1. TOP
  2. ミナトBLOG

燃費向上とアイドリング制御  E51エルグランド V6エンジン

s-RIMG1802.jpg
前回ブログでATF交換した
E51 エルグランド V6 74000km

同時に車両整備も承りました。
お話を伺うと
スパークプラグ全数交換と
 エンジンの回転数が基準値よりも高いような
 気がするので調整をしてほしい。』という内容。
最近の車両は回転数などを
すべてECU(エンジンコントロールユニット)で
管理されているので手動調整は出来ない構造です。
大幅に基準値から外れている場合
何か原因が有ると思われるので
スパークプラグ交換と一緒に見ていきますね。
s-RIMG1803.jpg
s-RIMG1805.jpg
エルグランドのV6エンジン
奥の方に配置されており
特に5番と6番のプラグ交換は少し窮屈です。
s-RIMG1837.jpg
外れたスパークプラグと
今回装着する高性能NGK プレミアムRXプラグ
比べるとこんな感じです。
s-RIMG1811.jpg
プラグギャップが開き
燃焼状態も あまり良くない色をしていますね。
(良好だともうすこし白く焼けています。)
装着予定のプレミアムRXプラグは
NGK史上最強の新スパークプラグ
期待が持てそうですね。

s-RIMG1807.jpg
s-RIMG1809.jpg 
左バンクのプラグ交換では
スロットルボディが邪魔になるので外します。
s-RIMG1838.jpg 
回転数が高いのは
スロットルボディにカーボン
蓄積しているのが原因でしょう。
距離から考えると十分蓄積してるはず。
新車設計時の空気量から の
学習制御が出来ていないので
清掃してリセットしますね。
s-RIMG1830.jpg
s-RIMG1827_20121117164428.jpg
s-RIMG1825_20121117164428.jpg
s-RIMG1834.jpg 
バルブの隙間
カーボンで詰まっていたのが
よく分かりますね。
すべてのプラグ交換と
スロットルボディ清掃を終えて
エンジンを掛けると
回転数が3千回転あたりでハンチング
s-RIMG1841.jpg
そのまま暖気を済ませて
診断機で(急速TAS学習)をします。
すると回転数は700回転で安定しました。
s-RIMG1842.jpg
s-RIMG1843.jpg
整備前から比較すると
Pレンジで 1000r/min → 700r/min

Dレンジで  780r/min → 620r/min

に落ち着きました。
これでアイドリング時の燃費も良くなり
加速時もプレミアムRXとNUTEC ZZ51改
で見違えるようになると思いますよ。

2012年11月16日

www.baden-medservice.com/

cfax.jp

baden-medservice.com/urologija-v-germanii/lechenie-prostatita-v-germanii/

このページのトップへ