1. TOP
  2. ミナトBLOG

マツダ CX-5 スカイアクティブ2,2D インテーク系の煤除去作業。愛知県からお越し頂きました~。

s-IMG_1449

 

愛知県からお越し頂いたのは、

マツダ CX-5 KE2AW

走行距離 95000km

 

 

スカイアクティブーディーゼル 2,2Dの定番整備

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

のご依頼です。

 

 

DSCをご存知でない方は

作業実績の一部になりますが宜しければ参考に。

http://securityfeed.info/blog/?cat=169

 

 

 

 

s-IMG_1450

 

 

SKY-D 2,2Dのインテーク系に蓄積する大量の煤を、

ドライアイスを利用して完全除去するDSC

(弊社オリジナルの作業メニュー)

http://securityfeed.info/dsc/

 

 

 

新車時から中央高速道路をよく利用されるようで、

あのアップダウンが多い道路を走行していると

少しずつ違和感を感じたそうです。

 

 

アクセルペダルの踏み込み量と、

実際の加速やエンジン回転数などが乖離。

 

 

走ろうと思えば走るのですが、

(アレッこの車、こんな感じだったけ??)

と思われたようですね。

 

 

地元ディーラーの営業担当者さんも

弊社のDSCはご存知だったようで、

イロイロ検討した結果ご予約を頂きました。

 

 

 

s-IMG_1457

s-IMG_1458

 

 

多くのインテーク系部品を外して、

ハーネスを掻き分けながら

インテークマニホールドを外しました。

 

 

 

s-IMG_1459 s-IMG_1460

 

インテークマニホールドと

吸気シャッターバルブをパカッと外すと・・・。

 

 

 

s-IMG_1462 s-IMG_1465 s-IMG_1468

 

 

煤が蓄積し吸気経路を塞いでいますね。

(半分以上は経路が狭くなっています。)

 

 

 

こうなるとパワー/トルクの源である

過給新気(O2)が入りにくいのですね~。

 

 

s-IMG_1470s-IMG_1473 s-IMG_1475

 

インテークマニホールドの出口には8個の穴が開いています。

 

その半分はこんな状態で

煤の蓄積した厚みは15mmほどでしょうか。

 

 

ではエンジン側はどうなっているのか??

見てみましょう。

 

s-IMG_1478 s-IMG_1480 s-IMG_1481 s-IMG_1482 s-IMG_1483 s-IMG_1484 s-IMG_1485 s-IMG_1487 s-IMG_1488

 

 

吸気ポートの奥にあるインテークバルブは、

ここまで煤が多いとピントが合わないですね。

 

 

 

ちなみに排気バルブ&排気ポートは

ここまで煤は溜まりません。

 

そもそも高温・高圧の排気側は

吹き飛ばされて煤は溜まらないのです。

 

 

 

 

 

排気側から吸気側に戻すEGRによって、

温度が低下し圧も下がる。

 

そこに吸気系でブローバイオイルが混じり、

少しづつ蓄積していくのですよ~。

 

 

 

s-IMG_1514

 

 

ホジホジしてあげると

煤で完全に塞がりました。

 

 

こんな状態になると手作業での除去は、

ほぼ無理だと思いますよ~。

 

 

 

 

s-IMG_1490 s-IMG_1507

 

 

グリーンテック社 ドライアイス洗浄機

 

TVほこxたて で勝利した究極の洗浄マシーン。

 

 

 

3M社高性能マスカーで車体を完全防備。

 

 

 

 

kkkk

s-IMG_9303

 

ドライアイスペレットを、圧縮空気で高速噴射。

 

 

弊社が開発したDSC専用ノズルをセットして、

エンジンにノーダメージで除去剥離しますね。

 

 

s-IMG_1510 s-IMG_1511

s-IMG_1508 s-IMG_1512

 

軽く数秒ショットすれば、

素地アルミが見えるほど剥離しましたね。

 

 

