Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
レクサス RX450h リフレッシュプラン。 10年10万キロに一度はガッツリ整備でリフレッシュ。  | 日々是好日 byミナト自動車- securityfeed.info

  1. TOP
  2. ミナトBLOG

レクサス RX450h リフレッシュプラン。 10年10万キロに一度はガッツリ整備でリフレッシュ。 

愛知県からお越しいただいたのは、

レクサス RX450h GYL15

H21式 走行距離115700km

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

 

 

s-IMG_7076

 

 

メールからのご相談をいただき入庫してもらいました。

 

・大きな不具合は無いがまだしばらくは使用したい。

・新車時から比べて乗り心地が悪い。

問診時にお話をして整備の方向性を確認しました。

 

 

 

試運転をすると腰高なSUVに

劣化したサスペンションが相まって、

不安定な乗り心地が素直な感想。

 

高速走行での安定性も悪いと思います。

 

 

 

オーナーさんは問診後に家族と大阪観光をして、

一度お帰りになられました。

 

 

 

試運転後に事前アライメントを測定し、

各部を点検しますね。

 

 

 

s-IMG_4048 s-IMG_4049 s-IMG_4053 s-IMG_4050 s-IMG_4061 s-IMG_4062 s-IMG_4063 s-IMG_4064 s-IMG_4093 s-IMG_4088 s-IMG_4083 s-IMG_4089

 

点検結果から弊社が推奨する整備と、

ユーザーさんが希望する整備を合わせた整備プラン見積を制作。

 

 

メール・TELで整備内容をご説明させていただきました。

予算に収まる範囲だったのですぐにOKをいただき

早速作業を始めます。

 

 

s-IMG_4125

 

事前に発注していたサスペンション系から整備します。

 

周辺部品をイッキに分解しました。

 

 

s-IMG_4126 s-IMG_4127 s-IMG_4128 s-IMG_4129 s-IMG_4131 s-IMG_4132 s-IMG_4133 s-IMG_4145 s-IMG_4137 s-IMG_4135 s-IMG_4138

 

フロント&リア ショックアブソーバーや、

アッパーマウントやスプリングインシュレーターなどの

ゴム部品をサクサク交換しました。

 

 

そしてロアアームASSYとE/Gマウント3点も、

オール純正品で同時交換ですね。

 

 

 

 

s-IMG_4087 s-IMG_4150 s-IMG_4151

 

車検基準でも不合格になる

スタビライザーリンクロッドのブーツ破損。

 

 

このタイプのサス形状ではよく破損しているので、

Fr左右とも交換しました。

(リアは無事です)

 

 

s-IMG_4149 s-IMG_4152 s-IMG_4153 s-IMG_4155 s-IMG_4156

 

 

負荷の掛かるFrドライブシャフトのO/Hは、

IN・OUTブーツを外しシャフトを洗浄してから組み付けます。

 

中に充填していたグリスは劣化してトロトロに。

粘度が落ちて油膜が低下すると磨耗と異音が発生しますよ~。

 

 

 

また右シャフトの中間ベアリングも異音予防に交換しました。

 

 

s-IMG_4162 s-IMG_4159 s-IMG_4163 s-IMG_4165 s-IMG_4167 s-IMG_4168 s-IMG_4174 s-IMG_4175 s-IMG_4176 s-IMG_4177

 

 

 

 

フロントハブベアリングも圧入交換。

油圧プレスで入れ替えます。

 

 

またロアボールジョイントも同時交換しますよ~。

 

s-IMG_4182 s-IMG_4179 s-IMG_4181 s-IMG_4185 s-IMG_4293 s-IMG_4295

 

 

 

 

ブレーキキャリパーもO/Hして、

ディスクローターは研磨再生し耐熱塗装。

 

 

ブレーキパッドも前後交換しますね。

 

s-IMG_9489 s-IMG_9494 s-IMG_9517 s-IMG_9518 s-IMG_9524 s-IMG_9532 s-IMG_9503 s-IMG_9506 s-IMG_9544 s-IMG_9545 s-IMG_4213 s-IMG_4214 s-IMG_9557 s-IMG_9559 s-IMG_9564

 

 

 

 

スキャンツール(G-SCAN)を接続して、

ブレーキフルード交換とLLC圧送式交換。

 

 

 

HV車の場合はスキャンツールから強制的に信号を送り、

ブレーキ動かしてフルードを交換します。

またLLCも整備モードでエンジン始動させ全交換します。

 

HVインバーター用LLCは

再生剤を注入してリフレッシュしました。

 

 

 

s-IMG_4318 s-IMG_4312 s-IMG_4315 s-IMG_4316 s-IMG_4317 s-IMG_4319 s-IMG_4322 s-IMG_4324

 

 

 

・フロントCVTフルード交換

・リアHVモーターフルード交換

 

アイシンAFW+でキレイに入れ替えました。

 

s-IMG_4325 s-IMG_4326 s-IMG_4328

 

 

 

吸気系もリフレッシュ。

 

エアエレメントを交換し、

電子制御スロットルは清掃してから初期化します。

 

 

s-IMG_4094 s-IMG_4095 s-IMG_4238 s-IMG_4235 s-IMG_4236 s-IMG_4237

 

 

 

整備リフトからアライメントリフトに移動して。

各ブッシュボルトを1G締付。

 

 

そこから軽く試運転をしてサスペンションを馴染ませてから、

ホイールアライメントを測定・調整します。

 

 

 

s-IMG_4354 s-IMG_4357 s-IMG_4355 s-IMG_4374 s-IMG_4339 s-IMG_4340

 

 

 

ハンター社 ホイールアライメントテスターWA470

ビシャモン マルチアライメントリフト ロング

 

 

高精度&高性能アライメントテスターでの測定は、

リフトの水平レベルも高水準での確保しています。

(毎年公正テストを実施済み。)

 

 

 

サスペンションを組み付けただけなので、

そのままだと数値はバラバラですね。

 

ここからじっくり調整していきます。

 

 

 

s-IMG_4353

 

 

最後に試運転をしてリフトアップし最終チェック。

 

オイル漏れや締付確認。

アンダーカバーやE/Gカバーを装着。

 

 

ユーザー様にお連絡をして納車となります。

 

 

s-IMG_7052 s-IMG_7053 s-IMG_7055 s-IMG_7060 s-IMG_7071 s-IMG_7064 s-IMG_7065

 

 

 

 

作業中はデジカメで撮影し続けているので、

リフレッシュプラン時には平均150枚ぐらいは

画像を保存しています。

 

 

 

納車時にはその画像をお見せしながら、

整備内容を分かりやすく説明させていただいています。

 

 

また記録簿はもちろんですが

画像が必要な方にはお渡ししています。

 

 

s-IMG_0007

 

(リフレッシュプランはおいくらですか?)と、

よくメール問い合わせをいただきます。

 

過去の整備暦や使用環境によって

整備する箇所が大幅に変わりますし、

予算や今後の使用状況でも内容は変わります。

 

 

そこで予算を決める参考に過去に作業したブログと

その時の総額費用をメールに添付して返信しているので、

(○○年△△月の※※※のブログ整備はいくらですか?)と

聞いていただいた方が非常に助かります。

 

(それで整備ボリュームに対した費用が想像できると思いますので。)

 

 

 

 

結構、見積制作って想像以上に時間が掛かりますし、

実車を見ずの概算見積は経験上あまり意味がないですよ~。

 

正確な御見積は入庫してからの点検後にお伝えしていますので、

予約時にはザックリとした予算で良いかと思います。

どうぞご理解の程宜しくお願い致します。

 

 

 

2018年7月11日

このページのトップへ