1. TOP
  2. ミナトBLOG

千葉県からハイエースKDH225 リフレッシュプラン その2。  リアハブシャフトベアリング交換とアライメント調整。 

s-IMG_7906

 

 

 

千葉県からお越し頂いたハイエース

KDH225 4WD ワイド・ハイルーフ・ロング

走行距離23万キロ。

 

 

 

 

 http://securityfeed.info/blog/?p=15051

 

前回ブログで紹介したフロントサスペンションとブレーキ関係は

一旦作業を終了してリア側の整備に移行します。

 

 

 

s-IMG_7927 s-IMG_7932 s-IMG_7954

 

ドラムブレーキとアクスルシャフトベアリング。

 

 

サクサク分解して

左右のシャフトを引き抜きますね。

 

 

s-IMG_7956 s-IMG_7957 s-IMG_7958

 

標準ボディより長い、

ワイドボディ用のアクスルシャフト。

 

 

この作業もSSTが必要で、

油圧プレスのストロークも必要です。

(標準ボディ用シャフトより、かなり長いです。)

 

 

 

 

s-IMG_7960

 

 

新しいシャフトハブベアリングやシール等を、

圧入し組付しますね。

 

 

インナーリテーナーの位置決めは、

圧入しすぎるとオイルシールとの位置が合わないので、

慎重に基準値内で収めました。

(誤差は基準値±1mm以内)

 

 

 

 

s-IMG_7965

 

シャフトオイルシールの交換も

(基準値±1mmかつ4点計測)の慎重な組み付け作業。

 

 

入れすぎや均等な取付でないと

オイル漏れの原因になりますよ~。

 

 

s-IMG_7967 s-IMG_7971

s-IMG_8161

 

 

・ブレーキシリンダのカップシール交換

・ブレーキライニングシュー交換

・ブレーキドラム研磨

 

 

組み付け後に走行しては調整を繰り返し、

ベストのクリアランスでブレーキ調整。

 

 

 

 

新品ライニングシュー&研磨したドラムでの調整は、

試運転で当りが付くまで数回は調整を繰り返します。

 

そうすると4輪で安定した制動力が、

復活するのですね~。

 

 

 

 

 

s-IMG_7950 s-IMG_7974 s-IMG_7973 s-IMG_7975 s-IMG_7972

 

デフオイルやトランスファオイルにはガルフ プロガード。

(部分化学合成 75W90 LSD対応 GL-5)

 

 

デフ内圧調整用のリリーフバルブも同時交換。

 

 

 

s-IMG_8178 s-IMG_8179 s-IMG_8359

s-IMG_8358 s-IMG_9070 s-IMG_9071 s-IMG_9072 s-IMG_9073 s-IMG_9074

 

 

 

・ブレーキフルード交換

・LLC圧送式全量交換

・カーエアコンリフレッシュα for NUTEC NC-200

 

 

 

 

 

 

s-IMG_9066 s-IMG_9068 s-IMG_8984 s-IMG_8992

 

このハイエースのエンジン系整備は、

・ディーゼルターボプレッシャーセンサー

・ガスフィルター

・フューエルエレメント

のみを交換しました。

 

 

(タイミングベルトやW/P等の交換暦あり)

 

 

s-IMG_8926 s-IMG_8927 s-IMG_8937 s-IMG_8940

 

ATF完全圧送式交換

 

ATF交換前の下準備でオイルパン洗浄や

ストレーナー交換も行います。

 

 

s-IMG_9019

s-IMG_9040 s-IMG_9047 s-IMG_9052 s-IMG_9053 s-IMG_9056

 

 

 

使用したATFはアイシン精機『AFW+』

(アイシン製の4速ATにアイシン製のATF。)

 

 

 

ATFチェンジャーを接続し2回の圧送式交換。

(約24LのATFを使い、ここまでキレイになりました。)

 

 

かなり汚れていましたね。

(なかなかキレイにならなかったです。)

 

 

s-IMG_8365 s-IMG_8366

 

 

