1. TOP
  2. ミナトBLOG

千葉県からハイエースKDH225 リフレッシュプラン その1。  目指せ50万キロ!!の整備とは??

s-IMG_7899

 

千葉県からお越し頂いたのは

ハイエース KDH225 ディーゼル

ハイルーフ・ワイドボディ・スーパーロング

キャンパー仕様   走行距離 23万キロ

 

 

 

 

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

メールでのご相談で(50万キロを目指す整備)とは、

どれほどの整備で予算的にはどれぐらいでしょうか?

 

そんなメール相談から始まり何度か打ち合わせをして、

千葉県から大阪府堺市の弊社まで入庫して頂きました。

 

 

 

s-IMG_7904

 

 

まずは問診から始めます。

・新車時から重整備はあまり行っていない。

・最近は段差やウネリでの跳ねが大きく、乗り心地が悪い。

・高速でブレーキを掛けるとハンドルが振れる。

 

現状の不満点・改善点などもお聞きし、

 

過去の整備暦や作業の不明点なども参考にしています。

 

 

 

s-IMG_6498 s-IMG_7909 s-IMG_6523 s-IMG_7927 s-IMG_7925 s-IMG_7894 s-IMG_7893 s-IMG_7938 s-IMG_7941 s-IMG_7937 s-IMG_7949

 

 

点検結果とユーザーさんが希望する整備、

ハイエース特有の整備箇所や不具合箇所。

 

全てを合わせた整備をプランニングし提案しました。

 

 

 

予算オーバーの部分は今後の課題として保留にし、

微修正したプランでOKが頂けましたので、

作業を進めていきますね~。

 

 

 

s-IMG_7917 s-IMG_7918 s-IMG_7923 s-IMG_7920

 

 

15万キロ以上走行したハイエースなら、

フロント足回りは必須整備。

 

だいたいクタクタになっていますよね。

 

 

 

 

・ハブベアリング交換

・ロア&アッパーアームASSY交換

・ロアボールジョイント交換

・スタビライザーブッシュ交換

・ドライブシャフトO/H

・ディスクブレーキO/H

 

まずはフロント足回りを、

ごっそり分解していきますね。

 

 

s-IMG_8021

 

 

左アッパーアームのボールジョイントは

ガタが有り内部で磨耗していますね。

 

 

上下方向に揺らすとガタが酷い。

 

組み付けた状態なら分かりづらいガタも、

分解して個別に確認するとよく分かる。

 

 

 

 

s-IMG_8026

 

 

赤いラインの部分にある

ロアアームを固定しているカムボルト。

 

 

中空シャフトとカムボルトなど

数点で構成されているのですが、

これが内部で完全錆固着。

 

 

 

s-IMG_8025s-IMG_8022 s-IMG_8023

 

 

 

左右とも全く動かないので、

グラインダーやベルトサンダーで

削りながら外しました。

 

 

5分で外れるのが30分以上掛かりましたね。

 

 

 

 

s-IMG_8115

 

アッパーアームを交換して、

ロアアームはブッシュのみ交換する予定でしたが・・。

 

 

s-IMG_8116

 

 

スタビライザーの取付ボルトが1箇所だけ錆腐食。

(このボルト穴が無いとスタビが装着できない。)

 

 

逆タップで復旧を試みましたが、

まったく緩まず作業を断念。

 

ロアアームは新品ASSYで交換しました。

 

 

s-IMG_8167 s-IMG_8168

s-IMG_8177

s-IMG_9062

 

200系4WDのロアアーム用カムボルトは

結構錆びている車両が多いですね。

 

 

スタビライザーのブッシュも交換します。

 

 

s-IMG_8117 s-IMG_8119 s-IMG_8120 s-IMG_8122 s-IMG_8124 s-IMG_8126

 

 

200系ハイエースの定番故障整備(ハブベアリング交換)

 

 

・ナックルからベアリングASSYの分解。

・ハブからB/Gインナーレースの分解。

・新品B/Gをハブに圧入作業。

 

 

 

特殊工具(SST)と15t油圧プレスが無いと

非常に時間が掛かります。

 

また交換しない部品まで破損する可能性もあります。

 

 

 

SSTを完備している弊社では

左右を僅か15分で分解し、

ベアリングASSYのみを交換しました。

 

 

(2WDの場合は特殊ロックナットがあるので、

プラス10分は掛かるかな?)

 

 

 

s-IMG_8145 s-IMG_8146

 

 

 

液状に劣化したドライブシャフトグリスを除去洗浄。

純正ブーツキットでオーバーホール。

 

 

粘度の落ちたグリスではD/Sベアリングが磨耗し、

異音の原因にもなるので予防整備をしますね。

 

 

グリスも油脂類ですから、

長期使用すれば劣化しますよ~

 

 

 

s-IMG_8149

 

 

そもそも グリスの漏れもなく、ブーツの破損も無い

そんなドライブシャフトのオーバーホール。

 

 

作業根拠の説明が無ければ過剰整備。

説明で理解して頂ければ予防整備。

 

 

(なぜこの作業が必要か?)

整備士からの説明次第で

同じ作業の印象が真逆になるのです。

 

 

 

 

s-IMG_8151 s-IMG_8152 s-IMG_8156

 

インナーブーツバンドの締付は

ブーツもバンドも柔らかく簡単です。

 

 

 

しかしアウター側は樹脂製ブーツを使用しており、

ブーツバンドもカシメ式。

 

非常に固いブーツバンドなので

専用工具がないと締付不可能。

 

 

 

s-IMG_8150

 

KTC AS405 ブーツバンドツールは非常に優秀ですよ~。

 

確実な作業が出来て、

仕上がりがキレイ。

 

 

 

s-IMG_8169 s-IMG_8163 s-IMG_8165

 

 

ショックアブソーバーも前後交換します。

 

ハイエースの純正アブソーバーは非常に安価!!

5万キロ毎に交換してもイイかもしれないですよ~。

 

 

 

 

s-IMG_8028 s-IMG_8030 s-IMG_8034 s-IMG_8035 s-IMG_8038 s-IMG_8041

s-IMG_8172 s-IMG_8173

s-IMG_8142 s-IMG_8144

 

 

ブレーキパッド交換にキャリパーO/H

 

 

ディスクローターは研磨し、

このあと耐熱塗装でリフレッシュ。

 

 

これでとりあえずフロントサスペンション&ブレーキは

一旦作業を終了。

 

 

 

次回ブログではリア側のハブ&ブレーキ整備や、

ATF交換・トータルアライメントを紹介します。

 

 

どうぞお楽しみに~。

Happy Car Life!!

 

 

 

2017年9月28日

системы туманообразования купить киев 

модельный ряд сузуки

новая витара

このページのトップへ