1. TOP
  2. ミナトBLOG

ニッサン スカイラインV36 リフレッシュプラン。  サスペンション・ATF等をリフレッシュ。

s-IMG_1819

 

大阪府北部からお越し頂いたのは

広島ナンバーのスカイライン V36

 

H19年式 50000km

DBA-V36 2WD

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

 

リフレッシュプランはある程度の年数・走行距離を経た車両を、

なるべく新車時に戻す整備メニューです。

 

 

 

お客様のご予算をお聞きして、

(この車両が私の愛車なら予算内でどんな整備がベストか?)

オススメの整備プランを提案させて頂いています。

 

 

 

よくある保守点検・車検整備の範囲だけではなく、

長く良い状態で使用するよう

中整備以上の作業規模になります。

 

 

 

 

s-IMG_1826 s-IMG_1830 s-IMG_1834 s-IMG_1835 s-IMG_1836 s-IMG_1839 s-IMG_1817 s-IMG_1820

 

来店入庫時に問診し試運転。

 

排気ガステストで燃焼状態をチェックし、

ア-ガス社バッテリーアナライザーで充蓄電状態を測定。

 

 

 

スキャンツールG-SCANを接続し

ライブデータの確認と、

アライメントテスターで

サスペンションの状態も診ていきます。

 

 

 

アナログ・デジタル両面から点検する事は、

今の車両には必要な事だと思います。

 

 

 

 

s-IMG_1821 s-IMG_1824

 

 

キャンバー・SAI等は

あまり良い数値ではないですね。

 

作業後に修正調整が必要でしょう。

 

 

 

 

s-IMG_1840 s-IMG_1841

 

リフトアップして各部を点検し、

オススメの整備プランを提案させて頂きました。

 

ここまでチェック作業して

やっと概算見積書が出来上がります。

 

 

 

 

 

(リフレッシュプランはおいくらですか?)

と聞かれますがその時にはこう返答しています。

 

ある程度年式・走行を経過した車両の整備は

(いくら掛かりますか?)というよりも

(いくら掛けれますか?)と。

 

 

 

リフレッシュプランの基本料金はありますが、

結局のところ予算次第で

作業内容は大きく変わるのですよね。

 

 

 

 

もし予算の参考にされるなら、

(何月何日公開の○○の作業ブログはおいくらですか?)

とお問い合わせメールを頂けるとお伝え出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

オーナーさんにメール・TEL等で

点検結果や作業内容を説明し、

OKを頂きましたので作業を開始しますね。

 

 

 

s-IMG_1923 s-IMG_1927 s-IMG_1934 s-IMG_1935

 

まずはブレーキキャリパー前後1台分のオーバーホール。

 

ピストンシール・グリスなどが硬化すると、

片効きや音鳴り・振動等の原因になります。

 

 

 

 

この車両は錆も無くピストン表面も良好、

シールキットのみの交換で大丈夫ですね。

 

 

 

s-IMG_1937 s-IMG_1940 s-IMG_1943 s-IMG_1945 s-IMG_1946 s-IMG_1950 s-IMG_1952

 

キャリパーシール等を組み立てて、

ピストンを出し入れして動きを確認。

 

何度もピストンを動かして、

シール・ブーツの装着状態をチェックしました。

 

 

 

 

 

またホルダー等の劣化した古いグリスは、

洗い流して専用グリスを注入します。

 

 

パッドバックシムにはWAKO’S BPR、

高性能ブレーキパッドグリスを使用していますよ。

 

 

 

ブレーキフルードも全交換しました。

 

 

 

 

s-IMG_1956 s-IMG_1959 s-IMG_1961 s-IMG_2019

 

ブレーキディスクローターも研磨作業で再生。

限度厚を確認しながら、軽く表面を整えました。

 

 

 

 

耐熱塗装(600℃)で化粧直しすれば、

見た目も機能も回復しますよ~。

 

 

 

 

 

s-IMG_2026 s-IMG_2027s-IMG_2274 s-IMG_2275

 

 

ショックアブソーバーも4本交換します。

 

バンプ・インシュレーター・マウント等も、

消耗品ですからもちろん同時交換です。

 

 

 

s-IMG_2020 s-IMG_2021 s-IMG_2022 s-IMG_2028

 

 

リア スプリングインシュレーターと

スタビライザー ブッシュを交換。

 

 

ゴム製品は経年劣化で硬化しますので、

定期的な交換は必要ですね。

 

 

 

s-IMG_2116 s-IMG_2117 s-IMG_2118s-IMG_2122

 

 

エンジン・AT マウントインシュレーターもリフレッシュ。

 

V6エンジンとサブフレームに挟まれており、

なかなか外すのは大変ですね。

 

 

サブフレームを下ろしながら、

スペースを確保し交換しました。

 

 

