Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
京都府 アルファード ハイブリッド ATH10 リフレッシュプラン。  10系HVのサスペンションをリフレッシュ。 タイヤ変磨耗対策。 | 日々是好日 byミナト自動車- securityfeed.info

  1. TOP
  2. ミナトBLOG

京都府 アルファード ハイブリッド ATH10 リフレッシュプラン。  10系HVのサスペンションをリフレッシュ。 タイヤ変磨耗対策。

京都府からお越し頂きました。

トヨタ アルファード ハイブリッド

ATH10 走行距離123000km

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

 

s-IMG_0869

 

 

 

・タイヤの偏磨耗が酷く最近タイヤ交換をしたが、

スグにダメになるのも困るで整備を希望。

 

・新車からお付き合いのあるディーラーさんから、

リアのブッシュ破損が酷く要交換と説明された。

(ただしビームASSYの全交換しかできないとの事・・・)

 

 

 

・12年間ディーラーでの半年点検は欠かさず実施。

・まだまだ長く使用したく、乗り心地も改善したい。

 

 

 

 

 

アルファード10系は10万キロも走行すると、

サスペンション系のリフレッシュは必要です。

 

高速安定性の低下やコーナリング時のフラツキなど、

運転者も同乗者も乗り心地の悪さに気が付くでしょう。

 

 

特にリアタイヤが片減りして寿命が短くなったり、

波状磨耗を起こすと振動も発生しますね。

 

 

 

 

問診をしてから試運転をして、

事前アライメントを測定します。

 

 

s-IMG_0877 s-IMG_0870 s-IMG_0873

 

 

 

フロント・リアともに大幅なトゥアウト。

 

特にリアはアクスルビーム自体の歪みで、

非常に悪い数値ですね。

 

これではスグにタイヤがダメになるし、

走行安定性も悪いでしょうね。

 

 

 

 

s-IMG_0930 s-IMG_0931 s-IMG_0932 s-IMG_0935

 

いつものように車両点検をして、

リフレッシュプランの御見積を制作。

 

 

今回のメインテーマは

サスペンションリフレッシュ。

 

ブレーキ系も含めた整備プランを

提案させて頂きました。

 

 

s-IMG_1012 s-IMG_1011 s-IMG_1014 s-IMG_1013

 

トーションビーム式のサスペンションなら、

大体こんな感じでブッシュが破損しています。

 

 

リア加重をこの2点のブッシュで受けているので、

負担が大きく破損しやすいのでしょう。

 

また経験上この状態を放置するとビーム自体が歪みます。

その辺りの修正も必要ですね。

 

 

 

 

 

s-IMG_1016 s-IMG_1017 s-IMG_1018

 

 

危険なHV用の高電圧ハーネスを分解して、

リアアクスルビームを降ろしました。

 

 

非HV車のように簡単には行かず、

HVリアモーターとハーネスが

作業難易度を押し上げます。

 

 

感電防止に絶縁手袋は必須ですね。

 

 

s-IMG_1019 s-IMG_1021 s-IMG_1022 s-IMG_1024 s-IMG_1027

 

 

このブッシュの抜き替え作業は、

SSTが無いと難しいでしょう。

 

 

もう何十台も交換してきているので、

慣れた手順でサクサク交換します。

 

 

 

それにしても錆が酷い~。

ボルト折れとの格闘です。

 

折れると10分の作業が1時間以上掛かる場合があるので、

慎重に作業を行いました。

 

 

s-IMG_1027 s-IMG_1028 s-IMG_1029

 

 

ハブベアリングASSYを車体に組み立てる時、

リアシムを予め挟み込む場合もあります。

 

 

事前アライメントからある程度の数値を予測して、

SPC社のリアシム7種類からチョイス。

 

このシムで固定式のリアキャンバー・トゥを

調整する事が出来るのですよ~。

 

 

 

ちなみにシム数値の選択が正解かどうかは?

