1. TOP
  2. ミナトBLOG

VOXY ボクシー  CVTフルード交換  

車検整備でのCVTフルード(CVTF)交換です。
75000km走行した60系VOXY  (トヨタ ノアの兄弟車)
過去に一度も交換暦は無いですが
特に異常もありません。
s-RIMG2181.jpg
このVOXYに搭載されているCVTは
フルードレベルゲージが無くて
オイルの事前確認が出来ませんよ。
     (ヒミツの部分を開ければできますが。)
そこでオイルパンの脱着洗浄して
確認作業も同時に行いますね。
s-RIMG2174 - コピー (2)
s-RIMG2176.jpg
s-RIMG2178 - コピー
オイルパンの底にスラッジが沈殿していないですね。
鉄粉回収用の磁石にすこし有る程度で
キレイな部類に入ります。
よく耳にするスラッジが
ヘドロのように1cmも積もっていたり      (すでに変速異常があります。)
水垢のようにペロッと剥がれて詰まる事はありませんよ。  (5cmx2以上のフィルターが有るため)
せいぜい3ミリも沈殿してあれば多い方でしょうか。
s-RIMG2180.jpg
オイルパンも取り付けて
抜いたCVTFも補充し
アイシンCFB で  圧送式交換をしますね。
当店ではCVT車でも
トルコン太郎で交換効率の高い
圧送式交換が出来るんですよ。
s-RIMG2186.jpg
s-RIMG2188.jpg
s-RIMG2190.jpg
s-RIMG2192.jpg
s-RIMG2195.jpg
s-RIMG2198.jpg 
15ℓ を交換して
これぐらいキレイになりました。
元のオイルの色が赤色で    (すでに真っ黒ですが。)
アイシンCFBが緑色と考えると
十分交換出来たでしょう。
s-RIMG2199.jpg
s-RIMG2201.jpg 
ここからレベル調整基準温度まで
CVTフルードを冷やして
調整し完了です。
CVT車の場合
もともと変速ショックが構造上無いし
レベルゲージでの色チェックも出来ないので
フルード劣化の判断は難しいですが
AT車以上に酷使されていますので
が鳴り出す前に
ぜひ定期交換をおススメします。

2012年12月1日

mandarin.org.ua

www.press-release.com.ua

このページのトップへ