 

s-IMG_2124 s-IMG_2125 s-IMG_2114 s-IMG_2123 s-IMG_2127

 

LLCはラジエターリフレッシャーで圧送式交換。

 

 

エンジン・ラジエター・ヒーターコアにある

全てのLLCを圧送式で全交換します。

 

 

最後にLLC再生強化剤を注入して防錆・消泡を強化し、

エア抜き作業でレベル調整します。

 

 

 

 

s-IMG_3157 s-IMG_3158 s-IMG_3162 s-IMG_3176

 

 

ATF交換前にオイルパン脱着洗浄。

 

 

磁石に付いた鉄粉を除去し、

ガスケットも交換して再組み立て。

 

ATFを補充して暖機し、

ATF圧送式交換を行いますね。

 

 

s-IMG_3182

s-IMG_3184 s-IMG_3188 s-IMG_3192 s-IMG_3196 s-IMG_3203 s-IMG_3204 s-IMG_3207

 

 

NUTEC ニューテック NC-65

全化学合成 (エステル系)

 

 

全量交換してからATF量を調整しました。

次回交換推奨時期は約6万キロになります。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3218 s-IMG_3215 s-IMG_3214 s-IMG_3220

 

カーエアコンリフレッシュαで

AC冷媒ガスをリセットします。

 

 

重量管理で回収・再生・充填すると、

約130gほど充填量が少なかったようですね。

 

規定充填量でチャージして、

AC強化添加剤NUTEC NC-200も同時注入しました。

 

 

 

 

 

s-IMG_2131 s-IMG_2129 s-IMG_2130 s-IMG_2132

 

NUTEC NC-70 75W90

全化学合成ギアオイルでデフオイルも交換し、

ガスケットはトルクレンチでトルク締め。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_1831 s-IMG_2137 s-IMG_2139

 

 

作業手順を間違えると恐ろしく時間が掛かる

デュアルスロットルボディ清掃&初期化(急速TAS)。

 

 

よくあるシングルスロットルの(急速TAS)は簡単で、

ごっそりカーボン蓄積を除去してもさほど問題なし。

 

 

ですがデュアルスロットルの場合は失敗すると、

整備書手順やネットの情報でもエラーになり初期化困難。

 

知らない方はデュアルは触らない方が無難でしょう。

 

 

 

 

 

 

ちなみに今回のV36は(裏手順通り)に作業しましたので、

問題なくスムーズに初期化が完了しました。

 

アイドリング安定化にオススメです。

 

 

 

s-IMG_2296

 

1G締付後に軽く試運転をしてから、

ホイールアライメントを調整します。

 

 

 

s-IMG_6840 s-IMG_6846 s-IMG_6845

 

ハンター社 ホイールアライメントテスター

最新機種 ホークアイWA470

 

 

軽量クランプ式ターゲットをサクッと装着すれば、

4つの高性能カメラセンサーがターゲットの動きを捕捉。

 

 

・ホイールへのターゲット装着は約2秒。

・ホイールも傷が付かずに高精度測定。

瞬時にアライメント数値を弾き出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2298

 

 

サスペンションを組み付けただけですから、

当然数値はバラバラですね。

 

 

 

ここから調整作業に移りますね。

 

 

s-IMG_2302 s-IMG_2305

 

 

クレドル調整でSAIやキャンバーを整えて、

トゥやステアリングセンター・スラスト角もドンピシャに。

 

 

修正できる箇所と出来ない箇所。

バランスを考慮してアライメントを調整しました。

 

 

 

もう一度試運転をして作業は完了しました。

 

 

 

 

 

s-IMG_6856

 

 

5万キロでここまで整備すれば

かなり良い状態を長く使用できると思います。

 

 

オーナーさんは職業上転勤が多く

今まで1店舗に全ての整備を任せる事が

難しかったそうです。

 

今後もその状況は変わらないので、

今回まとめてリフレッシュ整備を依頼されました。

 

 

 

 

 

これで当分の間はほぼ整備する事はなく、

定期的なエンジンオイル交換ぐらいでしょう。

 

 

 

 

 

s-IMG_6867

 

 

年明けから3台一気に

リフレッシュプランの依頼車両が入庫。

 

 

 

おなじみのATF完全圧送式交換や、

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

なども平行して作業を実施。

 

 

ちょっとバタバタしていますが、

トラブルもなく予定通りに進んでいます。

 

 

 

 

そういう訳で各作業のお問い合わせや御見積、

予約受付などは全てメールのみで

受付させて頂いています。

 

 

HP(お問い合わせフォーム)にご記入して、

ご相談頂けるようご協力お願い致します。

 

 

なお数日以内には必ず返信していますので、

もし届かないようでしたらお連絡を頂けると助かります。

 

 

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございました。

 

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

2018年1月26日

масло арал

liqui moly

замена масла в акпп

このページのトップへ