1. TOP
  2. ミナトBLOG

LS460 定番故障のエアサスオイル漏れ&ブッシュ破損。  E/Gマウントとブレーキも一緒に整備しました~。

s-IMG_0063

 

大阪市からお越しいただいたのは、

レクサス LS460 USF40

走行距離 88000km

 

 

 

LS460定番のフロントサスペンション故障箇所

・エアサス一式交換

・ロアアーム交換

・アッパーアーム交換

 

それに加えてエンジンマウントも同時交換し、

ブレーキパッド交換やディスクローター研磨も行います。

 

 

s-IMG_0064 s-IMG_0067 s-IMG_0069 s-IMG_0074 s-IMG_0080s-IMG_0090

 

 

 

 

 

特に酷いロアアームのブッシュは破断し、

アームを固定出来ていない状態です。

 

s-IMG_0118 s-IMG_0119

 

 

 

 

 

ここからオイル漏れを起こしている

エアサス(ニューマチックシリンダーASSY)を外します。

 

s-IMG_0093

 

 

ここまで分解するとあともう少しで

インシュレーター(エンジンマウント)が外れるので、

エンジンを支えながらサブフレームを降ろしましょう。

 

 

巨大なV8エンジンが落ちないように慎重に作業をしますね。

 

 

 

 

s-IMG_0104 s-IMG_0105 s-IMG_0106

 

液封入式インシュレーターが劣化すると

V8エンジンは振動もハンドルやボディに伝わります。

 

LS460らしからぬ不快な振動なので、

交換すれば静かになり快適ですよ~。

 

 

 

 

 

s-IMG_0111

s-IMG_0120 s-IMG_0121

 

アッパーアームNO,1 NO,2も交換します。

 

ブッシュが破損してプラプラ状態では、

乗り心地や走行安定性が低下しますよね。

 

 

 

s-IMG_0113

 

左が旧式アッパーアームブッシュ

右が対策済みアームブッシュ

 

 

形状が変更されていますね。

 

 

s-IMG_0096 s-IMG_0097 s-IMG_0100 s-IMG_0122 s-IMG_0126

 

ブレーキパッドは純正よりダストが少ない、

DIXCEL EC ブレーキパッドで交換。

 

ディスクローターは限度厚を測りながら、

研磨作業にて再生しました。

 

 

 

s-IMG_0091 s-IMG_0116

 

ブレーキパッド以外はオール純正品で交換しました。

 

 

 

 

入庫してからの発注だと欠品バックオーダーで、

納期がかなり伸びてしまいます。

 

前金制になりますが今回も部品は事前発注して、

納期を短縮しました。

 

 

 

 

s-IMG_0128 s-IMG_0129 s-IMG_0130 s-IMG_0131

 

アライメントリフトに移動して1G締付。

そこから軽く試運転をして馴染ませますね。

 

 

 

 

ハンター ホークアイWA470 ホイールアライメントテスター

 

まだ組み付けただけなのでキャスターや前後トゥ、

スラスト角等が大きく乱れていますね。

 

 

 

サブフレームやサスペンション系部品を外した後は、

ホイールアライメントを調整します。

 

サブフレームを移動させるクレドル調整などを実施し、

バラバラだった数値を出来るだけ左右差を少なく微調整。

 

ローダウンも考慮しながら、

直進安定性重視で調整しました。

 

 

 

 

USF40 LS460のフロントサスペンションは

結構ブッシュがダメな車両が多いです。

 

キチッと整備してあげると快適なLSに戻るのですが、

部品代金が異常に高額なのでコレが難点ですね。

 

なんとまぁ~お金の掛かる車ですなぁ~。

 

 

 

それではHAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月4日

stand strollers

xfinity movies on demand

best prime movies

このページのトップへ