1. TOP
  2. ミナトBLOG

京都府からウィッシュ ANE10 リフレッシュプラン。  17万キロからのサスペンション・ブレーキ整備。

s-IMG_0006

 

京都府からお越し頂きました。

トヨタ ウィッシュ ANE10

走行距離17万キロ

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

 

 

 

実は今回の入庫の数ヶ月前に

CVTF圧送式交換を作業させて頂きました。

http://securityfeed.info/blog/?p=16416

 

 

 

その時の会話の中でリフレッシュプランの質問があり、

車両メンテナンスについてお話させて頂きました。

 

 

 

 

納車数週間後にお連絡があり、

走行距離と今後の使用状況などを考慮して、

リフレッシュプランを依頼されました。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

s-IMG_2589 s-IMG_2590

 

今回のメイン整備はサスペンションを含めた

足回り系・ブレーキ系のリフレッシュ。

 

 

 

その作業前にホイールアライメントを事前測定。

 

 

一見ムダに見えますが弊社では、

ビフォーアフターは結構重要視しています。

 

 

またこの数値を参考に

整備プランが変わる時もあるのですよ。

 

 

s-IMG_2591 s-IMG_2592

 

基本的にはフロント トゥ以外はまだ許容数値かな。

 

 

17万キロ走行してこの数値なら、

大切に乗られているのがよく分かります。

 

 

 

 

 

s-IMG_2593 s-IMG_2596

 

 

CO・HCはゼロがベストですが、

トヨタ直噴D-4エンジン(1AZ-FSE)なら

そこまで悪い数値はないでしょう。

 

 

燃焼系を完璧にするなら下記ブログのアイシスのように、

エンジンを下ろしてDSCが必要ですからね。

 http://securityfeed.info/blog/?p=13484

 

 

直噴エンジンはどうしてもインテーク系に

カーボンが蓄積するのです。

 

 

 

s-IMG_2597 s-IMG_2602 s-IMG_2603 s-IMG_2604 s-IMG_2606 s-IMG_2609 s-IMG_2613 s-IMG_2618

 

 

各部を点検し整備プランを制作。

 

オーナーさんにプラン内容と御見積を提示して、

予算に収まるように相談しながら微修正します。

 

 

 

OKが頂けましたので作業を始めますね。

 

 

s-IMG_2624 s-IMG_2627

 

 

 

まずはフロントです。

 

ショックアブソーバーを外して、

ハブ&ナックルASSYも外します。

 

 

 

ハブを単体にしてハブを手で回し、

ベアリングの回り具合を点検すると、

手応えが非常に軽い・・・。

 

 

 

 

ガタはありませんが走行距離も考慮すると

ハブベアリングも交換する事になりました。

 

 

 

s-IMG_3948 s-IMG_3949 s-IMG_3957 s-IMG_3958 s-IMG_3964

 

 

ボールジョイントも交換して、

ロアアームASSYも交換します。

 

 

基本的にトヨタはブッシュ単体の部品供給は少なく、

ロアアームなどはASSY交換が多いですね。

 

 

s-IMG_2629 s-IMG_2630

 

 

ゴムブッシュが劣化し硬化すると、

本来のしなやかさが無くなりますからね。

 

 

 

s-IMG_3969 s-IMG_2655

 

 

ショックアブソーバーはスプリング以外は全交換。

 

オール純正品を使用しました。

 

 

s-IMG_2632 s-IMG_2633

 

 

 

ブレーキディスクローターも

研磨にて再生します。

 

 

これぐらいの磨耗なら2回軽く研磨すれば、

厚みも十分残りキレイに仕上がります。

 

 

s-IMG_2637 s-IMG_2638 s-IMG_2640 s-IMG_2641 s-IMG_2642

 

 

 

ブレーキパッドは少し前に地元で交換し、

まだ距離が浅い。

 

 

残量も十分ありますので、

こちらもペーパー研磨とグリスアップで対応。

 

