1. TOP
  2. ミナトBLOG

デリカ D-5 CVTフルード交換   圧送式でトルコン太郎

兵庫県 神戸市からお越しの
デリカ D-5 25000km  
CV5W  CVT

車検整備とCVTフルードで
メールを頂きました。
重量級ミニバンで4WD
坂道の多い神戸市内ですと
CVTフルードへの負担は大きいですね~。
s-RIMG1076.jpg
今回使用するのは
WAKO’S ハイパーS

CVT車にも対応している
ハイグレードAT&CVTフルードです。
純正オイルより高性能
お値段もそんなに変わらないので お得ですよ。
フルードのチェックと
試運転を済ませてから
トルコン太郎
9ℓ  を  圧送式交換をしますね。
(上抜きの循環式ではなく、完全な圧送式ですよ~。)
s-RIMG1134.jpg
s-RIMG1135.jpg
s-RIMG1141.jpg
s-RIMG1144.jpg
s-RIMG1146_20121017190912.jpg
s-RIMG1151.jpg
s-RIMG1155.jpg
8.5ℓで完璧に交換出来ました。
早い段階で定期的な交換をしていれば
少ないフルード使用量で交換可能です。
フルード交換能力の高い
高性能ATFチェンジャー トルコン太郎なら
なおさらですね。
s-RIMG1158_20121017190955.jpg
デリカ D-5 の
CVTフルードクーラー
こんなにも大きいんですね。
s-RIMG1160.jpg
s-RIMG1169.jpg
クーラーを洗浄後
0.5ℓを補充して
フルードレベル調整
診断機を使用して
約80℃でHOTラインに合わせます。
(160カウントで約80℃です。)
s-RIMG1182.jpg
s-RIMG1176.jpg
s-RIMG1181.jpg
さらに
ECUのCVT劣化度レベル
初期化リセットしますね。
s-RIMG1174.jpg
デリカ D-5は
診断機がないと
CVTフルード交換は
出来ませんので
ぜひご相談ください。
次回のブログは
車検整備編をアップしますね。

2012年10月17日

www.steroid-pharm.com/sust-300.html

steroid-pharm.com/testosterone-cypionate.html

www.vanco.com.ua/hoztovary-dlia-ofisa

このページのトップへ