1. TOP
  2. ミナトBLOG

マツダSKY-D 2.2D DSCの近況報告。 貴重なレビューも頂きました~。

s-IMG_5824

 

ここ数週間に入庫したマツダ スカイアクティブ2.2D

全国各地からお越し頂きありがとうございます。

 

 

弊社ではすでに定番整備となった

DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

のご依頼です。

 

 

入庫車両を全て紹介は出来ないのですが

少しだけご紹介したいと思います~。

 

 

 

 

 

s-IMG_6570

 

愛知県 CX-5 KE2AW

走行距離75000km

 

 

 

 

 

インテークマニホールドを分解

 

s-IMG_6508 s-IMG_6509 s-IMG_6511

 

 

 

 

 

 

 

吸気シャッターバルブと

インテークマニホールドの間

 

s-IMG_6513 s-IMG_6515

 

 

 

 

 

シリンダーヘッドのインテークポートやバルブ

 

s-IMG_6524 s-IMG_6526 s-IMG_6527 s-IMG_6528 s-IMG_6532 s-IMG_6535

 

煤が溜まり過ぎてピントが合わないですね。

 

 

 

 

 

 

山口県ナンバーのアテンザ GJ2FP

走行距離 75000km

 

s-IMG_6576 s-IMG_6592 s-IMG_6587 s-IMG_6597 s-IMG_6598 s-IMG_6599

 

 

 

 

 

同時依頼のATF圧送式交換

for NUTEC NC-65 (全化学合成ATF)

 

s-IMG_6369 s-IMG_7732 s-IMG_7789

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪府堺市からはアクセラ

BM2FS 走行距離35000km

 

s-IMG_6998 s-IMG_6894 s-IMG_6893 s-IMG_6889

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県金沢市からはアテンザ

GJ2FP 走行距離80000km

 

s-IMG_7006s-IMG_7009 s-IMG_7013 s-IMG_7014 s-IMG_7020 s-IMG_7022 s-IMG_7023

 

 

 

 

 

千葉県習志野ナンバーはアテンザW

GJ2FW  走行距離55000km

 

s-IMG_7083 s-IMG_7096 s-IMG_7110 s-IMG_7111

s-IMG_7088 s-IMG_7091 s-IMG_7085

 

 

 

使用状況や走行距離などにより、

EGRからの煤蓄積は量・箇所ともに変化。

 

 

オイルっ気が有りのベッタベタ。

乾いてサラサラのモッコモコ。

 

 

蓄積が多い車両もあれば

少ない車両もあります。

 

 

 

 

s-IMG_7014

 

 

・吸気シャッターバルブと

インテークマニホールド周辺に溜まる場合。

 

・エンジン側インテークポートやバルブ周辺に溜まる場合。

 

・もしくは両方とも煤が蓄積する場合。

 

 

 

 

イロイロなパターンがあるようです。

 

 

 

s-IMG_6335 s-IMG_6341

s-IMG_6344s-IMG_6345 s-IMG_6555

 

 

マスカーで完全防備し

ドライアイス洗浄機で完全除去。

 

 

DSC用に開発した数種類の特殊ノズルを使用して

強固で大量の煤蓄積を剥離させます。

 

 

s-IMG_6259 ①ドライアイス洗浄特徴

s-IMG_6538 s-IMG_6539 s-IMG_6540 s-IMG_6542

 

 

 

 

 

ドライアイス3mmペレットを

圧縮空気で高速噴射。

 

 

熱収縮と昇華爆発力。

 

母材金属を傷付けず、

付着物を剥離させます。

 

 

いい感じに直撃させないと

キレイには剥離しないのですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7039 s-IMG_7040 s-IMG_7041 s-IMG_7043 s-IMG_7045

 

 

ポートの先にあるインテークバルブ。

 

傘部に固着するカーボンはもちろんDSCで除去しました。

 

 

 

 

 

インテークマニホールドや

電子制御吸気シャッターバルブ等もDSCで洗浄します。

 

 

 

s-IMG_7135 s-IMG_7064 s-IMG_7138 s-IMG_7065 s-IMG_7142 s-IMG_7141

 

 

再利用不可なのはガスケットのみ。

 

 

 

 

s-IMG_7014

 

インテークマニホールドと

吸気シャッターバルブをパカッとはずすと、

大量の煤が溜まっているのですが・・・。

 

決して無闇に分解しないでくださいね。

 

 

 

あとみんカラ等で話題の

吸気圧センサーの掃除も・・・。

 

 

 

 

s-IMG_7031

 

 

クラックが入り煤固着の結束が緩むと、

何かの拍子に塊が剥がれる可能性がありますよ。

 

