1. TOP
  2. ミナトBLOG

ニッサン ステージアPMN35 リフレッシュプラン。 金沢から陸送プランで入庫しました~。

『もしその車両が私の愛車なら、

限られた予算の中でどこから整備するのか?』

 

 

こんなテーマを掲げながら

お客様のお車をリフレッシュする整備メニュー

(リフレッシュプラン)

 

 

今回のリフレッシュプラン依頼で富山県から運ばれてきた

ニッサン ステージア PNM35  走行距離119000km

 

 

 

s-IMG_2445

 

 

遠方のため弊社までの2往復が難しい場合は、

陸送プランもご用意しています。

 

 

提携陸送会社の最寄営業所までは

ユーザーさんにて搬入してもらい弊社までの陸送依頼。

 

 

今回は富山県在住の方なので

陸送会社の最寄営業所は金沢SC。

搬入後は大阪営業所経由の弊社届け。

 

 

今回は往復ともに陸送をご利用いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2440

 

もちろん今回始めての入庫ですから、

ユーザーさんとは面識ゼロ。

 

そこでこんな場合はお電話にて会話をさせていただき、

希望整備や車両の不満点・改善点をお聞きしています。

 

 

なるべく多くお話をして整備方針をお伝えし、

安心してお任せいただけるよう努めています。

 

 

(電話問診)みたいなものです。

 

 

s-IMG_2449 s-IMG_2448 s-IMG_2457

 

試運転をして事前アライメントを測定します。

 

 

数値的にはフロント トゥ以外は悪くはない。

ただ乗り心地は非常に悪い。

 

s-IMG_2450

 

 

試運転ではフロントからコトコトと結構な大きさの異音があり

コーナリングでフラつき揺れが収まらない。

 

 

 

この後に行うサスペンションのリフレッシュで

見違えるように改善するでしょうね。

 

 

 

s-IMG_2453

 

 

エンジン燃焼状態のチェックには、

排気ガステスターで確認します。

 

 

 

s-IMG_2462 s-IMG_2464

 

HCの数値が高く140ppm

臭いもチェックすると良く分かりますね。

 

 

 

s-IMG_2468 s-IMG_2469 s-IMG_2470 s-IMG_2473 s-IMG_2475 s-IMG_2476 s-IMG_2471 s-IMG_2489

 

スキャンツールを接続しライブデータを確認。

バッテリーアナライザーでバッテリー充電状態チェック。

 

 

リフトアップして下回りやエンジンなどと、

ブレーキキャリパーは外して各部点検。

 

 

ここまで調べて整備プランが制作できます。

(よくある無料点検とは全く違う内容でしょう。)

 

 

 

 

車両状態と整備プラン内容をユーザーさんに説明して、

予算に合わせた内容にまとめます。(協議)

 

整備プランが決まれば

事前入荷した部品以外の部品を発注します。

 

 

 

 

それでは作業内容を順番に紹介しますね。

 

 

s-IMG_2503

 

フロント足回りはバラバラに。

 

ここまで分解すればボールジョイント部のガタは

判定しやすいですね。

 

 

 

 

s-IMG_2490 s-IMG_2492 s-IMG_2493 s-IMG_2497

 

まずはブレーキから。

 

右リアキャリパーは数年前に固着したそうで修理済み。

 

 

今回4輪とも分解すると右リア以外の3個も

錆が進行していました。

(完全固着の一歩手前ですかね。)

 

 

s-IMG_2499 s-IMG_2502

 

そのうち1個は再利用不能。

他の2個はまだ何とかなるレベルですが、

今回は3個全てキャリパーピストンを新品交換します。

 

 

(右リアのピストンのみ再利用は可能でした。)

 

 

s-IMG_2509

 

キャリパーとダストブーツの縁が錆腐食が少し有り、

軽くブラストして耐熱塗装。

 

 

キャリパーシリンダーのダストブーツ溝のみ塗装し、

内側はグリスとフルードがあるので未塗装です。

(シリンダー内は塗っちゃダメですから)

 

 

s-IMG_2772 s-IMG_2775

 

 

キャリパーシールを装着し

新調したピストンを挿入しダストブーツ装着。

 

ピストンを出し入れしてブーツの装着具合と

ピストンの動きを確認します。

 

 

 

 

 

s-IMG_2761 s-IMG_2763

 

錆で再利用不可のブレーキパッドのバックシム。

 

新品に交換してWAKO’S BPRグリスを塗りました。

(耐熱・耐水・耐久グリスがパッド共振を防ぎ持続します。)

 

 

 

 

 

s-IMG_2764 s-IMG_2766 s-IMG_2767 s-IMG_2765 s-IMG_2768 s-IMG_2777

 

キャリパーのスライドピンの穴はやや錆気味。

 

ホーニングブラシでキレイにし、

グリスとダストブーツを交換しました。

 

ホルダー部のシムも新調すれば完璧ですね。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2521 s-IMG_2530 s-IMG_2532 s-IMG_2865

 

ディスクローターも研磨にて再生。

 

 

荒れたローター面を整えて、

ブレーキタッチを回復させました。

 

これでコントロールしやすくフィーリングの良い、

安全なブレーキになりましたね。

 

 

もちろんパーキングブレーキも調整しています。

 

 

s-IMG_2512 s-IMG_2513

 

ショックアブソーバーは純正品のオーテックモデル。

 

PNM35専用のアブソーバーを新調します。

 

 

 

s-IMG_2516 s-IMG_2518 s-IMG_2520

 

フロント ショックアブソーバー交換

マウント・バンプ・ダストブーツ等も同時に交換します。

 

 

