1. TOP
  2. ミナトBLOG

リビルトオルタネーター  安いのには訳があるんですよ。

s-R0012124_20121005112949.jpg 
10月っていいですね。
天気も良いし
雨もほどほど。
一番仕事がしやすい時期ですね~。
s-RIMG0853.jpg 
ハイエース 200系

頑丈で良い車なんですが
エンジンルームが狭くて
整備士的にはイラッとくる時があるんですよ。
1BOXタイプはみんなそうですね。
12万キロ走行で
調子が良かったのですが
突然走行中にガラガラと音が鳴り出し
充電不良の警告等がメーターに点いたそうです。
s-RIMG0854_20121005104644.jpg
どうやらオルタネーターから
音が鳴っているので外してみますね。
s-RIMG0855_20121005104644.jpg
エンジンルームの一番奥にあり
手前にある部品から順番に。
ちなみに下からのアクセスは絶望的でした。
s-RIMG0858.jpg
s-RIMG0857_20121005104643.jpg 
テンショナー  アイドラプリー も
この際一緒に交換しますね。
s-RIMG0862.jpg
s-RIMG0863.jpg
運転席のシートとアンダーカバーを外して
エアコンコンプレッサーを横にずらし
やっと ご対面
s-RIMG0867.jpg
このオルタネーターのプーリーは
プーリー自体にワンウェイクラッチが内蔵されていて
赤い矢印方向にはロックされ
青い矢印方向にはフリーになります。
その機構が壊れて
低回転時にはどの方向でもロックされ
高回転時なるとロックが滑りだし
オルタネーターを回せなくて
発電しなくなりました。
プーリーだけの交換も可能ですが
20万キロ以上走る車なので
今回はデンソーのメーカーリンク品で対応しました。
お値段は少し高いですが、耐久性と安心度が違いますね。
リビルト品は多数有り
内容もピンキリ
ヤフオクなどの安い奴は
保障期間まで持てばOK!!的なノリなので
その場しのぎ以外はオススメしていないんですよ。
優良部品を多数交換したリビルト品
必然的に高価になるのは当然ですね。
簡単に外れる所に付いていれば
良いですが
今回のように外しにくい場所にある場合
そのへんも考慮しないといけませんね。

2012年10月4日

https://swiss-apo.net/fr/produit/orlistat

https://swiss-apo.net/es/comprar/kamagra

planeta.ru

このページのトップへ