1. TOP
  2. ミナトBLOG

レクサス LS460 USF40 定番故障整備をフルセット。  現在設備入れ替え工事中です。

大阪府堺市からお越しいただいたのは、

レクサス LS460 USF40

走行距離 80000km

 

 

 

 

LS460定番の故障修理

・FrエアサスASSY交換 & サスアーム交換

・エンジンマウント左右交換

・ブレーキパッド交換 & ディスクローター研磨

・ラジエターASSY交換 & LLC圧送式交換

などなどの整備を依頼されました。

 

 

今回で3回目のリピート来店になります。

 

s-IMG_1332

 

 

 

 

 

実はこのLS460は少し前にATF交換で入庫済み。

(また数年前にもセルシオのATF交換で作業しました。)

 

 

その時の作業内容は

・ATF完全圧送式交換 for NUTEC

・スパークプラグ交換

・デフオイル交換 for NUTEC

 

 

s-IMG_1347 s-IMG_1348 s-IMG_1378 s-IMG_1395 s-IMG_1401

 

 

 

納車時にロアアームのブッシュ破損と

エアサスのオイル漏れがあるのをお伝えしました。

 

 

 

 

s-IMG_1344 s-IMG_1345 s-IMG_1346 s-IMG_1336

 

 

 

弊社を何回もご利用いただいているので

LS460にはこんな定番修理がありますよ~とお伝えすると

(じゃあそれも後日に作業しましょう!)と再依頼。

 

 

 

 

s-IMG_7243

 

前金をいただいてから部品を発注し、

後日予約入庫となりました。

 

 

 

 

 

s-IMG_7232 s-IMG_7241 s-IMG_7242

 

 

まずは前後ブレーキから始めます。

 

純正ブレーキパッドはダストによるホイール汚れが酷いので、

DIXCEL ブレーキパッド Mタイプ に変更。

 

 

もちろんディスクローターも研磨し、

耐熱塗料(600℃)を塗装してリフレッシュ。

 

 

 

s-IMG_7287 s-IMG_7288 s-IMG_7289 s-IMG_2217 s-IMG_2218 s-IMG_2212 s-IMG_2214 s-IMG_2220 s-IMG_2221 s-IMG_2222

 

 

 

次はサブフレームを外してのエンジンマウント交換。

 

信号待ちのDレンジでV8らしからぬ微振動があれば、

マウントインシュレーターの寿命でしょう。

 

 

 

 

 

V8エンジンとサブフレームに挟まれたE/Gマウントは、

取付ボルトが長いので上下に大き目の隙間が無いと、

外すのは困難です。

 

 

LS460の場合はエアサスと同時交換なら、

サブフレーム側を外す方が早くて確実。

 

s-IMG_7244 s-IMG_7245

 

 

 

アッパー・ロアのFrサスペンションアームも交換しました。

 

しなやかなアームの動きの犠牲なのか?分かりませんが、

もれなく破損しているアームブッシュ。

 

 

アッパー2本 X左右

ロア 2本 X左右

8本のアームASSYを交換しますね。

 

s-IMG_7237 s-IMG_7254 s-IMG_7257 s-IMG_7271 s-IMG_7253 s-IMG_7268

 

 

 

 

 

メイン依頼のニューマチックシリンダーASSY(エアサス)は、

フロント左右を交換しました。

 

s-IMG_7263

 

 

前期型の対策前ラジエターが装着されていたので、

ラジエターASSY交換とスロットルボディ清掃。

 

 

 

対策前の純正ラジエターはアッパータンクの細いパイプが、

非常に細く熱劣化に弱い。

 

手で触るとポキッと折れるほど割れやすくなっているので、

対策済みの純正ラジエターに交換しました。

 

対策後はパイプ径が倍ほど太くなっていて、

部品価格も結構安価ですよ~。

(社外ラジエターは対策前のコピーが多いので、

LSの場合は純正品をオススメしています。)

 

 

 

 

LLC圧送式交換と

スロットルボディの清掃・初期化も行いました。

 

 

s-IMG_7272 s-IMG_7282 s-IMG_7283 s-IMG_7295 s-IMG_7299 s-IMG_7273 s-IMG_7276 s-IMG_7277

 

 

 

アライメントリフトに移動して、

アームのボルトナットを1G締め付け。

 

 

無駄なブッシュテンションを開放してから再締付。

 

軽く試運転をして車高調整をしてもう一度1G締付、

そこからホイールアライメントを調整します。

 

 

 

 

s-IMG_7343

 

 

ハンター社 ホークアイWA470

最新式ホイールアライメントテスター

 

 

サブフレームを外しサスアームを交換して、

エアサスも交換すればアライメント数値はバラバラに。

 

 

s-IMG_7304

 

 

 

エアサスの場合は時々エンジンを掛けつつ調整するので、

常に数値が動いています。

 

完全な左右差を無くすのは難しいですが、

なるべく左右差がなくなるように調整しました。

 

s-IMG_7334 s-IMG_7332 s-IMG_7341 s-IMG_7303

 

 

最後にVGRSの初期化をして納車となりました。

 

 

 

LS460のニューマチックシリンダーは1本約10万円。

アームASSY1本は約2万円。

 

1つ1つの部品価格が高額なので、

現在ロアアーム・アッパーアームのブッシュを、

アメリカから輸入中です。

 

あっちは社外部品天国ですから試しにオーダーしてみました。

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越しいただきありがとうございます。

 

 

現在設備工事中のため全作業はストップ。

地震の影響もなく順調に作業は進んでいるので、

今月中にはある程度の形になると思います。

 

 

s-IMG_4011 s-IMG_4010 s-IMG_4017

 

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

2018年6月25日

финансовый леверидж это

пассивный доход варианты

Частная клиника Германия

このページのトップへ