1. TOP
  2. ミナトBLOG

マツダ アテンザ ディーゼル煤除去作業。  壊れる前に、不具合が出る前にオススメしています。

s-IMG_2542

 

大阪府からの来店はマツダ アテンザ。

H25年式 GJ2FW

走行距離53800km  AT車

 

 

(弊社オリジナル整備メニュー)

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

のご依頼です。

 

 

 

s-IMG_2458

 

スカイアクティブ・ディーゼル2.2Dの煤蓄積は、

皆さんもうご存知だと思います。

 

 

事の発端はこのブログだと思いますが・・・。

http://securityfeed.info/blog/?cat=192

 

 

 

 

 

おかげ様で多くの依頼を頂いておりますが、

ほとんどの作業車両はブログアップが出来ていない・・。

 

 

 

依頼数が多いのでコレばかり記事にすると、

他の作業ブログが書けないのですね。スミマセン。

 

 

 

 

 

 

私的には構造上煤が溜まるので、

ある程度の走行距離になれば

DSCでリフレッシュ。

 

 

 

 

 

SKY-D2.2の場合の完全除去が出来る方法は、

今のところDSCのみだと思っています。

(O/H以外は)

 

 

 

 

s-IMG_2466 s-IMG_2470 s-IMG_2471

 

 

各部品やハーネスに埋もれているインテークマニホールドを

エンジンから外しました。

 

 

さらに吸気シャッターバルブも、

パカッと切り離しますね。

 

 

s-IMG_2473 s-IMG_2475

 

 

 

約半分ぐらいは吸気経路が塞がっていますね。

 

あきらかに吸気の流れが悪そうです。

 

 

s-IMG_2478 s-IMG_2479 s-IMG_2481

 

 

インテークマニホールドの出口には、

8つの穴が開いています。

 

 

ここにも煤が蓄積しますが、

この車両はまだマシな方でしょう。

 

 

酷い車両は半分ぐらい塞がっていますので。

 

 

 

s-IMG_2483

 

 

次はエンジンヘッド側の

吸気ポートをチェックします。

 

 

 

s-IMG_2484 s-IMG_2485 s-IMG_2486 s-IMG_2487 s-IMG_2488 s-IMG_2489 s-IMG_2490

 

 

 

SKY-2.2Dの煤蓄積パターンは3つ。

 

・インテークマニホールド入り口に溜まる。

・エンジンヘッド側のポートに溜まる。

・両方に溜まる。

 

 

道路環境やアクセルワーク・整備状況によって、

煤が蓄積する場所が変化する事が分かりました。

 

 

 

このアテンザはインマニ入り口に、

多く溜まるパターンですね。

 

 

s-IMG_2493 s-IMG_2495

 

 

車体に煤が付かないように、

完全防備のマスキング。

 

 

ドライアイス洗浄機に、

ドライアイス3mmペレットを投入し、

DSCを始めますね。

 

 

kkkk

 

指で潰せるほど柔らかいドライアイスペレットを、

圧縮空気で高速噴射。

 

 

 

一見、単純な機械装置に思えますが、

実は多くのノウハウは詰まった特殊洗浄機。

 

 

そもそも-79℃のドライアイスを

ゴムホースで圧送するだけで、

普通の耐寒ホースなら硬化し割れてしまいます。

 

 

 

また内部の部品は一部カーボン素材を使用しているので、

非常にコストが掛かっているそうですよ。

 

 

サンドブラスト等のブラスト機とは、

中身が全く違うのですね。

 

 

 

これ1台でちょっとした乗用車が

新車で買えてしまいます。

 

s-IMG_2496 s-IMG_2497 s-IMG_2498 s-IMG_2499

 

 

軽く数秒ショットすれば、

ペレットが直撃した箇所のみ

キレイになりましたね。

 

 

IMG_2499

 

 

それでもインテークバルブのシャフトには、

強固にカーボンが固着しています。

 

 

煤とオイルが混ざり、燃焼熱で硬化。

バルブ傘部にもカーボンがコビリ付いていますね。

 

 

この状態になると手作業での除去はほぼ不可能。

 

中途半端にカーボン片を残すと

バルブに挟まり圧縮不良になりますよ。

 

 

s-IMG_2512 s-IMG_2513 s-IMG_2514 s-IMG_2515 s-IMG_2518 s-IMG_2519

 

 

数種類ある特注DSCノズルを使い分けて、

ポート内径やバルブシャフト・傘部まで洗浄しました。

 

 

画像では見えない傘部やシャフト裏なども、

キレイに除去しています。

 

 

s-IMG_2520 s-IMG_2521

 

DSCする時には圧縮上死点に合わせて、

1気筒ずつショットします。

 

 

