1. TOP
  2. ミナトBLOG

予防整備でラジエター交換。  クラウン 車検整備

メールから
クラウン JZS175 D-4 12万キロ走行の
車検整備ATF交換を依頼され
簡易な見積を提示し 、後日入庫して頂きました。
簡単な問診から
お客様の希望用件を聞いて
早速、点検開始。
たくさん整備箇所がありましたので
順番に紹介しますね。
s-RIMG0509.jpg 
まずはラジエターから。
10万キロぐらい走行していると
ラジエターの樹脂製アッパータンクが劣化してきます。
見た目はやや変色ぐらいですが
実際は熱劣化で脆くなっているんですよ。
(こうなると何時割れてもおかしくありません。)
一気に割れると気が付きますが
知らない間に割れている場合もあります。
http://securityfeed.info/blog/?q=%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B5%E3%83%A0
s-RIMG0512.jpg 
漏れぐらいなら
水の継ぎ足しなどで
なんとか走行できますが
割れて 破裂してしまうと
そこで立ち往生してしまいますね。
s-RIMG0511.jpg
今回は予防整備という観点から
交換する事になりました。
s-RIMG0519.jpg
同時に冷却水(LLC)と配管内もリフレッシュ。
ラジエターリフレッシャー
内部洗浄とエアー抜きを同時に行いますね。
s-RIMG0523.jpg 
パルスエアーで汚れを浮かし
2種類のマイクロフィルターで濾過
LLCの不純物を取り除きます。
s-RIMG0525.jpg
最後に冷却水再生剤 (高濃度防錆剤&消泡剤入り)
を入れて終了です。
このあとATFを交換しますので
次回ブログに続きます。

2012年9月22日

www.baden-medservice.com/lechenie-detskih-boleznej-v-germanii/

http://baden-medservice.com

このページのトップへ