数種類あるDSCノズルを使い分けて、

ポート内径とバルブ傘部&シャフトを洗浄します。

 

s-IMG_1528 s-IMG_1529 s-IMG_1530 s-IMG_1531 s-IMG_1532 s-IMG_1533 s-IMG_1541 s-IMG_1539

 

 

ポート形状的にインテークバルブは目視出来ないのですが、

L型超硬ロングピックでバルブ傘部やシャフト裏をなぞります。

 

・引っ掛かりがあれば再ショットして再確認。

・全て確認して引っ掛かりが無ければ除去完了。

 

 

 

圧縮上死点にセットして作業をし、

終わればクランクを回して次のポートヘ。

 

4気筒8ポート全てキレイに除去出来ました。

 

 

 

s-IMG_1515 s-IMG_1516 s-IMG_1518 s-IMG_1527 s-IMG_1521 s-IMG_1523 s-IMG_1522

 

 

・インテークマニホールド

・吸気シャッターバルブ

・EGRバルブ X2個 &パイプ

 

DSCでキレイに洗浄できました。

 

 

s-IMG_1468 s-IMG_1520

 

 

ビフォーアフターを見れば一目瞭然。

 

過給新気はスムーズに流入し、

新車時と同じ状態に戻るでしょう。

 

 

 

この部分が詰まれば過給新気(O2)が入りにくくなり、

中央パイプから流入するEGR(CO2)が

必要以上に入りやすくなります。

 

 

 

パワーを生み出さないEGRが過流入すれば、

新車時の性能は発揮出来ないと思います。

 

 

 

 

 

s-IMG_1527

 

 

 

インテーク手前にある吸気シャッターバルブで、

過給新気とEGRの流入量を制御しています。

 

 

手前でいくら精密な制御しても奥がこんな状態なら、

1テンポ・2テンポ遅れバランスも崩れるので

違和感が残りドライバーは???となるのですね。

 

 

 

 

 

s-IMG_1538 s-IMG_1524

 

DSCで洗浄が終われば、

元の状態に組み付けます。

 

 

 

 

s-IMG_1454 s-IMG_1455 s-IMG_1456

 

オプション整備のインタークーラー洗浄。

 

DSC前に分解して洗浄液を流し込み、

内部のブローバイオイルを洗浄します。

 

DSC作業後までは吊るして放置しています。

 

 

 

 

s-IMG_1546 s-IMG_1545

 

今回のCX-5は結構な量のオイルが

排出されましたね。

 

全てを組み付けてエンジン始動。

 

 

完全暖機後に各学習値の初期化と、

燃料噴射量を再学習させました。

 

最後にチェックをして作業が完了します。

 

 

s-IMG_1549

 

ネット上でよく出る低圧縮化したSKY-D2.2の

煤の発生が多いか?少ないか?は、

あまり意味が無い話でしょう。

(多くても少なくてもディーゼルなら煤は必ず出ますので。)

 

 

 

私は何十台も2.2Dを分解してきましたが、

排気系やEGR系では煤は溜まらない。

 

 

排気系の煤量ではなく

EGRが吸気系で溜まる蓄積が問題で

これを私は(経年劣化)と思っています。

 

 

もし排気系やEGR系で蓄積するなら、

それは(経年劣化)ではなく(故障)だと思いますね。

 

 

 

 

s-IMG_1548

 

 

後日お客様からレビューを頂きました。

 

 

帰路はスムーズなエンジン音で燃費も向上。

(16km/L→20km/LにUP)

レスポンス等の変化にも体感できたそうです。

 

 

 

全てのSKY-D2,2で同じ改善があるとは言えないのですが、

ここまで蓄積が酷い場合ならハッキリ分かるようですね。

(チョット上出来のような気がします)

 

貴重なレビューを頂きありがとうございます。

良い結果が出て私も安心しました。

 

 

 

 

 

CX-5 アテンザ アクセラに搭載されるSKY-D2.2の

DSC作業の御見積・ご予約は

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしています。

 

 

どうぞ宜しくお願い致します。

HAPPY CAR LIFE!!

 

 

 

2017年12月11日

www.steroid-pharm.com

option คือ

http://baden-medservice.com

このページのトップへ