バルブ全閉にして作業しないと、

燃焼室に煤が入りますから慎重に。

 

 

s-IMG_2503 s-IMG_2504 s-IMG_2505 s-IMG_2507

 

 

インテークマニホールドや吸気シャッターバルブも、

DSCで完全洗浄。

 

 

 

 

IMG_2504

 

 

電子制御シャッターバルブ等には

故障の原因になるケミカル剤は一切使えません。

 

 

 

DSCなら表面だけではなく、

プラスねじの溝などの細部までキレイに除去可能。

 

s-IMG_2501 s-IMG_2502 s-IMG_2475 s-IMG_2509s-IMG_2510s-IMG_2511

 

 

純正ガスケットを使用して、

元の状態に組み立てします。

 

 

 

s-IMG_2523 s-IMG_2526

 

 

オプション整備のインタークーラー洗浄。

 

 

ブローバイオイルが溜まりやすいインタークーラーは

洗浄液を投入して内部を洗い流しました。

 

 

オイルキャッチタンクを装着されていましたので、

オイル量は少なめでしたね。

 

 

 

s-IMG_2531

 

スーパーLLCが採用された影響でしょうか?

最近多いのが冷却水ラインの不純物固着。

 

 

 

昔は定期的に排出し交換していたLLCは、

ロングライフ化により未交換がメーカー推奨。

 

 

 

ですが現場で整備をしていると、

結構不純物が多いLLCをよく見かけます。

 

その不純物がラジエターキャップの

入り口に溜まり固着します。

 

 

s-IMG_2527

 

 

キャップのパッキンが凹んでしまい、

密着不良で内圧が維持できない。

 

 

ラジエターから漏れて外には出ないのですが、

キャップの弁が正常に気密しないと

オーバーヒートの原因になりますよ。

 

 

 

ラジアターキャップ不良も多いので

弊社でこの純正キャップは

常時在庫するようにしています。

 

 

 

s-IMG_2533 s-IMG_2534

 

 

DSCでは作業前にLLCを抜きますので、

最後にLLCを戻してエア抜きをします。

 

その後にキャップを閉めて

内圧が上がるのを必ず確認します。

 

 

 

するとSKY-DのDSC作業で入庫した3割は、

ラジエターキャップが悪い or 不純物の固着

がありますので清掃か交換をしています。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2535 s-IMG_2536 s-IMG_2537

 

エンジン暖機後に各学習値を初期化してから、

燃料噴射量の補正を再学習をし作業完了です。

 

 

 

 

納車時には撮影した画像をお見せしながら、

(ここまで蓄積した)のが(ここまでキレイになりました。)

と説明させて頂いています。

 

 

また整備アドバイスやSKY-Dの構造なども、

雑談程度でお話しています。

 

 

 

s-IMG_2543

 

 

SKY-D2.2へのDSCは、

基本的には一泊二日のお預かり。

 

 

どうしても日帰りで!!と依頼されれば、

入庫時間は早めて貰いますが対応可能です。

(日帰りでの対応は予約時にお知らせください。)

(当日の日帰り依頼は難しいです。)

 

 

 

 

 

 

s-スワール

 

空気の流れを整えて、

燃焼室の形状も最適化。

 

圧縮も落として高性能インジェクターを使い

煤・NOx両方を軽減したそうですが、

それはあくまでも新車時の話。

 

 

5万キロ・10万キロ走行し経年劣化したエンジンまで

初期性能を確保している訳ではないと思いますよ。

 

 

 

それを少しでも維持し または回復させるのが、

日頃のメンテナンスではないでしょうか。

 

 

数あるメンテナンスのひとつが

(DSC)だとお伝えしています。

 

 

s-IMG_2542

 

 

もともとガソリン直噴エンジンに蓄積するカーボンを

完全除去する為に産まれたDSC。

 http://securityfeed.info/dsc/

 

 

その応用でSKY-D2.2にも

DSCノズルを改良して対応出来ました。

 

 

 

 

ディーゼルエンジンは空気を吸ってナンボですから、

空気が吸いづらくなれば性能は発揮出来ないと思います。

 

 

自動車整備には清掃系の整備メニューは実に多い。

 

 

 

スロットルやブレーキ関係、

インジェクターや吸気ポート。

 

車種・搭載エンジンなどによって、

清掃箇所や方法は変わります。

 

 

ですがやっている事は基本同じで、

難易度が違うだけなのです。

 

 

 

 

電子制御カチガチの車両ほど、

清掃・洗浄系の整備は重要だと思っています。

 

 

DSCの御見積・ご予約は

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

2018年2月2日

купить подушки антистресс

www.shopvashtextil.com.ua/catalog/index/105-podushku/0/177

https://shopvashtextil.com.ua

このページのトップへ