作業後のアライメント測定で分かります。

 

 

s-IMG_1039 s-IMG_1040 s-IMG_1041 s-IMG_1045 s-IMG_1047

 

フロントロアアームASSYと

ボールジョイントも交換します。

 

 

こちらも錆固着で作業が難航。

 

工具を駆使して

部品を破損させないように交換しますね。

 

 

 

s-IMG_1185 s-IMG_1186 s-IMG_1191 s-IMG_1192 s-IMG_1201

 

ショックアブソーバーは

今回カヤバ製を選択されました。

 

 

純正同等品質でお安くなりますよ~。

 

 

s-IMG_0935 s-IMG_0934 s-IMG_0933 s-IMG_0939 s-IMG_0940

 

フロント・リアともにブレーキパッドと

ディスクローターの当りが悪いですね~。

 

 

いくら回生ブレーキで制動しているからと言って、

ここまで酷いとダメでしょう。

 

 

弊社に入庫する一週間前に

ディーラーにて定期点検したそうですが、

何も言われなかったそうです・・・。

 

 

 

弊社の点検基準なら、

これはNG判定となっています。

 

 

 

 

s-IMG_1128 s-IMG_1130 s-IMG_1132 s-IMG_1135 s-IMG_1136

 

ブレーキ ディスクローターは限度厚を考慮しながら

研磨機で修正しました。

 

 

 

s-IMG_1159 s-IMG_1160 s-IMG_1162 s-IMG_1163

 

ブレーキパッドは

シムも含めて全交換しました。

 

 

 

ここまで腐食したシムではシムの働きが出来ないので、

新品シムにWAKO’S BPRグリスを塗って装着します。

 

 

s-IMG_1164 s-IMG_1165s-IMG_1138 s-IMG_1139

 

ブレーキキャリパーはオーバーホール。

 

こちらもフロント1個・リア1個、

ピストンが固着してなかなか外れない。

 

 

古いグリスと錆が引き抜き作業を邪魔します・・・。

 

 

 

s-IMG_1167 s-IMG_1168 s-IMG_1151 s-IMG_1152

 

 

キャリパー外部は錆びていますが、

内部はクリーニングでキレイにしました。

 

これぐらいであれば全く問題なく再生可能です。

 

 

ピストンも微細コンパウンドで磨き込みましたので、

メッキの状態も問題なく再利用できました。

 

 

O/Hをすると握力で

軽くピストンが押し込めます。

これぐらいスムーズさが無いとダメですね。

 

 

 

回生ブレーキ多用のHV車全般に言える事ですが、

あまりにも油圧ブレーキを使わないと固着しますよ~。

 

ブレーキパッドが減らず

ピストンが同じ位置から全く動かないのは、

それはそれで問題でしょう。

 

10年に一回ぐらいはキャリパーO/Hの実施を

オススメしますね。

 

 

s-IMG_1154 s-IMG_1156 s-IMG_1158

 

キャリパーブラケットもリフレッシュします。

 

ブーツ交換・グリスアップ完了。

 

s-IMG_6664s-IMG_6656s-IMG_6665

 

 

アライメントリフトに移動して各ブッシュを1G締付。

 

少し試運転をして馴染ませてから、

ホイールアライメントを調整します。

 

 

 

s-IMG_1297

 

ホイールアライメントを測定してみると、

リア左がまだ数値が良くないですね。

 

 

予想値でリアのシム装着しましたが、

もう少し数値を改善したいので、

リアハブをもう一度分解します。

 

 

狙う数値に収まるように、

もう一度違うシムを装着しました。

(シムはハブ1ヶ所に2枚まで装着できます。)

 

 

ちなみに0度6分用のシムを装着しても、

必ず0度6分変化するとは限らないのが難しい。

(今回はリアトータルトゥの改善をメインに調整しました。)

 

 

 

 

s-IMG_1299

 

 

もう少し煮詰めて追加調整しても良いのですが、

トータルトゥが許容範囲になったのでここで止めます。

(個別トゥ数値はあまり追い求めないようにしました。)

 

 

 

何度もシムを抜き差しすれば数値は改善しますが

工賃も加算されるので基準値内で

タイヤ磨耗に影響しないならOKとしました。

 

 

 

 

あとはフロント側ですが

こちらは調整箇所が多く、自由度も大きい。

 

走行安定性重視のタイヤに優しい数値で調整しました。

 

 

 

s-IMG_6666

 

 

アルファード10系のサスペンションは

これだけすれば新車時とほぼ同じ状態まで戻ります。

 

部品点数が少ないのでイッキに整備した方が、

効果が分かりやすく費用対効果も高いですね。

 

 

バラバラな個別整備はサスペンションに限っては

止めた方が良いでしょう。

(重複工賃のロスが大きいですからね)

 

 

 

s-IMG_6661

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

アルファードHVでリフレッシュプランを

ご希望の方はどうぞご相談下さい。

 

サスペンションをリフレッシュ整備をすれば、

乗り心地も改善し高速走行も楽になるでしょう。

 

また同乗者にもその違いは分かると思いますよ~。

 

 

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしています。

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月22日

http://steroid-pharm.com

www.profvest.com/2015/05/individualniy-invest-schet-iis.html

profvest.com

このページのトップへ