1. TOP
  2. ミナトBLOG

レクサス LS460 エアサス交換 アームブッシュ破損。  エンジンマウントも同時に交換。

s-IMG_6713

 

大阪市からお越し頂いたのは

レクサス LS460 USF40

走行距離 17万キロ

 

 

LS460の定番故障整備の

エアサス交換のご依頼です。

 

s-IMG_1384

 

 

 

LS460のエアサスからか?コトコト異音がし、

近くのディーラーにて診てもらうと

エアサスASSYでの交換を診断されたようです。

 

 

いろいろネットで検索されたようで、

メールでのご相談から予約入庫して頂きました。

 

s-IMG_1388 s-IMG_1390

 

フロントの場合は比較的確認がしやすく、

アブソーバー上部のアクチュエーターを外し、

オイルが漏れていればほぼダメでしょう。

 

 

サスのオイルが抜けて異音が発生しているのですね。

 

 

s-IMG_1391 s-IMG_1396 s-IMG_1397 s-IMG_1398

 

 

これも定番のフロントロアアームASSY NO,2の

ブッシュが完全に破断され酷い状態でした。

 

 

ガタゴトとLS460らしからぬ乗り心地でしょう。

 

 

s-IMG_1394

 

お客様の依頼はエアサスASSY左右交換と

ロアアームNO,2の左右交換でしたが、

 

ここまで分解するならもう少し予算を上げて、

ロアアームNO,1とエンジンマウント左右の

同時交換を提案しました。

 

 

 

信号待ちでの不快な振動が車体に伝わり、

あまりイイ気分にはならないですよね。

 

8万キロ以上も使用したE/Gマウントは、

もう寿命を超えていると思います。

 

 

それにロアアーム交換とマウント単体の交換作業は、

重複工賃が多いので同時の方が

結果的には経済的なのです。

 

 

 

s-IMG_1401 s-IMG_1403

 

ここまで分解すればあと少しでエアサスと

ロアアームが交換出来きます。

 

 

そしてここからサブフレームを分解して、

エンジンマウントを交換しますね。

 

 

s-IMG_1408

 

 

V8エンジンとサブフレームの間にある

E/Gマウントインシュレーター。

 

 

非常に交換しづらいのですが、

サブフレームさえ外せばスンナリ交換が出来ます。

 

巨大なエンジンが落ちてこないように、

慎重に支えてサブフレームを外しました。

(この間エンジンは宙吊り状態です。)

 

 

 

 

 

 

s-IMG_1414 s-IMG_1415s-IMG_1415

 

 

 

新旧を比べると

マウントの沈み込み具合が分かりますか?

 

 

 

 

 

s-IMG_1417 s-IMG_1418

 

 

エアサス(ニューマチックシリンダーASSY)と

ロアアーム NO,1 NO,2も交換しますね。

 

 

s-IMG_1547 s-IMG_1437 s-IMG_1438 s-IMG_1439 s-IMG_1552

 

 

ブレーキやハブナックルを組み付けて、

エアサスにエアーを充填します。

 

エア漏れもチェックし、

アライメントリフトに移動して

ブッシュテンションを開放してから

1G締付しました。

 

 

s-IMG_1566

 

 

少し走行し車高調整を実施後、

ホイールアライメントを調整しますね。

 

 

 

s-IMG_6717 s-IMG_6703 s-IMG_6704

 

ハンター社 アライメントテスター ホークアイWA470

 

ホイールリムを傷付けないクランプ式軽量ターゲットは、

ホークアイWA470から採用されています。

 

 

4つの高精度センサーでターゲットを捕捉し、

アライメント数値を演算します。

 

s-IMG_1558

 

サブフレームを外しましたので、

キャンバー・キャスター・SAI等が大幅に乱れていますね。

 

 

サブフレームの位置を微調整するクレドル調整。

 

井形状のサブフレームを前後左右に移動させ、

適切な位置に修正しました。

 

 

 

 

ホイールアライメントを調整せずに

ハンドルセンターとサイドスリップだけ簡易調整は、

タイヤの偏磨耗や直進安定性の低下を招きますよ~。

 

 

 

s-IMG_6679 s-IMG_1571 s-IMG_1562

 

リアキャンバーは調整出来ませんが、

それ以外はイイ感じに整えられたと思います。

 

 

試運転をして走行状態を確認し、

納車となりました。

 

 

s-IMG_1574 s-IMG_6700

 

 

新車時には1千万円ぐらいのLS460ですから、

各部品定価もなかなか高額です。

 

また調整箇所や初期化・再学習などの

交換作業以外を実施するのが多い車両ですね。

 

 

 

 

 

s-IMG_6708

 

 

エアサスコントローラーで安易なローダウンは、

アームブッシュの破損を招きますので、

しない方が良いんですよ~。

 

 

s-IMG_1572

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

整備見積や予約等のご相談は

HP(お問い合わせフォーム)から

お願いしています。

 

 

日中は作業をしていますので、

なかなか電話での対応は難しいです。

 

まずはメールからご相談頂けると助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

2018年1月13日

cl24.com.ua

www.shopvashtextil.com.ua

shopvashtextil.com.ua/catalog/index/108-postelnye-prunadlezhnostu/0/135

このページのトップへ