 

s-IMG_2590 s-IMG_2589 s-IMG_2591

 

リアショックアブソーバーもオーテック。

 

ブッシュやスプリングゴムシートも交換しました。

 

 

 

s-IMG_2860

s-IMG_2506 s-IMG_2507

 

ロアアームNO,2は左右交換。

 

劣化したブッシュやボールジョイントをASSYで交換しました。

 

s-IMG_2863 s-IMG_2864

 

タイロッドエンドやナックル部のジョイントは、

ブリスを入れ替えてダストブーツは社外品で交換。

 

 

メーカーの純正ダストブーツ単体、

もしくB/J単位で部品供給は無し。

 

 

車検に不合格になる為

ダストブーツは社外汎用品で対応しました。

 

 

 

社外汎用ブーツを使わなければ、

ナックルASSY交換で部品代が数万円。

(ダストブーツぐらいは純正供給してほしいですよね。)

(社外ブーツは1個数百円ですし)

 

 

 

 

s-IMG_2481 s-IMG_2483 s-IMG_2859

 

試運転時のコトコト音の原因は、

ロアアームNO,1 スタビリンクロッドのボールジョイント。

 

 

組み付けた状態では分からないですが、

外してみるとガタが大きい。

 

こちらも交換しました。

 

 

 

s-IMG_2854 s-IMG_2856 s-IMG_3000

s-IMG_2873 s-IMG_2874

 

サスペンションがバラバラな状態なら、

サブフレームを降ろしてのE/Gマウント交換はオススメ。

 

 

 

非常に狭くナットが回せないのですが、

工具を駆使して何とか交換しました。

 

 

ATマウントインシュレーターは

簡単に交換出来ました。

 

 

 

s-IMG_2682 s-IMG_2683

 

FRベースの4WDでFrドライブシャフトの負荷は少ないですが、

今回はFrのみオーバーホールをします。

 

(FF車2WDの負荷に比べてですが・・・。)

(4WDのリアはまず大丈夫でしょう。)

 

 

s-IMG_2751 s-IMG_2753 s-IMG_2754 s-IMG_2755 s-IMG_2759 s-IMG_2760

 

耐久性の高い純正ブーツ&グリスKITでリフレッシュ。

 

 

ここまですれば今後10万キロは

Frドライブシャフトの心配はなくなるでしょうね。

 

 

s-IMG_2696 s-IMG_2691 s-IMG_2686 s-IMG_2689

 

排気ガスの数値が悪いのは、

スパークプラグの劣化でしょう。

 

 

イリジウムプラグの電極が磨耗しギャップ拡大は

良い状態ではないですね。

 

 

 

NGK 長寿命&高性能プラグ (RXプラグ)

こちらで6本交換しました。

 

 

s-IMG_2697 s-IMG_2996

 

おそらく一度も清掃した事が無いだろう。

かなり汚れていた電子制御スロットルボディ。

 

 

 

専用クリーナーで清掃し、

スキャンツールから初期化(急速TAS)を実行しました。

 

これでアイドリングも安定し、

燃費にも貢献してくれるでしょう。

 

 

 

 

 

s-IMG_2871 s-IMG_2869 s-IMG_2868

 

 

フロント/リアデフオイルは

ガルフ プロガード 75W90

 

 

s-IMG_3002 s-IMG_3003

 

粘度の低いトランスファオイルには

アイシンAFW+を使用しました。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3051s-IMG_3050 s-IMG_3049 s-IMG_3052 s-IMG_3053 s-IMG_3054

 

エアコン冷媒ガス量は40gほど少なかっただけなので、

漏れも無く優秀ですね。

 

重量管理でリチャージし、

NUTEC NC-200も同時注入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2998 s-IMG_3001

 

 

全てを組み立ててから、

アライメントリフトに移動。

 

1G締め付けをしてブッシュの無駄なテンションを開放し、

ボルト・ナットをマシ締めします。

 

 

そこから軽く試運転をして、

ホイールアライメントを調整しますね。

 

 

s-IMG_3021 s-IMG_3029 s-IMG_3033 s-IMG_3022 s-IMG_3028

 

 

組み立てたスグの状態はバラバラな数値ですが、

ハンター社ホークアイWA470で測定しながら

各アライメント数値を調整します。

 

 

 

クレイドル調整でSAIやFrキャンバー・キャスターを整えて、

リアはキャンバー/トゥを微調整。

 

最後にステアリングセンターとFrトゥを調整します。

 

 

s-IMG_3042

 

 

出来るだけ左右差を少なくし、

直進安定性重視で調整しました。

 

 

最後に試運転をするとコトコト異音は消え去り、

かなり走りやすいステージアになりましたね~。

 

 

 

ユーザーさんに報告し陸送手配で納車をします。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3055

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越しいただきありがとうございます。

 

 

http://securityfeed.info/blog/?p=17765

6月中旬から始まる設備工事のため、

予約スケジュールは非常に混雑しております。

 

予約が確保しずらい状態ですがご理解の程宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

それとリフレッシュプランの整備の中で、

サスペンション整備をメインに希望される場合は、

前金を頂いて部品を事前に入荷するようしています。

 

 

 

今回のステージアのオーテックショックは

リア右のみがメーカー在庫無しで納期は1ヶ月強の予定でした。

 

ステージアのメール相談されたのが3月中旬。

車両入庫日が4月末でショック入荷が4月25日。

 

サスペンション系は全部品が揃わないと、

作業が進まないのでご協力をお願いしています。

 

 

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

2018年5月13日

source steroid-pharm.com

vanco.com.ua

www.vanco.com.ua/ofisnaia-kanceliariia

このページのトップへ