 

 

s-IMG_2663 s-IMG_2665 s-IMG_2666 s-IMG_2668 s-IMG_2669

 

 

s-IMG_2643 s-IMG_2644 s-IMG_2692 s-IMG_2690 s-IMG_2691

 

 

ブレーキキャリパーとブラケットも洗浄して、

シール・ダストブーツも交換しました。

 

 

s-IMG_2662

 

 

 

 

 

 

リア側は定番のアクスルビーム ブッシュ交換。

車体からアクスルビームを外します。

 

 

 

このブッシュは単体供給してくれるのですが、

交換できる整備工場自体が少ないと聞いています。

 

ディーラーさんでも断られるそうですね。

 

 

 

s-IMG_2649 s-IMG_2651 s-IMG_2652

 

 

ブッシュをSSTでビームから外し、

別のSSTで圧入します。

 

 

ブッシュの位置決めもありますので、

慎重に交換しました。

 

 

 

s-IMG_2671s-IMG_2672

 

 

リア ショックアブソーバーと各消耗品も同時交換。

 

 

 

s-IMG_2677 s-IMG_2686 s-IMG_2687 s-IMG_2688

 

リアキャリパーも同様にオーバーホールしますね。

 

ディスクローターは研磨にて再生。

ブレーキパッドも同様に。

 

s-IMG_3981 s-IMG_3983

s-IMG_2696 s-IMG_2697 s-IMG_2698 s-IMG_2699

 

 

スタビライザーブッシュも交換して

サスペンション系部品を組み立てれば、

ブレーキフルードを交換します。

 

 

 

 

 

s-IMG_2824

 

エンジンマウント・インシュレーターは、

エンジンに近い右側のみ交換します。

 

 

液封入式マウントは見た目では良否判定が出来ないので、

走行距離を目安に交換して下さい。

 

 

 

 

 

アライメントリフトに移動して、

ロアアーム等のボルトを1G締付。

 

ブッシュの不要なテンションを開放してあげます。

(これをしないとブッシュがすぐにダメになりますよ。)

 

 

 

少し試運転をしてから

ホイールアライメントを調整しますね。

 

 

s-IMG_2747 s-IMG_2749 s-IMG_2751

 

測定すれば各部品を外しているので、

当然ながらバラバラの数値になっています。

 

 

ここから数値を整えるよう調整していきました。

 

サブフレームを移動させるクレドル調整や、

アクスルビームを微調整しスラスト角調整。

 

 

ボルトとのガタが少なく、

思うように調整出来ないのですが、

そこはなんとか直進安定性重視で調整しました。

 

 

 

s-IMG_0003 s-IMG_0004 s-IMG_0005

 

調整後の数値をプリントアウトをして、

オーナーさんにお渡ししています。

 

もちろん記録簿も発行しています。

 

 

 

納車時には撮影した画像で作業内容を説明し、

必要な方には画像データもお渡しいていますよ~。

 

 

s-IMG_0007

 

 

本日はミナト自動車ブログ 日々是好日に、

お越し頂きありがとうございます。

 

 

 

リフレッシュプラン時には

平均150枚から250枚ぐらいは撮影していますね。

 

 

一人1台づつデジカメを所持しながら、整備作業を進行。

(ちなみに私は一眼とコンデジの2台体制です。)

 

 

 

銀塩フィルム時代はこんな枚数の撮影は、

費用が掛かり過ぎて無理ですが、

デジカメが身近になった今なら存分に活用してます。

 

 

 

 

 

 

リフレッシュプランのご相談は、

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしています。

 

何年何月のあの○○のブログは総額いくらですか?と、

聞いて頂ければお答え出来ますよ~。

(ぜひ予算設定の参考にしてくださいね。)

 

 

どうぞ宜しくお願い致します。

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月13日

www.steroid-pharm.com

iq คือ

http://cfax.jp

このページのトップへ