 

 

コレがインテークバルブに挟まれば・・・・。

圧縮が低下しエンストするでしょう。

 

 

 

s-IMG_6356

 

静岡県浜松ナンバーのアクセラ

BM2FS 55000km  MT車

 

 

 

DSCの依頼での入庫です。

 

 

実はこの車両は定期的にサーキット走行をされており、

煤の存在が気になるという事で入庫されました。

 

 

 

 

s-IMG_6293 s-IMG_6294 s-IMG_6299 s-IMG_6304 s-IMG_6310

 

 

レッドゾーンまでのブン回しでは

やはり煤の蓄積は防げないようですね。

 

 

普段は市街地走行もあるので、

ある程度は仕方がないのでしょう。

 

 

 

s-IMG_6313 s-IMG_6314 s-IMG_6342 s-IMG_6345 s-IMG_6346 s-IMG_6349

 

 

DSC と MTギアオイル交換。

 

NUTEC ニューテックNC-70 75W90

全化学合成ギアオイル

 

 

 

 

DSC後にメールにてレビューを頂きました。

 

 

s-IMG_7057s-IMG_6572

 

 

一般走行では

・DPF再生距離が伸びた。

・アクセルレスポンスが良くなった。

・ブーストの立ち上がりがスムーズになった。

・エンジン音が多少変わった。(静かになった感じではない。)

 

 

サーキット走行では

・フルスロットル時にハイブーストでECUが補正出来ずエラーになる事があったが、DSC後にはそれが無くなった。

ディーラーさんでの説明では吸気がスムーズになり演算処理が減ったのでエラーの発生がしなくなったのでは??との事です。

 

・一般道同様にレスポンスが向上しているため、

コーナーからの脱出加速がとてもスムーズになった。

 

・サーキット走行でのDPF再生距離に変化無し。

 

 

 

 

 

DSCの結果には非常に満足して頂けたようで、

また距離が増えれば再度依頼して頂けるようです。

 

このように貴重なレビューを頂けると非常に助かります。

(MT車 でこのような結果なら、機械任せのAT車ならより鮮明に違いがでるでしょうね。)

 

 

 

 

 

 

私は日常的にSKY-Dには乗っていないので、

作業前後の数分の試運転では正直分からない。

 

 

 

逆に愛車のコンディションを把握しているユーザーには、

スグに分かってしまうのでしょうね。

 

 

 

s-IMG_7030

 

 

上記画像は吸気シャッターバルブを全開にした様子です。

 

どう見ても30%は新気経路が狭くなっていますよね。

 

 

これで全開にアクセルオンしても

空気経路は70%しか開けないです。

 

 

 

注意

吸気シャッターバルブは

空気流入量の調整バルブではありません。

過給新気とEGRの流量を制御するバルブです。

 

 

ガソリン車のスロットルバルブとは少し役目が違います。

 

 

 

s-IMG_7020

 

 

仮に全開に開いたとしても、

その先がこれでは過給新気は入らない。

 

 

しかし別経路から流入するEGRは

経路自体は詰まらないため、

ECUの想定以上にシリンダーへ流入します。

 

 

 

簡単に言えば加速などの流量変化がある度に

ECUが分からないところで、

新気(O2)とEGR(CO2)のバランスが崩れるのです。

 

 

 

 

s-IMG_6532 s-IMG_6535

 

 

経路が狭くなり流速は早くなっても

シリンダーへの流入量は低下する。

 

 

ディーゼルなんて空気を吸ってナンボのエンジンですから、

吸えなくなれば・・・・ですよね。

 

 

 

プラド

トヨタ資料引用

 

 

・空気の薄い山岳地。

・極寒や灼熱の過酷な地域。

・燃料の質が悪い途上国。

世界中で販売されるトヨタの新型GD系ディーゼルエンジン。

 

 

 

 

流速を早くしスワール渦での攪拌よりも

吸気ポートをストレートにして、

空気充填率の向上を優先したそうですよ。

 

 

s-IMG_6351

 

 

 

新車購入時に感じた

あのパワフルな加速は健在ですか?

 

経年劣化で鈍っていませんか?

 

 

 

 

 

ドライアイスペレットを使用し、

エンジンにノーダメージで煤除去作業。

 

 

DSCは弊社オリジナル作業で、

これが出来るのは今のところ弊社のみだと思います。

 

 

 

DSCのご依頼ご相談は

HP(お問い合わせフォーム)から

どうぞお願いしますね~。

 

 

Happy Car Life!!

 

 

 

2017年8月8日

amazon series

https://bestseller.reviews

baden-medservice.com

このページのトップへ