リアとフロントの車高基準値と実測値。

 

リアが20mm下がっているので、

フロントも基準値より下げて調整します。

 

ですが入庫時には大幅に前下がりだったので、

そこも考慮しながら車高を整えますね。

 

 

s-IMG_7910

 

 

ハイエース KDH225のホイールベースは3110mm。

 

国産車でこれに匹敵するのは、

レクサスLS460L/600hL ロングぐらいでしょう。

 

 

 

弊社のアライメントリフトは

スギヤス ビシャモン マルチアライメントリフト。

(イヤサカ社 別注ロング版 )

 

標準版だと後輪がスリッププレートからハミ出るので、

ロングホイールベース車に対応するロング版を導入しています。

 

 

 

 

 

(補足)

国産整備リフトNO,1のスギヤス社。

スギヤス(ビシャモン)ブランドのアライメントリフトを、

大手自動車整備機器商社のイヤサカが

別注で作らせたのがこのイヤサカリフトです。

 

また標準リフト色のブルーから

ハンターレッドに特別塗装をオーダーしました。

 

 

 

 

イヤサカ?スギヤス?ビシャモン?

自動車整備業界以外の方には意味が分からないですよね~。

 

s-IMG_7903

 

米ハンター社 アライメントテスター (ホークアイWA470)

 

ホイールにセットする軽量樹脂ターゲットは、

傷が付かない2点クランプ式。

 

ターゲットとホイール面との間には、

シリコンゴムリングが装着されています。

 

 

 

 

 

従来型のホイール外周リム固定ではなく

クランプ式ターゲットで精度が出るのか?という疑問。

 

 

疑問は以前ブログでお知らせしましたね~。

http://securityfeed.info/blog/?p=10832

 

 

s-IMG_8997 s-IMG_8996

 

鉄ホイールのように平面部が少なく、

ド真ん中にターゲットを付けれなくても問題なし。

 

 

 

数十センチ前進してのローリング補正と

静止状態からハンドルを左右に回せば、

アライメント数値を演算。

 

 

角度なら0度1分。

長さなら0.05mm。

 

6m以上離れた4つの高性能センサーで、

ターゲットの動きを捕捉しています。

 

 

 

 

s-IMG_6520 s-IMG_8369 s-IMG_8367

 

 

 

ハイエースの下に潜りこみ、

フロントのキャスター&キャンバーを同時に調整し、

トゥとステアリングセンターも調整します。

 

 

 

 

ハイエースのリア側は調整不可ですが、

フロント側は調整箇所の多さが特徴ですね。

 

年式やモデル・駆動方式によって

車高やアライメント数値も違います。

 

 

 

 

車高基準値だけでも

20種類ぐらいに分かれていますよ。

 

 

 

s-IMG_6492

 

 

最後に最終試運転をして

納車となりました。

 

部品手配がスムーズだったので、

お預かり期間は約2週間。

 

入庫・引取で千葉県から2往復は、

結構ハードだったと思います。

 

 

 

 

 

でもここまで整備すれば、

残された整備箇所は僅かです。

当分の間はイイ状態で使用できると思いますよ。

 

 

 

 

点検整備ではあまり作業しない箇所ばかりですが、

ある程度走行したハイエースには必要な整備ばかりです。

 

もし愛車を良いコンディションで使用されるなら、

弊社のリフレッシュプランをオススメしています。

 

 

リフレッシュプランのご相談・ご予約は、

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

<追記>

納車完了し無事に地元千葉県までお帰りになられ、

メールにてレビューを頂きました。

 

別のハイエースに乗ってるみたいで見違えたそうです。

また乗り心地の件はノーマルアブソーバーで

十分回復したようですよ。

 

 

ブログのみの情報で大阪まで依頼するのは

正直諦めかけたそうですが、

思い切って依頼し良かったとメールを頂きました。

 

こちらこそご利用ありがとうございました。

(めざせ50万キロ!   Happy Car Life!!)

 

 

 

 

2017年9月30日

このページのトップへ