1. TOP
  2. ミナトBLOG

マツダ CX-5 SKY-D2.2の煤除去作業。 微妙に煤蓄積個所は変わります。 車種特有の持病はね・・・。

前回ブログに引き続き、

今回もマツダSKY-D2.2のDSC作業ブログです。

 

 

アテンザ・CX-5・アクセラのSKY-Dは、

頻繁に入庫しているので珍しくないのですが・・・。

 

 

 

煤の蓄積する量や箇所の違いが分かり易かったので、

連続でブログ投稿してみました。

 

 

 

s-IMG_1722

 

広島県からお越しいただきました。

マツダ CX-5 KE2AW

H25年 10月    走行距離108600km

 

 

・ATF圧送式交換 (for NUTEC ATF)

・DSC(ドライアイスショットカーボンクリーニング)

 

大阪観光の間にお車をお預かりし作業を行いました。

 

 

 

問診をしてから試運転をし、

まずはATF交換から始めますね。

 

 

 

s-IMG_1676

 

SKY-Dr6速ATは外部ホースが無い密封式AT。

( 通常の圧送式交換は構造上出来ません。)

 

 

しかし弊社オリジナルのアダプターを接続すれば、

交換効率の高い圧送式のATF交換が可能になります。

 

 

10万キロ無交換であればそれなりに汚れていますので、

まずは(NUTEC NC-RF)でプレ洗浄を実施します。

 

s-IMG_1695

 

 

ATF交換を年間数百台ほど実施しているミナト自動車が、

NUTECさんに頼んで製作していただいたのが、

NUTEC ニューテック (リンシング フルード NC-RF仮名)

 

 

 

本命ATFのNUTEC(NC-65・ZZ51改)を使用する前には、

このNC-RFでプレ洗浄しAT内部をクリーンにします。

 

 

s-IMG_1680 s-IMG_1684 s-IMG_1686 s-IMG_1688 s-IMG_1690 s-IMG_1692 s-IMG_1694

 

 

全化学合成基油(エステル系)NUTEC ATFへの

親和性を重視した成分配合。

 

 

長年培ったニューテック ルブテクノロジーから、

ベストなRINSING Fluidが誕生しました。

http://securityfeed.info/blog/?p=17434

 

 

 

(NC-RFは今のところ弊社のみの取り扱い品となっています。)

(またしばらくの間はアイシンフルードと同額で提供しています。)

 

 

 

s-IMG_1699

 

 

NC-RFでプレ洗浄したあとは、

本命ATFでもう一度圧送式交換。

 

 

 

 

NUTEC史上最高峰ATF 『NC-65』

極薄で強靭な油膜性能は

ローフリクション・ハイパフォーマンス。

 

 

ベースオイルから極圧性・耐熱性の強化し、

ストリート走行レベルではなかなか劣化しないと思います。

 

 

お値段は高額ですが結果的には長持ちするので、

ロングライフで経済的でしょう。

 

 

 

s-IMG_1702

 

 

5つのフィルターとデュアルポンプ内蔵の

ATFチャンジャー(トルコン太郎)にセットして、

もう一度圧送式で全量交換しますね。

 

 

 

s-IMG_1704 s-IMG_1707 s-IMG_1709 s-IMG_1711 s-IMG_1716 s-IMG_1717 s-IMG_1719

 

 

キレイに入れ替わりましたね~。

規定温度でレベル調整もしました。

 

 

スムーズなシフトフィーリングをお楽しみください。

(また高負荷を掛ける程、このATFの真価が発揮されます~。)

 

 

 

 

続きましてはDSC。

E/Gインテーク系に蓄積する煤を除去しますね。

 

 

 

s-IMG_1596 s-IMG_1599 s-IMG_1600

 

いろいろな部品を外さないと

INマニホールドまでは辿りつきません。

 

 

ですが経験した実績でサクサクッと手早く、

インテークマニホールドをエンジンから外しました。

 

 

 

s-IMG_1601 s-IMG_1602 s-IMG_1603 s-IMG_1606

 

 

吸気シャッターバルブとINマニホールドとの蓄積は、

やや少ない方ですね。 (30%ぐらいの詰まりかな?)

