1. TOP
  2. ミナトBLOG

静岡県からIS350 Fスポーツ GSE31    サスペンション・ブレーキリフレッシュ。 ホイールアライメント調整。

弊社は少人数で営業していますので、

作業キャパに限度があります。

 

 

日帰り作業のATF完全圧送式交換やDSC、

数週間お預かりして作業するリフレッシュプラン。

 

上記作業を中心にお引き受けをしており、

個別の整備依頼には手が回らないのが現状です。

 

 

 

 

それでも全国から整備依頼を頂きますので、

なるべく対応出来るようにしているですが・・・。

 

 

 

 

s-IMG_0435

 

静岡県中部からお越し頂いたのは

レクサス IS350 Fスポーツ

GSE31 走行距離 20万キロ

 

 

 

 

このIS350は今回で4回目のリピート入庫です。

 

毎日の通勤で高速道路を100km以上は走行するので、

走行距離が増えるペースが速いようですよ~。

 

 

30万キロまでは新車時に近い状態で使用するために、

サスペンションやハブ周り、ブレーキ関係の

リフレッシュ整備を依頼されました。

 

 

 

 

s-IMG_0436 s-IMG_0437 s-IMG_0445 s-IMG_0447

 

フロントハブB/G ASSYは酷い固着が無ければ、

比較的簡単に交換が可能です。

 

 

異音がする前に予防整備ですね。

 

 

s-IMG_0455 s-IMG_0452 s-IMG_0458

 

リアハブB/G ASSYは結構大変で、

マルチリンクのサスからナックルを外す必要があります。

 

簡単に外れそうに見えて、

結構手間取る作業なんですよね。

 

 

 

 

また取付にも順番があるので、

コツが必要なんですよ~。

 

 

s-IMG_0440 s-IMG_0441 s-IMG_0442 s-IMG_0444

 

今回はGSE31 Fスポーツ用のカヤバ製がなかったので、

オール純正ショックアブソーバーで交換します。

 

 

マ-クXからIS350までアブソーバーの見た目は同じなんですが、

純正価格が大幅に違うので中身がおそらく違うのでしょう。

 

 

s-IMG_0456 s-IMG_0460

 

 

リア側も同じくアブソーバーを交換します。

同時にロアアームASSYと

スプリングインシュレーターも交換しました。

 

 

 

ショックアブソーバーと一緒に

消耗品も同時交換が基本でしょう。

 

 

 

 

s-IMG_0461 s-IMG_0462 s-IMG_0463 s-IMG_0464

 

 

ブレーキキャリパーもオーバーホール。

 

 

アルミキャリパーは傷が付きやすいので、

慎重に分解洗浄しますね。

 

 

 

 

 

s-IMG_0492 s-IMG_0495 s-IMG_0494 s-IMG_0493

 

 

新品シール・ダストブーツを組み立てて、

確認のためにピストンを出し入れします。

 

 

ピストンがスムーズに動くか?

ブーツが正確に装着されているか?

最後に確認してから車体に取付しています。

 

 

 

 

s-IMG_0498 s-IMG_0499 s-IMG_0500 s-IMG_0501

 

 

 

リアブレーキは浮遊式キャリパーなので、

ブラケット側も整備しましょう。

 

古いグリスは洗い流し、

新しいブーツとグリスを装着。

 

 

 

キャリパーオーバーホールは、

ビフォーアフターが全く変わります。

 

各機構のスムーズさがハッキリ改善されるので、

ブレーキの理解度が高い整備士ほど

このO/H作業を重視し推奨するでしょう。

 

 

 

 

 

s-IMG_0502 s-IMG_0509 s-IMG_0510 s-IMG_0512 s-IMG_0513

 

歪んでレコード盤状になったディスクローターは、

ローター研磨機で再生しますね。

 

 

耐熱塗料(600℃)ブラック艶消しで

軽く化粧直し。

 

 

 

 

s-IMG_0521 s-IMG_0522 s-IMG_0523 s-IMG_0524

 

 

純正ブレーキパッドのダストが酷いとお聞きしたので、

DIXCEL 低ダストブレーキパッドMタイプをオススメしました。

 

 

 

 

 

s-IMG_0476 s-IMG_0480 s-IMG_0482 s-IMG_0479 s-IMG_0489

 

 

V6エンジンのスパークプラグは、

サージタンクを外して交換します。

 

 

GRエンジン用のNGK イリジウムMAXは

常時数台分は在庫していますよ~。

 

 

 

s-IMG_0486 s-IMG_0487 s-IMG_0488

 

スロットルボディも清掃して初期化、

アイドリング安定化にはオススメですね。

 

 

ほんの僅かなカーボン付着で

アイドリングは乱れてしまうのですよ。

 

 

 

 

s-IMG_0466 s-IMG_0467 s-IMG_0470 s-IMG_0471 s-IMG_0474

 

10万キロ前に交換したデフオイル NUTEC NC-70を

今回も同じくNC-70で交換しました。

 

 

中空ガスケットを規定トルクでマシ締めします。

 

 

 

 

s-IMG_1880 s-IMG_0543 s-IMG_1883

 

 

最後にアライメントリフトで1G締付してから、

軽く試運転を行いました。

 

 

そこからホイールアライメントを調整します。

 

 

 

s-IMG_1886

 

 

測定するとオールグリーンの基準値内で、

全く問題ないように見えますが・・・・。

 

 

キャンバー・SAI・包括角度に

左右差が少し出てますね。

 

 

 

 

s-IMG_1887

 

サブフレームを移動させて行う

クレドル調整も実施。

 

これが決まればリアとフロントのトゥを調整して、

ステアリングセンターを確認。

 

VGRS & DRSの初期化も行い、

試運転をして全ての作業が完了しました。

 

 

 

 

(まさかこのIS350が20万キロ走行しているとは思うまい。)

そんな出来栄えに自画自賛。

 

 

 

 

 

s-IMG_1884

 

このIS350は過去3回の入庫から

ある程度のコンディションは把握していたので、

事前に作業をする内容が決まっていた今回は、

前金制になりますが入庫前に全ての部品を手配しました。

 

お預かり期間は約1週間でした。

 

 

 

 

 

こんな感じでお引き受けできる作業は

なるべくOKしたいのですが、

そのあたりは予約混雑状況などによって変わりますので、

ご理解の程宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

ご予約・ご相談は

HPお問い合わせフォームからお待ちしていますね。

 

Happy Car Life!!

 

 

2017年12月2日

snowbears.com.ua/opt/

семена марихуаны купить

купить рено меган

このページのトップへ