

 

 

ATF交換のご予約・御見積はHP(お問い合わせフォーム)から

お待ちしていますね~。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

2018年7月26日

このページのトップへ