 

 

 

 

s-IMG_1607 s-IMG_1609 s-IMG_1611 s-IMG_1614

 

逆にINマニホールドの出口には8個の穴がありますが、

ここには10mmほどの蓄積で経路が狭くなっています。

 

 

 

 

s-IMG_1617 s-IMG_1618

 

エンジン側の8個穴の吸気ポートも煤蓄積。

 

 

拡大して見てみましょうか。

 

s-IMG_1619 s-IMG_1621 s-IMG_1622 s-IMG_1623 s-IMG_1624 s-IMG_1627 s-IMG_1628

 

 

入り口に煤が蓄積しているので、

なかなかカメラのピントが合いませんね~。

 

 

奥に見えるインテークバルブのシャフトには、

大量の煤が固着しています。

 

s-IMG_1629 s-IMG_1632 s-IMG_1634 s-IMG_1635 kkkk

 

 

ドライアイス洗浄機に3mmドライアイスペレットを投入し、

圧縮空気で高速噴射。

 

 

(昇華爆発力と熱収縮)

 

ドライアイスの特性を利用した画期的な洗浄方法。

エンジンにノーダメージで短時間で完璧に除去します。

 

 

s-IMG_1636 s-IMG_1637 s-IMG_1638

 

軽くワンショットすれば、

ペレットが直撃した部分だけキレイになりましたね。

 

やっと光が届きカメラのピントが合いました。

 

 

 

 

 

さらにショットをすると・・・。

s-IMG_1643

 

 

やっとバルブシャフトが見えましたね。

 

数種類あるDSC特注ノズルとアダプターを組み合わせて、

ポート内とバルブをキレイにします。

 

 

 

s-IMG_1656 s-IMG_1657 s-IMG_1658

 

 

圧縮上死点にセットして1気筒ずつ洗浄し、

クランクを回して順番に作業しました。

 

バルブ傘部やシャフト裏までキレイに除去しています。

 

 

 

s-IMG_1655 s-IMG_1659 s-IMG_1660

 

 

 

 

 

 

大量に蓄積したインテークマニホールドもDSCで洗浄。

 

 

ケミカル系はNGの電子制御EGRバルブも、

DSCなら簡単にキレイになりました。

 

 

s-IMG_1646 s-IMG_1647 s-IMG_1649 s-IMG_1650 s-IMG_1651 s-IMG_1652 s-IMG_1653 s-IMG_1654

s-IMG_1665

 

 

 

純正ガスケットで元の状態に組み付けますね。

 

 

 

 

s-IMG_1673 s-IMG_1674

 

オプション整備のインタークーラー洗浄。

内部に溜まったブローバイオイルを排出しました。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_1667 s-IMG_1672

 

吸気圧センサーも掃除して、

LLCを注入しラジエターキャップも点検、

エンジン暖機でLLCのエア抜き作業。

 

 

各学習値を初期化して燃料噴射補正を再学習し、

冷却ラインの漏れと圧力チェックが終われば完成です。

 

 

 

 

 

s-IMG_1721

 

 

http://securityfeed.info/blog/?p=17483

前回作業した東京からのアテンザとは、

煤の蓄積している箇所が違いますね。

 

あちらのアテンザはINマニホールドの入り口周辺。

こちらのCX-5はエンジンとINマニホールド出口周辺。

 

 

同じSKY-D2.2ですが乗り方や使用環境によって、

蓄積する箇所が変わる事が判明しています。

 

酷い場合は両方の箇所に蓄積しており、

その場合はかなりパフォーマンスは低下しているでしょう。

 

 

 

s-DSC マツダDSC-1

 

 

 

弊社がオススメしている(ATF交換とDSC)

 

 

自動車は消耗品の移動道具で、

前を向いて走るならメンテナンスにはお金を掛けたくない。

 

そう思われる方にはATF圧送式交換もDSCも

必要な整備ではないと思います。

 

その方にとってはきっと過剰整備に映るでしょう。

 

 

 

 

 

 

ですが自分の愛車は出来るだけ良いコンディションで、

快適に使用したいと思われる方には、

これも必要な予防整備とお伝えしています。

 

 

 

 

昔から車種特有の持病と言うのは存在しますし

マツダSKY-D2.2だけの事ではないですから。

 

その持病すらも受け入れるようになれば、

あなたはすっかりその車に魅了されているのだと思いますよ。

 

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

2018年4月3日

免許合宿 格安

swiss-apo.net

cons.parus.ua

このページのトップへ